シュートピック

〜頑張っている人を応援するメディアで在りたい〜

【スポンサーリンク】

【経験談】カラオケの精密採点で70点台から脱出する練習方法

 

f:id:koikesuitors:20170306233728j:image

 

4年前、ぼくはカラオケの精密採点で常時70点台でした。

 

しかし、地道な練習をコツコツ積み上げてきた結果、今では常時80点台をキープできるようになったんです。

 

そこまでの道のりは決して平坦な道のりではなかったです。

 

80点を突破するのにも様々なことに挑戦し試行錯誤を繰り返してきました。

 

こちらは、常時85点以上出し続けるために、ぼくが取り組んできたことをまとめた記事。

 

 

そして、今回のこの記事では「発声の力みをなくす方法」を中心に掘り下げていきます。

 

力みを無くすことによって、自分の声をコントロールしやすくなります。

 

また、滑舌の悪さも改善。

 

自分の声を思うようにコントロールできれば、カラオケでの音程正解率も間違いなく上昇。

 

つまり、それは点数アップにつながるということ。

 

なので、発声の力みをなくすことは、必須条件と言ってもいいでしょう。

 

では、発声の力みをなくすために、ぼくが取り組んできた練習法を紹介していきたいと思います。

 

では、行ってみよー(・ω・)ノ

 

 

大前提として声量アップ声量アップ

 

どんなに歌がうまくても相手に聞こえなければ無意味。

 

大前提として、最低限の声量をつけましょう。

 

オススメ練習は「ペットボトル呼吸」です。

 

この練習では、お腹で呼吸する力と感覚を身に着けます。

 

俗に言う「腹式呼吸」てやつです(・ω・)ノ

 

「お腹で呼吸する力と感覚」を身に着けれることで、無駄な力みは改善されるでしょう。

 

喉で歌おうとする人は必見です(・ω・)ノ

 

 

声量アップ「ペットボトル呼吸」の準備とやり方

 

用意するものは2リットルのペットボトル。

 

f:id:koikesuitors:20170306213048j:image

 

やり方はとても簡単。

 

まずは、ペットボトルを加えます。

 

そして「ポコッ」と音がするまで息を一気に吸い込みます。 

 

この時、お腹が膨らむように息を吸いましょう(腹式呼吸)。

 

f:id:koikesuitors:20170306204355j:plain

 

「ぽこっ」と音がしたら、一気に息を吐きましょう。

 

f:id:koikesuitors:20170306204405j:plain

 

ここまでが、一連の流れ。

 

声が小さい人は、以下の原因が多いです。

 

  • お腹で呼吸する感覚が身についていない
  • お腹で呼吸する力が弱い

 

「ペットボトル呼吸法」を積み重ねていけば、上記の原因は改善されるでしょう。

 

これを1回3セットで、ボクは取り組んでいます。

 

あなたに合ったペースで取り組んでみましょう(・ω・)ノ

 

まだある、「自宅での腹式呼吸練習方法」はこちら。

 

自宅ボイトレ方法

 

 

 

50音を使って発音練習

 

「何を言っているのかわからない人」

 

たまにいませんか? 

 

滑舌が悪いとしっかりと音を拾ってくれません。

 

何より、「聴きにくい歌」になってしまいます。

 

やっぱり、滑舌は良いに越したことはないですね。

 

なので、次のような練習方法を定期的に行いましょう(・ω・)ノ

 

「あいうえお」からはじまって、「わをん」でおわる50音を使って発音練習をしていきます。

 

  1. 50音を一語一語ハッキリと発音する
  2. 音を伸ばして発音する
  3. 音を区切って発音する
  4. 速度を上げて発音する

 

 

50音を一語一語ハッキリと発音する

 

まずは、ウォーミングアップがてら50音を発音。

 

ここで意識しているのは、スピード、声の大きさを一定に維持することですね。

 

また、噛むことなくハッキリと発音すること。

 

携帯アプリでメトロノームをダウンロードして、活用するといいかもです。

 

 

50音を伸ばして発音する

 

あ行だったら「あーいーうーえーおー」と、発音します。

 

ここで意識することは、音を区切らないことです。

 

音を区切らないためにも、音を伸ばしきる呼吸を意識しましょう。

 

ぼくの言う音を伸ばしきる呼吸とは、「息を吸うタイミングでは思いっきり吸って、息を吐きながら声を出すこと」です。

 

 

50音を区切って発音する

 

あ行だったら、「あ、い、う、え、お」と区切りながら発音します。

 

ここでは息を吹きかける発音」を意識しましょう。

 

ポイントは吸った息をいっぺんに吐くのではなく、一語一語少しずつ吐く感じです。

 

