シュートピック

〜頑張っている人を応援するメディアで在りたい〜

【スポンサーリンク】

音程正解率が70%以下だったボクが、80%以上キープするまでの道のり。

 

 

 

カラオケの精密採点は公開処刑。

 

 

 

 

カラオケが本当に嫌いでした。

 

急に誘われた時でも、100%断れるよう理由を前もって準備していたくらい。

 

特にdamの精密採点。あれは、ボクの天敵でしたね…。

 

うまく歌えたと思っても、いつも70点台前半。音程正解率70%を越えれば大喜び。

 

得点発表のあの瞬間は毎回胃がヒリヒリしていました。

 

周りに友達はいつも80点台後半で満面の笑み。もう眩しすぎて。

 

「もう逃げてしまいたい。」

 

なんども思いました。 

 

歌うことは、ボクのコンプレックスだと思っていましたね。

 

でも、ある日大好きなバンドに出会って「本気で」このバンドの曲を歌いこなしたいと思ったんです。

 

それから、毎日カラオケに通ったり、ボイトレを始めたり。

 

とにかく歌いまくりました。

 

それからボクは少しづつ変わっていきました。

 

  • 音程正解率が常時80%以上。
  • damの精密採点で85点以上を連発。
  • 周りから「うまい!」と言われるように。

 

完全にボクの「コンプレックス」が「強み」に変わりました。

 

今までの経験から精密採点で点数をあげるには、音程正解率がとても重要だと感じています。

 

そこで、今回は音程正解率をあげるための、ボクのノウハウを紹介。

 

 

原曲を聴きながら歌う。

 

音程正解率が低い人は「正しい音がわかっていない」ケースが多いです。

 

正しい音がわからないのに正しく歌えるわけがない。

 

だから、まずはひたすら原曲を聴くことに力を入れてください。

 

原曲を聴き込んだら、ひたすら歌う。

 

この繰り返しです。

 

具体的な手順を説明していきます。

 

  1. ひたすら原曲を聴き込む。
  2. 鼻歌で歌う。
  3. 声に出して歌う。

 

 

①原曲をひたすら聴き込む。

 

 

 

どのくらい聴き込むの?

 

 

 

 

鼻歌で歌えそうになるまで聴き込んでください。

 

 

 

めんどくさいから、鼻歌で歌いながら音程取ろうっと。

 

 

 

 

ノーノー。

 

「聴き込む」のと「鼻歌で歌う」は一緒に取り組まないように。

 

まずは、正しい音程をしっかり聴き取る。

 

正しい音程を聞き取れていない状態で歌うと、ズレている音程が体に染み付きます。

 

スポーツで例えると、すでに固まっているフォームを修正するのって難しくないですか?

 

それと一緒で、ズレている音程が体に染み付くと、修正するのに苦労します。

 

  

②原曲を聴きながら、鼻歌で繰り返し歌う。

 

オススメは、スピーカーで原曲を流すこと。

 

イヤホンをすると自分の声が聞こえずらくなります。

 

このやり方で、自分の声と原曲の「ズレ」をわかりやすくしましょう。

 

 

③原曲を聴きながら、声に出して歌う。

 

ここまできたら実際に歌ってみましょう。

 

まずは、歌いたい歌詞を準備してください。

 

 

ケータイで歌詞アプリをダウンロードすると便利かも。

 

 

 

 

歌詞の準備ができたら、歌っていきましょう。

 

おっと、一つだけ注意点。

 

一曲通して歌わないでください。

 

やり方は、以下のサイクルで取り組んでください。

 

f:id:koikesuitors:20170708112725p:plain

 

このサイクルを繰り返すことで曲のクオリティが段々と上がってきます。

 

最初から100%を目指すんじゃなくて、少しずつ%を上げていくイメージ。

 

次のステップはこちら。

 

 

アカペラで録音してみる。

 

この練習方法は少し難しいです。

 

準備するものは以下。

 

  • 歌いたい曲の歌詞(ケータイアプリの歌詞でも可)
  • ボイスレコーダー(スマホのボイスレコーダーでオッケー)

 

やり方はすごく簡単。

 

1〜5を繰り返してください。

 

  1. 歌詞をみながら歌って、ボイスレコーダーで録音。
  2. 録音したものを聴く。
  3. 違和感のある部分を紙に書き出す。
  4. 書き出した部分を原曲で聴き直す。
  5. 原曲を聴きながら、書き出した部分を歌う。

 

上記のサイクルを高速で繰り返してください。

 

ポイントは、区切って録音することです。

 

一曲通して録音するんじゃなくて、一番で区切ったり、フレーズで区切ったり、短く録音していくってこと。

 

このやり方は最速で音程正解率をあげられます。

 

 

音程正解率を高めるためには…

 

①原曲をひたすら聴き込む。

②鼻歌で歌う。

③声に出して歌う。

④アカペラで歌う。

 

基本的にはこの4ステップ。

 

大切なのは、なんども繰り返すこと。

 

一回だけじゃ音程正解率をあげることはできません。

 

継続して取り組んでください。

 

でわでわ。