シュートピック

〜頑張っている人を応援するメディアで在りたい〜

【簡単】音痴でも「うまい!」と思わせる5つのテクニック。

 

f:id:koikesuitors:20170622214349p:plain

 

 

カラオケ行こうよ!

 

 

 

(うわ。音痴だし行きたくねぇ〜)

 

 

 

(どんな言い訳しよう…。)

 

 

 

 

歌うことに苦手意識がある人は、こんな経験したことありませんか?

 

実はボクもカラオケが苦手で、大っ嫌いでした。

 

断る理由を事前に用意していたぐらい…。

 

でも、高校生のとき、大好きなバンドに出会ってボクは変わりました。

 

それから、2日に1回はカラオケに行ったり、ボイトレに通い始めたり。

 

で、ある日気づいたんです。

 

カラオケなら「うまい!」と思わせるテクニックがあることに。

 

今回は、5つのテクニックをご紹介。

 

 

エコーをあげて、とにかく響かせる。 

 

 

やべ、今音程ずれたわ。

 

 

 

 

そんなときでも大丈夫。

 

エコーはキレイに歌声を響かせてくれます。

 

音程を外してもごまかせちゃいます。

 

エコーはデンモクからサッとあげられるので、歌う番がきたらこっそりあげちゃいましょう。 

 

これ、ボクよくやってたんですよ。

 

おすすめ、おすすめ。

 

 

とにかく正確にリズムをきざむことに集中。

 

音程を正確にとるためにも、リズムを正確にきざむことが重要です。

 

音程、リズムを外さないためにやること。

 

  • 足でリズムをとる。
  • 太ももの上で手を叩きながら歌う。
  • 無理にビブラート、しゃくりをかけようとしない。
  • メロディに声を乗せるイメージで歌う。

 

リズムがハチャメチャだと、聞いている側はなかなかツライ。

 

リズムがハチャメチャだと音程もイマイチになります。

 

だから、リズムが取れていないと話にならないんですよね。

 

メロディをしっかりと聴き取り、体でリズムをきざむ。

 

この意識が大事。

 

 

完璧に歌えなくてもいい。最後まで歌うこと。

 

 

 

あ、ここ歌えないから演奏中止で!

 

 

 

 

え、わかった!(まじかよ。)

 

 

 

 

カラオケは「楽しむことが1番大事」って聞いたことありませんか?

 

歌えないフレーズがあるからって演奏中止にすると、場の雰囲気が一気に下がります。

 

歌えないフレーズがあるなら、「そこだけ歌わない」もしくは「テキトーにやり過ごす」などして乗り切っちゃいましょう。

 

 

 

イェーイ!みなさん楽しんでますか〜!!

 

 

 

 

こんな感じで全然おっけーです。

 

楽しんじゃえば、うまい下手なんてどうでもよくなりますから。

 

周りのみんなも、自分自身も。

 

みんなでカラオケに行く場合は、完璧じゃなくてもいいから、最後まで歌いましょう。

 

これは、とても大切なこと。

 

 

感情を伝えよう。

 

 

 

なかなか音程取れないんだよなぁ…。

 

 

 

 

そんなときは、歌詞に感情を込めることをおすすめします。

 

プロのアーティストでも正直そんなにうまくない人っていませんか?

 

それでも「うまい!」って思っちゃうのは、やっぱり歌に感情がこもっているからなんですよね。

 

歌に感情がこもっているからこそ、相手の心を動かせる。

 

ちょっとずつでもいいので、感情を込める意識をしてみましょう。

 

 

とにかく楽しむ!これが1番のテクニックかも。

 

 

 

音痴って思われてたらどうしよう…。

 

 

 

 

つまらないって思われてないかなぁ…。

 

 

 

 

カラオケが苦手な人って、気を遣いすぎな人が多いと思うんです。

 

 でも、それじゃだめ。

 

気を遣いながら歌っている人の歌を聞いたって、楽しくない。面白くない。

 

人間は楽しそうな人に集まる生き物だと思っています。

 

自分も楽しみたいから。一緒にわちゃわちゃしたいから。

 

楽しそうに歌っていれば、簡単に人を惹きつけることができます。

 

まずは、自己中に楽しんでみませんか?