シュートピック

〜頑張っている人を応援するメディアで在りたい〜

【スポンサーリンク】

シュートの経歴を3分で紹介するよ。

 

f:id:koikesuitors:20170627190310j:plain

 

「シュートピック」はシュートが運営する個人ブログです。

 

2015年に開設して、ボクの「好き」を気ままに発信。

 

SNSは主にツイッターを利用しています。

 

ブログの更新情報を確認したい方は、フォローしていただけると嬉しいです(・ω・)ノ

 

 

今から3分程、自己紹介をしていきます。

 

いってみよう。

 

 

 

 

 

簡単な自己紹介

 

1993年生まれ。

 

千葉県でこれまで育ちました。

 

幼稚園から今まで地元で生活。

 

大学も地元の大学で過ごしました。

 

ちなみに、家から大学までは原付で約15分程度。

 

ゲキ近ですね。

 

アルバイトは古着屋さんで3年ほど勤務。

 

特別、洋服が好きでもないのに仲の良かった友達から紹介してもらって、勤務開始。

 

気づけば3年目突入、って感じでした。

 

その他にも、掛け持ちでたくさんのアルバイトを経験しました。

 

寿司屋、うどん屋、自転車修理、塾講、などなど。

 

とにかく遊ぶボクは、常に金欠でしたねー。

 

そこで、ブログで収入を得ようと当ブログを開設。

 

あれこれしているうちに就職活動時期に。

 

なんのとりえもないボクは、苦戦しました。

 

50社ほど受けさせていただいて、無事内定。

 

ザクッとこんな感じです!

 

ここからは、もう少し掘り下げていきましょう(・ω・)ノ

 

 

シュートが大切にしている生き方

f:id:koikesuitors:20161207233917j:plain

 

それは、「人を喜ばせること」。

 

人を喜ばせることが大好きです。

 

大学時代には何度もサプライズを行いました。

 

単純に心の底から笑っている顔が好きなんですよね(・ω・)ノ

 

→人をとことん喜ばせる生き方を選んでみるのもいいかもしれない

 

ボクが誰かを喜ばせると、心から笑ってくれる。

 

そして、その笑顔で、さらにボクは笑顔になる。

 

あー、なんて素敵な循環なんだ〜。

 

→つまらない大学生活を変えたいならサプライズをしてみるといいよ

 

 

 

幼稚園時代はデジモン大好き少年でした

 

f:id:koikesuitors:20170221142300j:image 

デジモンのトレーナーを着るほどデジモンが好きでした。

 

フィギアとか無駄にあつめて、友達と戦っていましたね。

 

無邪気な少年って感じ。

 

当時のぼくの宝物は、アグモンの指人形。

 

背の順では常に一番前。

 

前に誰かがいる景色を眺めたことがありませんでした。

 

たしか、身長は120㎝?あるかないかぐらい。

 

 

 

小学校はある失態でまくあけ

 

入学式日に早速クラスの女の子のスカートをめくるというやんちゃっぷり。

 

50歳ぐらいのおばちゃん先生は困惑。

 

やってしまいました。

 

やばいやつでした。

 

そんなこんなで、小4ぐらいから少年野球をはじめました。

 

土日は、ほぼ練習。

 

ポジションはショート。

 

バッティングはイマイチでしたが、守備は光るものがありました。

 

鬼コーチにしごかれメンタル的にもだいぶ強くなり、気配りも上手になりました。

 

女の子には超絶優しいジェントルマンへ。

 

やんちゃ精神と気配り上手な少年に育ちました。

 

そんな小学校時代。

 

 

 

いじめを耐え抜いた中学校生活

 

中学でも引き続き野球を継続するため、野球部に入部。

 

f:id:koikesuitors:20170221142326j:image

 

「大好きな野球が毎日できる!!」

 

期待に胸を膨らませていました。

 

しかし、それは最悪な3年間の幕開けだったんです。

 

小学生の時あれだけ生意気でやんちゃなことをやってましたからね。

 

中1の夏ぐらいかな?

