【Java】小学生でもわかるように変数と型を2分で説明

 

変数と型。

この2つはプログラミングにおいてめちゃくちゃ重要です。

これらをしっかり理解しなければ何もつくれません。

 

今回、変数と型について「わかりやすさ」にこだわりまとめてみました。

 

ではいってみよー!

 

変数とは箱、参照とは箱の中身を見ること

 

変数とは計算結果や数字を入れておくための箱です。

 

たとえば、

 

1+1=2  1×1=1

 

このような計算をコンピューターに行わせるには、計算させる命令だけじゃダメなんです。

 

計算結果の値を一時的に保存させておく「箱」を用意したあげる命令をしなくちゃいけないんです。

(今後、変数という言葉を「箱」と置き換えて読むとわかりやすいかも。)

 

変数(箱)を作ることを変数の宣言と言います。

 

コンピューターにこれから「これから値を入れる箱を作りますよ〜」っと伝える作業だと思ってください。

 

また変数(箱)に値を入れることを代入とよび、変数に入っている値を見ることを参照と言います。

 

これらのキーワードは今後もたくさん出てくるのでしっかり覚えておきましょう。

 

  • 変数とは一時的に保存させておくための箱
  • コンピューターに「値を入れるための箱を作りますよ」と伝えること変数の宣言
  • 変数に値を入れることを代入
  • 変数に入っている値を見ることを参照

 

では、実際に変数を使ったプログラムコード例を見てみましょう。

 

 

変数を作るには、いくつかのルールを守らなければならない

 

public class Main{
public static void main(String[] args){
int i; 
// ①「 i 」という名前の箱を作成。
i = 5;
// ②「 i 」という名前の箱に5を入れる(代入)。
System.out.println(i);
// ③「 i 」の箱の中身を見て画面に表示。
}
}

 

 わかりやすく絵で表すとこんな感じ。

f:id:koikesuitors:20170611210328p:plain 

①の命令文は、コンピューターに「 i 」という箱を作りますよー、と伝えるプログラムコード。

 

これを変数の宣言といいました。

 

変数とは箱でしたね。

 

変数の宣言では、箱に入れる値の種類(文字だったり、整数だったり)を決められるんです。

 

ちなみに、今回作られた i の箱には整数しか入れられないように決まられています。

 

 

 

ん?どうやって決められたの?

 

 

 

 

 そう思ったはず。

 

実は、先ほど i の前に書かれていた「int」が i の箱には整数しか入れられないと決めているんです。

 

「int」型以外にも、文字列を入れるための「String」型、小数点を含む値を入れるための「double」型など他にも何種類かあります。

 

これらを「型」といいます。

 

それぞれ違った役割をもっています。

 

今回は一つだけ、「変数に整数を入れる時にはintという型を使う」ことだけをしっかり覚えておきましょう。

 

書き方は以下。

    型の名前 変数の名前;

 

今回はこのようなコードになっていましたね。

    int i;

 

型の名前の後に変数の名前(箱の名前)を決めます。 

 

この時に、型の名前の後には「半角スペース」と文末には「;(セミコロン)」を忘れずに。

 

「 i 」というようにアルファベト1文字でもオッケーです。

 

また、「hanako」というように1文字以上でも大丈夫です。

 

ただ、いくつかのルールがあります。

 

  • 先頭の文字を数字にしてはいけない
  • Java言語において使い方が決まっている単語は使えない(new,public,staticなど)
  • 英字、数字、アンダースコア( _ )が使える
  • 大文字と小文字がしっかりと区別されている

 

これらのルールを守れば自由に変数の名前を決められます。

 

おすすめは、誰が見てもわかりやすい名前。

 

こんな感じで、プログラムで使う値を入れるための箱が準備されます。

 

繰り返しになりますが、これを変数の宣言といいます。

 

 次は、②の命令文。

 

 

頭の中で「=」を「←」に置き換えて、変数に値を入れよう

 

