グループ面接通過率100%のボクが、面接官に落とされない自己PRの伝え方を教えます。

 

f:id:koikesuitors:20170710204322p:plain

 

 

 

伝えたいことが、何個もあってまとまらない!

 

 

 

 

どうしても長くなってしまう…。

 

 

 

 

企業に「自分を売り込む」ためにも自己PRの内容は超重要。

 

ESの自己PR欄に収まらなかったり、面接ではダラダラと話してしまったり…。

 

伝えたいことがあっても、うまくまとめられない!!

 

 

いっそ、アピールしたいこと全部伝えるか。

 

 

 

 

ダメダメ。

 

その伝え方だと「なにを1番伝えたいのか」が面接官に伝わらない。

 

それじゃあ、面接官に良いインパクトを残すことはできないです。

 

わかりやすくインパクトのある自己PRを作るには3つのポイントがあるんです。

 

  • 伝えたい内容を1つに絞る。
  • アピールポイントを1番最初に伝える。
  • 経験した過程や結果を伝える。

 

では、そのやり方と手順を見ていきましょう。

 

 

伝えたいことを紙に全部書き出す。

 

とりあえず、伝えたいことを紙に全て書き出してください。 

 

  • イジメを耐え抜いた「忍耐力」。
  • 毎日2時間、TOEICの勉強を欠かさない「継続力」。
  • 接客対応で顧客満足度を20%高めた「接客力」。
  • 業務の効率を上げるために、アルバイト先の店長に新しい業務を提案した「提案力」。

 

こんな感じで。

 

頭の中で、あれこれ考えてもまとまらないですし、混乱するだけ。

 

ごちゃごちゃしてる頭の中身を書き出してスッキリさせましょう。

 

書き出せたら次のステップ。

 

 

優先順位をつける。

 

優先順位をつける時のポイントは人それぞれ。

 

ボクは、「熱意をもって語れるエピソード」を基準に優先順位をつけていました。

 

他の方法としては、受ける企業の「求めている人物像」を基準に決めていくのもアリかと。

 

  1. 接客対応で顧客満足度を20%高めた「対応力」。
  2. イジメを耐え抜いた「忍耐力」。
  3. 業務の効率を上げるために、アルバイト先の店長に新しい業務を提案した「提案力」。
  4. 毎日2時間、TOEICの勉強を欠かさない「継続力」。

 

こんな感じで優先順位をつけていきましょう。

 

優先順位を強制的につけることによって「伝えるべきこと」がハッキリします。

 

これで、どれを伝えるか悩まなくなります。

 

ここまでできたら下準備は完了。

 

 

アピールしたいことを一番最初に伝える。

 

例として、今回は優先順位で1番高かった「接客対応で顧客満足度を20%高めた接客力」で自己PRを作っていきましょう。

 

ポイントとして、伝えたいことを一番最初にもってきてください。

 

一番最初に伝えたい内容をもってくれば面接官に伝わりやすい自己PRになります。

 

 

 

私の強みは、接客力です!

 

 

 

 

この子の売りは接客力か。

 

 

 

 

 

具体的なエピソードで理由を語る。

 

 

この子は、なんで接客力が強みなんだろう…。

 

 

 

 

面接官はこう思っているはず。

 

だから、具体的なエピソードが必要。

 

なぜ接客力が強みなのか、それまでの過程を伝えるようにしてください。

 

 

 

私の強みは「接客力」です。お客様が困っている素振りをしていたら、必ず声を掛けるようにしました。その結果、勤務していた店舗の顧客満足度を前年比と比べて20%上げることができました。

 

 

 

 

 

 

 

過程は伝えるけど、あくまでも短くわかりやすく。

 

以下の4つポイントを意識してエピソードを作ってください。

 

  • だれに何をした?
  • 意識していたことは?
  • 場所はどこで、いつの話?
  • 結果はどうなった?

 

自問自答を繰り返すことで、具体的なエピソードになります。

 

紙に書きながら自問自答を繰り返すといいかも。

 

 

落とされない自己PRの作り方と伝え方は…。

 

  • まずは伝えたいことを全部紙に書き出す。
  • 書き出した中で優先順位をつけていく。
  • 一番伝えたいことを最初に伝える。
  • 具体的な経験談で理由を語る。

 

上記の4つを意識して取り組めば、インパクトのある自己PRができます。

 

周りの就活生よりも一歩抜きん出ることができます。

 

ぜひ活用してください。

 

17卒として就活に取り組んだ経験をシェアしようと、他にも就活記事を量産しています。よかったら読んでください。

 

▶ ︎シュートの就活ノウハウ

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

DAMの精密採点で70点前半だったボクは、歌うことがコンプレックスでした。

猛特訓の末、今では常時85点以上まで成長。

ドタキャンするほど大嫌いだったカラオケだけど、今は大好き٩( ᐛ )و

ツイッターやってます!フォローしてください( ˘ω˘ )