シュートピック

〜頑張っている人を応援するメディアで在りたい〜

【スポンサーリンク】

グループディスカッションのコツはたったひとつ

 

f:id:koikesuitors:20170904195840p:plain

 

 

実は、グループディスカッションってたったひとつのコツを知っていれば簡単なんです。

 

でも、多くの就活生は苦手だと感じています。

 

「たくさんの就活生の中から抜きん出るのは難しい」と。

 

でも、まってください。その考え方が根本的に間違っているんです。

 

グループディスカッションのコツはたった一つだけです。

 

 

グループディスカッションは戦いじゃない

 

これ、本当に勘違いしている人が多いんですよね。

 

グループディスカッションって、受かる人数が決まっているわけじゃないんです。

全員が受かることも、全員が落ちることもあり得ます。

 

それなのに、多くの学生は「自分だけが抜きん出よう」とおもっています。

自分の意見を曲げなかったり、人の意見を聞かなかったり。

 

企業はグループディスカッションで何を見ていると思いますか?

 

 

みんなが通過できるように振る舞う

 

グループディスカッションのコツは、協調性があり議論ができることです。

 

このコツさえ理解していれば「リーダーをしたほうがいい」とか「個性のあるアイディアを出す」などの考え方がいかに無駄か分かるかとおもいます。

 

ただ、グループ全員が通過できるように振る舞うのは簡単ではないです。

 

飲み会みたいにみんなをよいしょすれば良い訳じゃない。

 

・みんなから良い意見が出なければ、あなたが良い意見を出す。

・議論が悪い方向に進みそうなら、あなたがコントロールする。

・発言できていないメンバーがいたら、あなたが質問していく。

 

メンバーの人柄によって、議論の進め方を変えていく必要があります。

 

 

ひとりひとりの振る舞いをみている

 

「そんな裏方のことばっかりやってて通過できるんですか?」

 

あなたは、そう思っていませんか?

 

でも、その考え方は違います。

 

会社には、裏方も必要な人材です。 リーダーもいれば裏方もいる、改革的な人も保守的な人もいる、グローバルな人もいれば地域に密着する人もいる、 いろんな人がいるから会社はなりたちます。

 

「裏方だから通過できない」なんてことは、ありえないです。

 

 

グループディスカッションにおけるたったひとつのコツ

 

『グループ全員が選考を通過できるように振る舞う』

 

グループディスカッションを通過するために、全ての就活生に送るたったひとつのコツです。