 

チビだったこともあり、いじめの標的に。

 

殴られたり、シカとされたり、モノを盗まれたり。

 

いわゆる王道ないじめ。

 

中学生でまだ幼かったぼくにとってはメンタルズタズタでした・・。

 

いじめてきたやつらから逃げたくて、猛勉強。

 

部活が終わると、毎日勉強をしていました。

 

塾も親にお願いをして2つ通っていました。

 

その結果、見事第一志望の高校へ。

 f:id:koikesuitors:20170221155937j:image

 

 

 

坊主頭の3年間、高校野球の3年間

 

第一志望の高校に合格したボクは、そのまま野球部へ。

 

f:id:koikesuitors:20170221142319j:image

 

中学の野球部とは違って練習の量が桁違いでした。

 

1日休みは、ほぼありませんでした。

 

→人をとことん喜ばせる生き方を選んでみるのもいいかもしれない

 

最初は勉強と野球、両立させたいと頑張っていました。

 

しかし、すぐに挫折。

 

家に着いたらバタンキューの生活を送っていました。

 

当然、成績は悪く、赤点は日常茶飯事でした。

 

よく居残りで勉強をさせられたものです(・ω・)ノ

 

引退後は、「受験勉強頑張るぞ!!」

 

しかし、身が入らず。

 

部活で遊べなかった反動から、ひたすら遊びまくる日々。

 

一応、予備校に行っていましたが、正直全くやる気が出ませんでした。

 

「みんな必死に頑張ってるから、おれもがんばるか~」

 

その程度でした。

 

受験は全敗。

 

そのまま浪人することに。

 

 

 

孤独の浪人時代

 

ここで、やっとスイッチが入ったのか毎日猛勉強。

 

1日10時間が当たり前でした。

 

しかし、ある日ボクは思いました。

 

「なんで、勉強してるんだろう?」

 

  • 良い大学に入って何がしたいの?
  • 良い大学に行って良い会社に行くのが幸せなの?
  • そもそも本当は何がやりたいのか?

 

あれこれ考えてしまい、勉強のモチベーションは一気に急降下。

 

気づいたらカラオケに入り浸っていました。

 

当然、第一志望の大学には落ちました。

 

結局、当初進学する予定のなかった大学に進学することになりました。

 

 

 

受験失敗、地元の大学へ

 

「結局、ボクは変われなかった」

 

 コンプレックス満載でキャンパスライフがスタート。

 

大学1年~大学2年まで、普通にバイトをして遊ぶ毎日。

 

少しの期間、軽音部に入っていました。

 

しかし、なかなか馴染めず退部。

 

それからは、映画を見たり、アニメを見たり。

 

基本家に引きこもっていました。

 

落ちるとこまで落ちたのか、ある日思ったんです。

 

「このままじゃダメだ。変わらないとだめだ。」

 

それからは、部活に打ち込むかのように、とにかくバイトをしました。

 

月10万以上稼ぐのは当たり前になっていました。

 

当時は、お金を稼ぐことに生きがいを感じていました。

 

同時にもっと効率的な稼ぎ方はないか、模索していました。

 

そこで、ブログに出会いました。

 

 

 

ブログをきっかけに人生が豊かになりました

 f:id:koikesuitors:20170608210425j:image

  

ブログを続けていくうちに、たくさんの魅力に惹かれていきました。

 

  • 経験したことを視覚化して思い出にできる
  • 失敗談を発信できて、誰かの役に立てる
  • ブログを書くことで自分の考えが洗練されていく
  • 行動のキッカケを作ってくれる
  • 自らの成長を実感できる
  • 毎日が充実する
  • 承認欲求が満たされる

 

ブログでお金を稼ぐこと以外にも、たくさんのメリットがあるんだなぁと今は感じています。

 

 

 

シュートの趣味はこちら

 

  • ボイトレ
  • カラオケ
  • グルメ
  • 旅行

 

とにかくこの4つは大好きです。

 

ボイトレは、月に2~3回通っていました。

 

f:id:koikesuitors:20170204002808j:plain

 

→シュート、ボイストレーニングはじめました。

 

カラオケは週に2,3回行きますね。

 

あとは、旅行に行ったり、おいしい食べ物を食べるのが好きです(・ω・)ノ

 

f:id:koikesuitors:20170221142539j:image

 

→ハート型の水面が見られる『濃溝の滝』に車で行かなかった失敗談

 

こんな感じです。

 

よろしくお願いします(・ω・)ノ

 

ドロン。

 

 

 

挫折ばかりの人生だな~

 

継続は力なり。

 

 

 

※「シュートピック」はGoogle AdSenseを利用しています。

※「シュートピック」は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。