読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆとり系男子

好き : カラオケ、旅行、グルメ / ボクの好きを発信する役立ちメディア

MENU

あなたらしくブログで稼ぐ方法

書評したよ

  f:id:koikesuitors:20161019134045j:image

 『「自分メディア」はこう作る!』では、ちきりんさんの戦略的ブログ運営記録がまとめられています。

  • ブログをどのように運営すればいいかわからないひと
  • ブログをリアルで活かす方法
  • 固定読者を増やす秘訣 etc...

ブログ運営には絶対欠かせないことが書いてあります。

そのなかで、ぼくがこれは知らないとヤバい!!!と思ったものをいくつかピックアップしてみました~

ブログはやりたいことを叶えるツール

 

自分のサイトを育てることは、将来何か新しいことをやるためのインフラを整備し、維持しておくようなものです。

 

なるほど~、のひとこと。

今はそこまで深く考えていないんですが、いつかぼくは自分のスキルを活かして誰かの力になりたいなあ~と考えています。

もし具体的に取り組むことになったら、この「ゆとり系男子」で、やりたいことの情報を発信していきたいです。

そして、このブログがぼくのやりたいことや夢を叶えるためのツールになったらいいなぁーと。

そのために、今からぼくの経験や知識をコツコツと積み上げていき、ゆとり系男子のインフラを整えておくこと。

ひとりでも多く、ゆとり系男子を知ってもらえるように発信をしていくぞ~。

 

ブログは、ぼくの日記

 

お金を払ってくれる読者は顧客であり、書き手はその様々な要望を意識せざるを得なくなります。

自分の日記なのに読者を喜ばせるために書くなんて、私にはありえません。

 

これは共感。

ぼくのブログは僕が楽しんでアウトプットする場所。

食べたものや読んだ本、経験したことを書き、「ぼくの日記」として運営していきたいんですよね。

読者を意識しすぎて「読者のためのブログ」になってしまうのだけは避けたい…。

 「ブログを通してありのままの自分を多くの人に伝える!!」

ぼくのモットーを再確認できました(・ω・)ノ

 

ブログにアクセスが集中したら固定読者を増やすチャンス

 

ブログの場合は、何かのきっかけで通常の何倍ものアクセスがあった場合、その翌日に何を書くかが鍵となります。なぜなら、昨日たまたま来てくれた人の一部は、今日もブログを再訪してくれる可能性が高いからです。

 

ぼくはまだ通常の何倍ものアクセスを経験したことがないんで、このチャンスをつかめていないんですよねー(笑)

たしかに、数あるブログの中で偶然訪問してくれた読者を固定読者に変えられるチャンスってなかなかありませんよね・・・。

何倍ものアクセスがあったら、次の記事はより一層気合を入れて執筆しなければ!!

 

ブログで肯定的な想いを伝えていこう

 

ネット上で活動する人は誰でも、180度異なるふたつの選択肢を与えられているのです。それは、「有名人をネタにして自分の人気を上げる。その代わり、その人とリアルな関係を持つことは永久に諦める」という道と「肯定的な思いを積極的に伝えることで、リアルに関わりが持てる可能性を高める」という道です。

これは、相手が有名だろうと無名だろうと、フォロワー数やブログ読者数にも拘わらず、同じことが起こります。

 

肯定的な思いをぶつけられて、嫌な思いをする人っていないですよね?

ブログって多くのひとに発信するよりも誰かひとりに向けて発信する方が胸に刺さるような記事が書けると思うんです。

いい意味でも悪い意味でも。

だから、つながりたい人、応援したい人がいればブログで肯定的な思いをどんどん伝えた方が良いと思います。

人間は自分のことを肯定し、応援してくれるひとに対して、そのひとのことも肯定し、応援してあげたいと思う生き物。

 

ブログは思考プロセスを残す場所

 

結局のところ私がブログに書いているのは「私はこう考えた!」という思考プロセスそのものなのです。それを記録しておくことで、あとから自分の思考を振り返ることもできるし、将来の思考にもつなげられることもできます。

 

ぼくはブログを半年ほどつづけてみて、思考プロセスをアウトプットする難しさをひしひしと感じています・・・。

俗に言う「アウトプットすることを前提にインプットする」ことができていなかったんでしょう。

ふりかえってみると、インプットしたものをアウトプットする機会がなかったんですよね。そもそも、アウトプットすることの大切さを知りませんでしたし。

その点ブログはアウトプットすることができないと記事は書けないので、アウトプットすることを前提にインプットする練習にはもってこいの場なんですよね。

どんどん記事書いて考えられる大人になるぞー(・ω・)ノ

 

他にもこんなことが書かれています

 

この本は大きく分けて「裏を知る篇」「表を読む篇」にわかれているんですが、ちなみにここまでが「裏を知る篇」。

後半の「表を読む篇」ではこんなことが書かれています。

 

  • 成長したければ変化するべき理由
  • 就活市場を一発で適正化できるミラクル解決法
  • 「思考と分析」、その微妙かつ決定的な違い

 

などなど書かれています。

ぶっちゃけ、どの章にもブログ運営には欠かせないイロハがつまっていて、

ブロガーは読んで損のない本と言えるでしょう。