シュートピック

〜頑張っている人を応援するメディアで在りたい〜

【スポンサーリンク】

【プロ推薦】ボイトレで学んだ滑舌を劇的に良くする1つのトレーニング。

 

 

 

 

あ、そういえば、とryいだよね?

 

 

 

 

ん?もう一回言ってくれない?

 

 

 

 

 

 

とnyいだよね?

 

 

 

 

ごめんもうちょっとゆっくり話して。

 

 

 

 

滑舌が悪いと、こんなことが日常茶飯事。

 

人と話すのが、めちゃくちゃ嫌な時期もありました。

 

滑舌が悪いとヘコむことが多いし、めちゃくちゃ自信なくすんですよね…。

 

カラオケに行っても何を言っているのかわからない。

 

速いテンポの曲、速いフレーズなんて全く歌えませんでした。

 

もうめちゃくちゃ悔しかったし、なんども落ち込みました。

 

それでも、滑舌を良くしたい気持ちは変わらなくて、絶対に諦めませんでした。

 

 

 

テンポの速い曲でもスラスラ歌えるようになりたい!

 

 

 

 

ボイトレに通って、滑舌を良くするトレーニングを積んできました。

 

ちょっとずつですが、自分が変わっていくのを感じました。

 

  • 普段の会話で聞き返されることが減った。
  • テンポの速い曲でも噛まずに歌えるように。
  • 歌声がキレイに聞こえる。(一番変化を感じたかも)

 

 

滑舌が良くなるだけでそんな変わらんしょ。

 

 

 

 

いやいや、待って。

 

滑舌が良くなると、無駄な意識をしなくて済むんですよ。

 

気持ちがすんごいラクになるし、滑舌のことを気にしないで歌えるって気持ちい。 

 

滑舌を良くするだけで、あなたの歌声は変わること間違いなし。

 

では、ボクがプロのボイストレーナーから学んだ滑舌トレーニングを紹介。

 

f:id:koikesuitors:20170624180703p:plain

 

 

二本のわりばしで正しい口のフォームを身につける。

 

用意するのは、二本のわりばし。

 

f:id:koikesuitors:20170301140644p:plain

 

次に二本のわりばしを縦にしましょう。

 

太い方を奥歯で噛みます。

 

f:id:koikesuitors:20170301140656p:plain

 

おそらく、わりばしが不安定になるかと思います。

 

両手で支えてあげましょう。

 

f:id:koikesuitors:20170301140716p:plain

 

これが正しい口の開け方になります。

 

ではでは、この状態で発声練習をしていきましょう。

 

 

歌詞をなんども朗読。

 

歌いたい曲の歌詞を用意してください。

 

準備できたら、先ほどの二本のわりばしをくわえながら朗読していきます。

 

ここでは、はっきり発音をしなくておっけー。

 

ポイントなのは、「舌がしっかり動かせているか」です。

 

ある程度スラスラ読めるようになってきたら、次のステップへ。

 

その歌の原曲を聴きながら、歌っていきましょう。

 

もちろん、二本のわりばしをくわえながら。

 

この練習は、以下の効果があります。

 

繰り返し取り組んでみてください。

 

  • 正しい口の開け方が身につく。
  • 舌の筋肉を鍛えられる。

 

聞き取りやすい発音をするためにも舌のトレーニングは必須。

 

舌の筋肉を鍛えることで、少しずつ滑舌の悪さが改善されていきます。

 

滑舌の悪い人は、この練習をコツコツ積めば改善されること間違いなし。

 

最後に、一番大切なことを伝えます。

 

 

はずかしがっているから滑舌が悪い。

 

滑舌が悪い人って、恥ずかしがっている人が多い。

 

話すときや歌うときに恥ずかしがっていると、デメリットばかりなんです。

 

  • 発音がしっかりできていない。
  • 息の量が少ない。
  • 話すのが恥ずかしい。
  • 歌うのが恥ずかしい。
  • 声がちっさい。

 

とにかく良いこと一つもない。

 

それじゃいかん。

 

まずは、いつもより声のボリュームを少しあげる意識をしていきましょう。

 

この意識をすると、自動的に口の中は広がり、吸う息の量も増えます。

 

これだけで、相手への伝わり方が全然違う。

 

相手にしっかり「伝わっている」と分かれば、それが自分の「自信」に変わっていくんですよね。

 

自信が持てるようになってくれば、だんだんと「恥ずかしさ」もなくなってきます。

 

だから、少しでも自信が持てるようになれば、もうこっちのもん。

 

ポイントは、「少しずつ」ってこと。

 

一気に声のボリュームをあげようとすると、失敗します。

 

もしかしたら、今よりも自信を無くしてしまうかも。

 

「少しずつ」自信をつけていきましょう。