Fラン就活生の戦略的な3つの戦い方。

 

▼ 大学生のあなたに。読まれている人気記事。

 

「Fラン大学生だけど、就職できるかな…?」

「就職できなかったらどうしよう…。」

 

あなたは、そう不安に感じていませんか?

 

17卒内定者のボクも、Fラン就活生でした。

 

今まで、失敗ばかりの人生。なんとか就活で巻き返すぞ!

 

 

学歴なんて関係ないことを証明する!

 

 

 

就活解禁前のボクは、人生逆転するつもりで意気込んでいました。

 

でも、社会はそんなに甘くなかった。

 

大手商社、大手出版社、大手メーカー…。

大企業から内定をもらうほとんどが有名大学の学生。

 

やっぱり日本は、なんだかんだ学歴社会だった。

めっちゃくちゃ悔しかった。

 

Fラン大学に入学した時点で、すでに高学歴学生と差をつけられていると、ボクはその時やっと気づいたんです。

 

有名大学の学生と同じ土俵で戦うんじゃなくて、Fラン就活生はFランならではの戦い方をしなければいけない。

 

それから試行錯誤した結果、無事内定をいただき、今会社員として幸せに働いています。

 

 

Fラン就活生だったボクが、就活で成功するために取り組んだことは以下。

 

 

行動量だけは、誰にも負けないようにした。

 

これは、学歴もなければ自信もない自分自身のためです。

 

「学歴もない、武器になる資格もない」

 

勝負できるものがないと、とにかく不安です。無駄に精神消耗します。

 

不安をかき消すためにも、足を動かして、とにかく量をこなすしかないんです。

 

「行動量だけは、誰にも負けない」

 

この自信は、結果が出ないとき、自分自身を支えてくれます。

 

野球で例えると、とにかく打席に立ってバットを振る。

ヒットを打つ確率を上げるために、10回よりも100回打席に立つ。バットを振る。

挑戦回数を増やすことで、ヒットが出る確率を上げていく。

 

たくさん行動して挑戦することで、失敗するかもしれない。嫌な思いもするかもしれない。

 

でも、練習した分だけ自信はつくし、周りに流されない判断力が身につきます。

 

なんやかんや言い訳をして、足を動かさない人は変われません。

 

あれこれ考える賢さは捨てて、どんどん行動してしまうバカになってください。

 

後悔しない就活のやり方

 

 

面接攻略に100%の力を注いだ。

 

「就活は内面で勝負するもんだ!!」

 

  • 働く意義とは何か?
  • どう社会貢献していくか?
  • 仕事とは何か?

 

これらを一生懸命考える就活生をよく見かけます。

 

でも、ちょっと待ってください。その前にやることがあります。

 

まずは、あれこれ内面を考えるより「外見」を徹底的に磨いてください。

 

面接官も人間です。印象が悪い人の話は誰も聞きません。

「相手からどう見られているか?」このことを頭に入れて、ボクは外見を改善していきました。

 

  • 見た目は清潔に。
  • 話し方。短く結論を先に伝える。
  • 就活においての「コミュ力」を向上。

 

上記のことを意識していたボクは、そこそこ納得できる面接成績を残すことができました。

 

  • グループ面接通過率100%
  • 人事面接、個人面接落ち× 3
  • 最終面接落ち× 2

 

いくら高学歴でも印象が悪いと、そこでゲームセット。

学歴がないなら、なおさら外見で勝負していくしかない。

 

外見レベルを限界まで上げるのは何より大切です。

 

 

とにかく手紙を書いた。送った。

 

学歴もなければ、飛び抜けた資格があるわけでもない。

普通に就活をしても、有名大学の学生には絶対に勝てない。

埋もれる。そう思いました。

 

じゃあどうやって自分を売り込むか、必死に考えた結果が「手紙」でした。

 

難しいことは、書いていません。

説明会や面接の後に、感謝の気持ちを伝えるだけ。

とてもシンプルで簡単。

 

これだけで、人事から「手紙、わざわざありがとうございました。」と、言われました。

 

手紙は最大の武器にもなります。

良い印象を与えることはもちろん、次の選考で、他の学生よりも一歩リードした段階でスタートできます。

ディメリットなし、良いことばかりなんです。

 

なのに、誰もやらないんですよね。

何人かの友人に、手紙を送るようにアドバイスをしましたが、一人もやりませんでした。

やらない理由はひとつで「めんどくさい」から。

 

めんどくさいと思ったら、その程度の熱意だし、本当にその企業で働きたいなら手紙を書くのなんて朝飯前だと思うんです。

誰もやらないから手紙を書く「だけ」で差別化ができます。

 

本当に入りたい企業があるなら、手紙を書いてください。

これは、やるか・やらないかのお話。

 

 

できることをコツコツやれば十分。

 

高学歴の就活生と差をつける方法はこれしかないです。

 

「できることをコツコツ積み重ねる」

 

どんだけ考えて、戦略を練っても高学歴の学生には勝てません。

 

彼らと勉強量で勝負しますか?

 

それは無謀な挑戦だから、やめた方がいいです。

彼らとは積み重ねてきた勉強量がケタ違いなので、他の土俵で戦いましょう。

 

具体的には、あなたの人間力で勝負してください。

人間力に頭の良し悪しは関係ないです。

 

「この子と一緒に働きたい」

 

そう思ってもらえる人間になるんです。

 

そのためにも、以下の3点は忘れないでください。

  • 誰にも負けない行動量。
  • 内面よりも、外見を徹底的に磨く。
  • 手紙は最大の武器になる。

 

就活で、未来を変えませんか?

 

17卒として就活に取り組んだ経験をシェアしようと、他にも就活記事を量産しています。よかったら読んでください。

▶ ︎シュートの就活ノウハウ

 

▼ 大学生のあなたに。読まれている人気記事。

 

ABOUTこの記事をかいた人

DAMの精密採点で70点前半だったボクは、歌うことがコンプレックスでした。

猛特訓の末、今では常時85点以上まで成長。

ドタキャンするほど大嫌いだったカラオケだけど、今は大好き٩( ᐛ )و

ツイッターやってます!フォローしてください( ˘ω˘ )