シュートピック

〜頑張っている人を応援するメディアで在りたい〜

【スポンサーリンク】

内定がでない就活生になって欲しくないので1つだけ伝えたいです。

 

f:id:koikesuitors:20161226001151j:image

 

俺って何者なんだあぁぁああ!?!?←

 

こんちわ。

就活について、ハゲるくらい考えこんだシュートです(・ω・)ノ

友達と遊んでいる間も、お風呂に入っている間も、トイレに入っている間も、

ときにはバイト中でさえも、ひたすら就活について考え込んでいました。

 

  • 自己分析ってなんだ?
  • 自己PRってどう書くんだ?
  • どうしたら面接でうまく話せるんだ?
  • GDの必勝法はなんだ?
  • ロジカルシンキングって重要なの?

 

どれも大切だと思ってて、すべてを完璧にこなそうとしていましたね。

当時はハゲるほどググりました(・ω・)ノ笑

 

でも、当時を振り返ると、むずかしく考えすぎていたなぁって思うんです。

シンプルに考えていたら、もっと時間を有効的に使えたと思うんですよね。

 

だから、もう一回就活をするとしたら、「相手は何を求めているのか」だけを意識して就活に臨みます。

 

 

 

シンプルに考えるっていい言葉だよね~。

 

本当にその意識だけでいいのか!?

 

 

 

 

まずは、シンプルに考える必要性について

 

時間は有限、だからシンプルに考える必要があるのです。

ましては、新卒というプラチナカードを持って就活ができるのは、ほんのわずか。

 

就活の選考って企業によってホント多種多様なんです。

それらすべての大切なポイントを学ぶのって時間もかかりますし、大変だと思うんですよね。

 

  • 自己PRは端的にハッキリと伝える
  • ES・履歴書は結論から書く
  • GDで抽象的なテーマが出題されたら、定義を決めて、意見を出し合い、まとめる

 

などなど。

この3点は就活本とかによく書かれていること。

この3点に正解不正解もないんですが、一般的に言われている戦い方なんじゃないかなぁと、ぼくの経験上そう思います。

 

でも、ぼくは本質的じゃないと思うんです。

 

 

相手が何を求めているのかを常に考える

 

このような型にハマったやり方を意識するんじゃなくて、「相手が何を求めているのか」さえ意識していれば、先ほどあげた3つに応用できるんじゃないかと。

 

  • 人事の方々は多忙にもかかわらず、学生一人一人の言葉に耳を傾けてくれます。できれば短時間で効率よく作業を行っていきたいと思っていると思うんです。だから、伝えたいことを短くハッキリと結論から伝えるべきなんですよね。これは、ESや履歴書でも同じことが言えます。

 

  • GDはチームで取り組むもの。みんなはGDの問いに対して何を求めているのか(どういう答えを導きたいのか)。みんなが同じ着地点(GDの問いに対する答え)を意識することが大切。

 

ぶれない軸と言いますか、そういったものをひとつ自分の中で持っていると、無駄な思考はだいぶ減ると思うんです。

 

そうすると、今まで余計に考え込んでいた時間が空きますよね。

 

その空いた時間に、場数を増やすためにも面接練習やGDの練習をやるべきです。

面接やGDでの独特な緊張感に慣れるには、場数を踏んでいくしかないからです。

 

なんで、就活テクニックや就活必勝法をググっている時間があったら、シンプルに「相手が何を求めているか」を意識して場数を踏んだ方が100倍マシだと思います(・ω・)ノ

 

そうは言っても、相手が何を求めているのかなんて、そんなんすぐにわかりっこない!

 

ましてや、初めて会った人。

そんな人は、友達との会話で少しずつ鍛えていきましょう。

 

 

まずは友達が何を求めているのかを考えてみよう

 

まずは友達との会話で「友達は何を求めているのか」を意識してみましょう。

友達の性格や嗜好がわかる分、求めているものも、わかりやすいです。

最初の練習にはもってこいですね(・ω・)ノ

 

たとえば、友達がバイト先の愚痴を言ってきたとします。

 

  • なぜ、自分に愚痴を言ってきたのか
  • アドバイスが欲しいのかな?
  • それとも、ただ愚痴を聞いて欲しいだけかな?
  • いや、もしかしたら別の動機かも?
  • 友達は僕に何を求めているんだ?

 

こんな感じで普段から考えていると、相手の求めているものに対して、考えるクセが身についていきます。

重要なのは、求めているものがわかることよりも、求めていく思考プロセスに価値があるということ。

 

小さな意識を積み重ねていくことで、相手を読むレベルが徐々に上がっていきます。

なので、まずは友達との会話から少しずつ意識を変えていきましょう(・ω・)ノ

 

ドロン。

 

 

 

 

バイトも練習にはもってこいの場だね!

 

お客様には色んな人がいるからなぁ。

 

 

 

もう一記事どうですか(・ω・)ノ