読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆとり系男子

好き : カラオケ、旅行、グルメ / ボクの好きを発信する役立ちメディア

MENU

高校野球とプロ野球の違いからわかる、モノを売るときの1つのコツ

シュートの思うこと

f:id:koikesuitors:20161106025327j:image

この記事はこんな人にオススメ

 

  • モノを売る基本を知りたい人
  • フリマアプリなど、ネットでモノを売るひと
  • 営業で思うようにモノを売れないひと

 

プロ野球が観客に売るのは「レベルの高い技術やパフォーマンス」

f:id:koikesuitors:20161106023703j:image 

プロ野球選手ってなるべく体力を消費しないようにプレーするじゃないですか?

 

  • 三振してもタラタラ歩いてベンチに戻る
  • 全力疾走で攻守交替はしない
  • 無駄なヘッドスライディングはしない etc...

 

とにかく、体力を節約してプレーするよね(・ω・)ノ

その理由は、プロ野球選手は1シーズン通して戦い抜かないといけないから。

プロ野球は1シーズンの勝敗をトータルして競うもの!

一年間をとおして結果を出し続けなければいけないのに、一瞬一瞬全力でプレーしてたら体がいくつあっても足りない、、。

それに、個人個人の競争が激しいプロ野球の世界。

何年も活躍し続けなければ生き残ることはできませんよね。

だからこそ、「ここぞ!」って時以外は体力温存。

オンオフを明確にしてるんですよね!

そんなプロ野球選手に観客が求めているのは無駄な全力プレーではなく、ここぞ!という時に光る高い技術とパフォーマンス。

 

高校野球が観客に売るのは「一瞬に懸ける全力プレー」

f:id:koikesuitors:20161106023452j:plain

高校野球ファンが高校球児に求めているのは、高い技術や高いパフォーマンスじゃないんですよね~。

高校野球ファンが求めているのは「技術やパフォーマンスが低くてもがむしゃらにプレーする選手の姿」

 

  • アウトになるとわかっていて全力でヘッドスライディング
  • 三振したら走ってベンチに戻る
  • 攻守交替はスピーディーにおこなう
  • 大差がついている試合でも最後まであきらめない選手
  • ベンチから必死な声援をおくる控え選手 etc...

 

プロ野球選手とは違って、とにかく全力でプレーする高校球児!

1試合に懸ける思いはプロ野球選手より勝ると思います(・ω・)ノ

理由は簡単で、高校野球は負けた時点でおしまいだから。

プロ野球は1シーズンの勝敗で競うけど、高校野球はトーナメントで競うんだよね!

だから、高校球児は無駄だとわかっているプレーでも、悔いを残さないよう全力を尽くすんだ!

高校野球ファンが求めているのは「どんなときでも全力でプレーする選手の姿」

 

同じ「野球」でも、違う価値を野球ファンに売る

 

プロ野球が観客に売っているのは「高い技術やパフォーマンス」、対して高校野球が観客に売っているのは「どんなときも全力でプレーする選手の姿」

 

  • プロ野球を見に来る人は「プロの高い技術やパフォーマンス」にチケット代を払う
  • 高校野球を見に来る人は「どんなときも全力でプレーする選手の姿」にチケット代を払う

 

同じ野球でもお金を払う目的が違うんです。

これは野球に限った話じゃないんだよね(・ω・)ノ

 

なにかを売るときには、どんな価値を売るか考える

f:id:koikesuitors:20161106024012j:image

数ある「バッグ」でも相手に与えられる価値はちがってくるもの。

 

  • 機能性を重視したバッグなら、「色々な場面で使いやすい価値」を与えることができる
  • デザインを重視したバッグなら「人からおしゃれに見られる価値」を与えることができる

 

このように野球だけに限らず、世の中には価値の違いはいくつもあります。

『相手はどんな価値を欲しているのか。そして、その価値を手にしてどうなりたいのか』

相手の欲している価値をくみとり、そこに見合うモノ(価値)を売ること。

それが売れるモノがわかるたった1つにコツ。