この命令文では、変数に値を入れています。

f:id:koikesuitors:20170611222035p:plain

 

書き方は以下。

    変数の名前 = 値;

 

変数の名前には、先ほど宣言した変数の名前を書きます。

 

なので、ここでは「 i 」ですね。

 

値には変数「 i 」に入れる値を書きましょう。

 

たとえば、値5を入れたかったら、次のように書きます。 

    i = 5;

 

 これは変数 i に5を入れる(代入する)という意味。

(「=」は「←」に置き換えるとわかりやすいです。)

 

Java言語で「←」は、右の値を左の変数に代入することを意味します。

 

このように、変数に最初の値を(初期値)を代入することを「変数の初期化」といいます。

 

この値の代入は基本的に何度でもできます。

 

たとえば、こちら。

public class Main{
public static void main(String[] args){
int i; 
i = 5;
System.out.println(i);
i = 10;
System.out.println(i);
}
}

 

▼ 実行結果

    5
10

 

 

入っている数が変わるんだ…。だから変数っていうんだね!

 

 

 

 

実は、これら2つの命令文をまとめることができるんです。

public class Main{
public static void main(String[] args){
int i; 
i = 5;
System.out.println(i);
}
}

 

まとめるとこのようになります。

    public class Main{
public static void main(String[] args){
int i = 5;
System.out.println(i);
}
}

 

このように「変数の宣言」と「値の代入」をまとめることができるんです。

 

ちなみに、このような書き方はエラーになります。

public class Main{
public static void main(String[] args){
int i; 
System.out.println(i);
}
}

 

なぜエラーになるのでしょうか?

 

正解は、変数 i を作っただけで、値を入れていないから。

 

変数に値が入っていないんじゃ表示できないですよね。

 

忘れずに、変数に最初の値(初期値)を入れましょう。 

 

③の命令文では、変数 i に入っている値を表示させる命令文です。

 

 

変数の中身を表示させる値の参照

 

f:id:koikesuitors:20170611222115p:plain

 

さて、ここでもう一度先ほどのプログラムを見てみましょう。  

public class Main{
  public static void main(String[] args){
int i; 
// ①「 i 」という名前の箱を作成。
i = 5;
// ②「 i 」という名前の箱に5を入れる(代入)。
System.out.println(i);
// ③「 i 」の箱の中身を見て画面に表示
}
}

 

このプログラムの実行結果は以下のようになります。 

    5

 

 

では、次のプログラムはどのような実行結果になるでしょうか?

public class Main{
public static void main(String[] args){
int i; 
i = 5;
System.out.println(i);
int k;
k = i;
System.out.println(k);
}
}

 

正解はこちら。

    5
5

 

順番にみていきましょう。

 

まずこちらのプログラムコードで、変数 i に入っている値をみます(参照)。 

    System.out.println(i);

 

次にこちらのプログラムコードで変数 k に変数 i に入っている値が代入されます。 

    k = i;

 

変数 i に10が代入されたら変数 k にも10が代入されるということ。

 

たとえばこんな感じ。

public class Main{
public static void main(String[] args){
int i; 
i = 10;
System.out.println(i);
int k;
k = i;
System.out.println(k);
}
}

 

▼ 実行結果

    10
10

 

 

 変数と型についてのまとめ

 

  • 変数とは値を入れるための「箱」
  • 変数の宣言では型の種類を間違えないこと
  • 参照とは変数に入っている値を表示させること
  • 変数をつくったら必ず初期化をすること
  • 初期化とは最初の値を変数に代入すること

 

以上、変数と型についての解説(・ω・)ノ

 

ドロン。

 

もう1記事どうですか(・ω・)ノ

 

ABOUTこの記事をかいた人

DAMの精密採点で70点前半だったボクは、歌うことがコンプレックスでした。

猛特訓の末、今では常時85点以上まで成長。

ドタキャンするほど大嫌いだったカラオケだけど、今は大好き٩( ᐛ )و

ツイッターやってます!フォローしてください( ˘ω˘ )