【スポンサーリンク】

【就活】やりたいことがない人は、自分に合った働き方を探してください。

 

f:id:koikesuitors:20170719203749p:plain

 

 

 

就活始まったけど、やりたいことないなぁ…。

 

 

 

 

やりたいことがないのに、どうやって業界・職種を選んでいけばいいの?

 

 

 

 

あなたは「やりたいこと」がなくて、苦しんでいませんか?

 

就活初期、ボクは「やりたいこと」がわからなかったので、だいぶ苦しみました。

 

受ける業界・職種は感覚でを選んでいました。

 

「これじゃ、ダメだわ。」

 

そう思ったボクは、プロのキャリアアドバイザーに相談することにしました。

 

3つのことを実践するようにアドバイスを受けて、即実行。

 

すると、業界・企業選びの迷いから解放されました。

 

それからは、スイスイと就活が進んでいきましたね。

 

もし、3つの解決策を実践していなかったら、今でも就活をしていたかもしれません。

 

こっからは、もう少し掘り下げていきましょう。

 

 

【スポンサーリンク】

前提。やりたいことがないのは「普通」

 

前提として、やりたいことがなくても大丈夫です。

 

内定は取れます。働けます。

 

そもそも、実際に社会で働いたことがない就活生に「やりたい仕事」を見つけろっていうのも難しい話。

 

それに、やりたいことは何度も変わります。

 

ボクも、何度も変わりました。

 

 

 

野球選手になりたい!

 

 

 

 

体育の先生になりたい!

 

 

 

 

キャリアアドバイザーになりたい!

 

 

 

 

環境や経験によって、人間のやりたいことは変わっていきます。

 

だから、無理にやりたいことを作る必要はないです。

 

やりたいことがなくても悩まなくていいし、落ち込む必要もない。

 

ただ、注意点として「とりあえず」で就活はしないでください。

 

周りに流されて就活をするのはホントに時間の無駄。

 

そうならないためにも、自分に問いかけてみてください。

 

「どうして、就職するの?」

 

 

解決策①就職する理由を考える。

 

人間は目的がないと頑張れない生き物です。

 

就職する理由がハッキリしていないと、モチベーションは上がりません。続きません。

 

モチベーション0で、乗り切れるほど就活は甘くない。

 

だから就職する理由を自分なりに考える必要があります。

 

ボクが就職する理由はこんな感じでした。

 

・社会的信用を得る。
・専門的なスキルを高める。
・ビジネスマナーを身につける。
・1人で生きていける収入を確保する。

 

大雑把ですが、ボクはこんな感じでした。

 

誰かと比べる必要はなし。

 

ここでは、自分の中で就職する理由が明確になっていればOKです。

 

逆に、就職する理由がわからない人は、周りに流されて就活をしているかもしれません。

 

「とりあえず」就活をするのは、時間のムダ。

 

一度、紙に書き出して「就職する理由」をアウトプットしましょう。

 

 

解決策②やりたくないことを書き出す。

 

まずは、やりたいことを考えるよりも「やりたくないこと」を考えるべきです。

 

やりたいことは経験や環境でコロコロ変わります。

 

それに比べて、やりたくないことって変わりづらいづらい。

 

やりたくないことは、自分が「苦しい」と感じることだから。

 

苦しいことがやりたいことに変わる確率は、ほぼ0%です。

 

だから、まずは「やりたくないこと」を書き出してください。

 

ちなみにボクはこんな感じでした。

 

・飲食関係
・販売
・数字に追われる
・外回りのある仕事
・ブログに応用できない仕事

 

やりたくないことを考えるだけで「自分にあった働き方」を明確にできます。

 

それさえわかれば、業界も職種もある程度絞ることも可能。

 

解決策③プライベートの過ごし方を考える。

 

やりたいことを探す前に、「プライベートの過ごし方」を考えてみるのも一つの手段。

 

忙しい仕事だとプライベートの時間を確保するのが難しいです。

 

プライベートを大切にしたい人は、プライベートを確保できる仕事を選ぶべきです。

 

・勤務時間はどうか?
・休日出勤はあるか?
・月の残業時間は?

 

見なければならないポイントがいくつもあります。

 

OB・OG訪問を利用してミスマッチを減らしましょう。

 

やりたいことがない人は…。

 

・就職する理由を考える
・やりたくないことを書き出す
・プライベートの過ごし方を考える

 

この3つを実行するだけで、自分にあった働き方を見つけられます。

 

ぜひ、参考までに。

 

17卒として就活に取り組んだ経験をシェアしようと、他にも就活記事を量産しています。よかったら読んでください。

 

▶ ︎シュートの就活ノウハウ

 

就活生は必読

 

ABOUTこの記事をかいた人

DAMの精密採点で70点前半だったボクは、歌うことがコンプレックスでした。

猛特訓の末、今では常時85点以上まで成長。

ドタキャンするほど大嫌いだったカラオケだけど、今は大好き٩( ᐛ )و

ツイッターやってます!フォローしてください( ˘ω˘ )