吐いた息に一語ずつ乗せる感じで発声していきましょう(・ω・)ノ

 

 

50音を速度を上げて発音する

 

速度を上げて発音するんですが、気を付けてほしいことが1つあります。

 

それは、噛まずにしっかりと発音できるスピードで取り組むことです。

 

噛み噛みで何を言っているのかわからない発音をしても練習の意味がありませんよね。

 

ぼくは極度に滑舌が悪いので、スピードをどんどん上げる意識ではなく、噛まずに発音できるスピードを維持することを心がけています(・ω・)ノ

 

 

舌を上下左右に動かすトレーニング

 

次は、舌を口から出して上下左右に動かすトレーニング。

 

やり方は簡単で、舌を口から出して、上下左右に動かすだけ。

 

 f:id:koikesuitors:20161229211737j:image

 

ポイントとして、小さく動かすのではなく、できるだけ大きく動かしましょう。

 

上下左右で1セット、これを3セット行います。

 

ボクは、大体2日に1回のペースで取り組んでいます。

 

できれば毎日取り組むのがベスト。

 

 

何の変哲もない文章で音読トレーニング

 

  1.  一文毎にゆったりとしたペース、速めのペースを交互に音読
  2. 一文毎に小さな音量と大きな音量を交互に音読

 

この2点を意識して、下の文章を音読しましょう。

朝、目を覚ますと鳥の鳴き声がしていた。

「今日も鳥は元気だなぁ」と、思いながら気だるいカラダををベッドから起こした。

まずはトイレに行き、その後は洗面所へ。

歯を磨こうと歯ブラシを手に取った瞬間だった。

「あ!!期末試験のレポート今日が締め切りじゃん!!」

そう心の中で叫びました。

ぼくは急いで身支度を済ませ、学校へ向かった。

「ふぅー、なんとかレポートができそうだ」

 と、思った次の瞬間だった!

 

音読する上で意識している点は、ただやみくもに声を大きくしたりスピードを変えないこと。

 

句点や読点を意識して取り組み、止める部分は止める、伸ばす部分は伸ばす意識をしましょう。

 

そして、一番大切にしてほしいのが笑顔で発声

 

笑顔で発声すると、声帯がストレッチされて良い声が出やすくなるんです。

 

音読が苦手な僕は、これを3セットずつ定期的に取り組んでいます(・ω・)ノ

 

回数やペースは、あなたに合ったかたちで取り組みましょう。 

 

音読する文章はなんでもいいです。

 

好きな小説の文章でもいいですし、お気に入りのスポーツ記事でもオッケー。

 

あなたが好きな文章を選ぶことが、何より大切(・ω・)ノ

 

プロ推薦!

 

 

原曲を鼻歌で歌う

 

やはり、カラオケの採点で1番重要なのが音程正解率。

 

音程正解率とは、「正しく音程をとることができているか」ということ。

 

ただ聴くだけでは、インプットで終わってしまいます。

 

そこで、効率よくインプット・アウトプットするためにも、鼻歌がベスト。

 

メリットは、家でできる点。

 

鼻歌なら夜でもできます。

 

毎日2曲~3曲、原曲を聴きながら鼻歌で歌ってみてください。

 

また腹式呼吸をしつつ、鼻歌で歌うとワンランク上の練習になるでしょう。

 

【経験済】音程アップ方法

 

 

地味な練習との付き合い方

 

  • 声量アップ「ペットボトル呼吸」
  • 50音を使って発声練習
  • 舌を上下左右に動かすトレーニング
  • 何の変哲もない文章で音読トレーニング
  • 原曲を鼻歌で歌う

 

正直、今回紹介した練習は地味でつまらないです。

多くの人は継続できずに三日坊主で終わるでしょう。

いかに理想の自分をイメージできるか、取り組めるかが大切になってきます。

 

  • 精密採点で85点以上を出し続けて周りからチヤホヤされたい
  • ミスチルをかっこよく歌いこなしてモテたい
  • 歌ってみたに挑戦したい

 

動機はなんでもいいんです。

 

自分が成し遂げたいことを心に抱きながら練習に励みましょう。

そして、その灯が消えそうになったときは、基本に戻って、純粋に歌うことを楽しむこと。

歌うことを楽しめなくなったら、上達はありません。

 

どんどん楽しんでいこー(・ω・)ノ

 

ドロン。

 

 

楽しめないと、上達ナシ。

 

 

 

だな。

 

 

 

 

 

 

ボクのカラオケノウハウをシェアしようと、他にもカラオケ記事を量産しています。よかったら読んでください。

▶ ︎シュートのカラオケノウハウ

 

 

もう1記事どうですか(・ω・)ノ