シュートピック

〜頑張っている人を応援するメディアで在りたい〜

【スポンサーリンク】

大学生が自転車で千葉県1周~前日準備!?2泊3日の一人旅~

はじめに

 ども!シュートです!

みなさんは自分でもびっくりするような行動をとったことがありますか?

今回の記事は、クロスバイクで二泊三日弾丸で千葉県を一周した体験をつづった記事です。

なぜ、前日準備!?ぼくの心を動かしたきっかけは?

 一言でいうと、自転車で千葉県1周している人の動画をyoutubeで偶然見たから』です。笑

その動画を見終わった時の、気持ちは『今のこの状況を変えるにはこれしかない!』直感でそう思いました。

この頃のぼくは苦しかった浪人も終わり、待ち望んだキャンパスライフを送っていました。しかし、まったく面白くなかったんですよね。

理想と現実のギャップにかなり落胆してました。

 

 その時のぼくは良い環境を望んでいるだけで、自分から状況・環境を変えようと努力していませんでした。

そんなぼくの気持ちを動かしたのが、自電車で旅をしている人の動画でした。

 

 前日に必要なモノを片っ端ら買いました!

 「まず、自転車買わないと!」

 ママチャリでも行けないことはないと思いましたが、距離的にも体力的にも、さすがにきびしいかなっと思いました。

 そこで!!

シラスのクロスバイクを購入しました!!

たしか、4万ぐらいだったと思います。

f:id:koikesuitors:20160316144229j:image  

 あとは、動画を撮影するためのビデオカメラも買って持っていきました。

そのほかの持ち物はこんな感じでした!(もう3年前なので記憶が曖昧です。汗)

  • iPhone充電器
  • モバイルバッテリー
  • ビデオカメラ用のSDカード
  • 携帯パンク修理
  • カロリーメイト
  • 雨具
  • 衣類
  • レジャーシート  
  • お金  etc.

 

自転車で千葉県1周~1日目~

 1日目は、市川(出発)~館山まで進むことができました!

正直、幕張あたりでお尻は激痛でした。。。

ほとんど休憩をしないで漕いだ結果、合計で約120km走破しました!!

 途中、道に迷ってしまいスーパーの店員さんに道を聞いたら、

オロナミンCを頂き泣きそうになりました。。泣

 19時過ぎに館山に到着して、宿を探しましたが、どこも満室でダメでした。。

予約は必須です。泣

結局この日は、深夜のフリータイムでカラオケに泊まることになりました。笑

びっくりしたのが、深夜料金にもかかわらず、1200円だったことです!(たしかこんぐらい。)

安くないですか!?

 当然、疲れて何も歌わず就寝。(睡眠時間約2時間)

 f:id:koikesuitors:20160316144333j:image

 

自転車で千葉県1周~2日目~

 夜中の3時に起床。

まったく寝れませんでした。泣

2日目は、館山~銚子まで進むことができました!

この日もほぼ休憩せず、約140km走破!!

途中で勝浦の海岸に通り、あさひを見ました!

あれは疲労困憊のぼくにとって最高の景色でした。 

f:id:koikesuitors:20160316144351j:image 

 

九十九里を通り、銚子に着いた途端真っ先に海鮮丼食べました。 

f:id:koikesuitors:20160316144219j:image

 

 この日は宿に泊まり、しっかり寝ることができました!

  

自転車で千葉県1周~3日目~

 この日はただ漕いだだけで、何もしていません。笑

銚子~市川って感じです!

  

シュートからのアドバイス

  1.  『ゆっくりと時間をかけて1周』
  2. 『知らない人にたくさん話しかけろ』
  3. 『動画や写真で思い出をのこせ』

 ぼくは大学の講義の関係で、どうしても3日間で帰ってこないといけませんでした。

そのせいで、「楽しんだ」気持ちより、「苦しかった」気持ちの方が勝っていました。

もっと時間にゆとりを持てていたら、体力的にも余裕ができて、より楽しむために頭が働いていたでしょう。

 

 すべてにおいて、疲労が勝っていたので全くと言っていいほど、人と話さず終わってしまいました。

その中でも、動画・写真はしっかり残すことができてよかったです。

 今でも、飲み会のネタになって、よく見せたりします。

 また、旅を終えたあと、編集でBGMやテロットを入れる作業が意外と面白かったです。

 動画は本当におススメです。

 

おわりに

いかがでしたか?

 ぼくはこの経験があったからこそ、考える前に行動している自分がいます。

 行動しなければ、何も変わりません。

自信もつきません。

 自分を変える一歩を一緒に踏み出しましょう!!

 

もう一記事どうですか(・ω・)ノ