就活生はやるべし!自己分析ツール「Future Finder」が詳しすぎて笑ったww

 

自分の強みってなんだろう?

 

 

自分はどんな人間なんだろうか?

 

 

 

新卒の就活では、多くの就活生が一番最初に自己分析をして自分自身と向き合いますよね。

 

▼ 就活本や就活サイトでは、自己分析が1番大切なんて言われてたりします。

  • 学生時代にがんばったエピソードは?
  • 人生でいちばんの挫折経験は?
  • 自分の強みと弱み
  • 好きなこと、嫌いなこと

 

でも、ボク思うことがありまして。

そもそも自分の強みとか弱みって、ひとりで考えてわかるんでしょうか?

 

17卒で就活を終えたボクが思うことは、ひとりで自己分析をしてもロクなもんじゃないです。

 

 

ひとりで自己分析をするのはむずかしい。

 

ボクは小学校から高校まで約10年間野球を続けてきたことから、ボクの強みは「継続力」だと思っていました。

でも、これから紹介する自己分析ツールをやってみて思ったんです。

 

「この強みって本当に合ってるの?」って。

 

それからひとりでやった自己分析を疑うようになってから、疑問点がいくつも出てきたんです。

  • 10年間野球を続けられたのは「辞める」ことに抵抗があったから
  • そもそも野球はそんなに好きじゃなかった
  • 続ける目的もなく、ただなんとなく続けていた

 

この時点で、ボクはひとりでやる自己分析の「もろさ」を実感。

同時に「継続力」はボクの強みじゃないこともわかりました。

 

ボクだけに限らずこういう勘違いをしてる人がいると思うんです。

なぜなら、自分の強みや弱みを客観的に判断するのはむずかしいから。

 

 

自己分析は客観的な視点が大切だよ。

 

過去の経験をふりかえって自分の強みや性格を見つけていくのが自己分析と言われていますが、どうしても主観的な分析をしてしまいます。

自分の都合のいいように強みや弱みを決めてしまうので、そのあとの就活もなかなかうまくいきません。

 

就活に失敗しないためにも「本当の」強みや弱みを客観的に知っておく必要があるんです。

 

10年間野球を続けてきたから、ボクの強みは継続力だ〜!

 

 

 

くれぐれもこんな安易な考え方はしないでください。

 

客観的な自己分析をしないとESも書けないですし、面接でもまともに語れません。

ひとりで自己分析をしたところで、就活に失敗するのは目に見えていますよね。

 

 

たった15分で診断できる自己分析ツール

 

「いろいろ言ってるけど、そもそも一人でできる自己分析なんてあるの?」

 

そう思っているあなた!

あります、ありますよー。

しかも15分で診断できて、めちゃくちゃ詳しい自己分析ツール。しかも無料です。

 

その名も「Future Finder」。

Future Finder」は、株式会社ジェイックが提供している自己分析ツールです。

 

▼ 特徴はこんなかんじですね。

  • 151問の質問に答えていく自己分析
  • 心理統計学に基づく分析から信頼性大
  • 診断にかかる時間は15分くらい

 

ざっとこんな感じの自己分析ツールなんですが、正直詳しすぎて笑っちゃいました。笑

細かすぎて恥ずかしいレベル。

無料登録が必要ですが、氏名や大学などを入力するだけで、簡単にできちゃいます。

適職診断・適性検査を活用した就活サイト「Future Finder」

 

 

自己分析ツール「Future Finder」で診断するまでの手順

 

最初にFuture Finderに登録する必要があります。

先ほども伝えましたが、無料なので安心してください。

そのあと、メールがバンバン飛んでくることもありません。

適職診断・適性検査を活用した就活サイト「Future Finder」

 

次は質問に答えていきます。

 

 

151コの質問に答える。

f:id:koikesuitors:20170824220316p:plain

 

登録がおわったら、151コの質問に答えていきます。

60分を経過すると自動的に終わってしまいますが、15分ぐらいで終わるので大丈夫。

スキマ時間を利用してパパッとできちゃいます。

 

 

質問内容はこんな感じ

 

こちらの質問は一問一答で、5つの選択肢から選んでいきます。

 

▼チャンスがあれば海外でのビジネスにチャレンジしたい

f:id:koikesuitors:20170824220359p:plain

 

質問に対して、5択の中から選ぶものもあります。

 

▼あなたの思春期の頃を思い返して、最も鮮明に思い出せることは何ですか

f:id:koikesuitors:20170824220525p:plain

 

診断はこのような質問に答えるだけで終わり。

これだけで、ビビるくらいの詳しい診断結果が出ます。笑

 

 

自己分析ツール「Future Finder」をやってみた!

 

診断結果は、7つの項目によって解説されていきます。 どの項目もかなり詳しく解説してくれるので、満足100%。

 

▼ 項目7つ

  1. 16タイプ分析
  2. 性格特性
  3. マッチする「組織風土」
  4. 仕事で「発揮しやすい特性」
  5. 得意な「組織行動」
  6. 仕事への動機
  7. ビジネスセンス

 

 

自己分析ツール「Future Finder」の16タイプ分析

f:id:koikesuitors:20170824220449p:plain

 

「16タイプ分析」とは、16種類の性格の中から、自分と最も合っているタイプをランキング形式で3つ教えてくれます。

 

▼ ボクのトップ3はこんな感じでした。

  1. 心穏やかな共感者
  2. 理想に向かうエージェント
  3. おもてなしのコンシェルジュ

 

なるほどね〜。

 

▼ 1位の「心穏やかな共感者」の解説をすこし引用してみましょう。

争いごとを好まない穏やかな性質のため、人に対して意見をあまり強く言うことがなく、そのため波風を立てない言動になってしまうこともあります。結果として本当は理解、共感しているのにも関わらず、相手の話に合わせているだけのイエスマンのように受け取られる可能性もあります。(後略)

 

赤い文字の部分がまさにボクのこと。笑

なんでそこまでわかるの?ってくらい詳しい解説が他にもあって、びっくりしました…。

 

2位の「理想に向かうエージェント」と3位の「おもてなしのコンシェルジュ」もかなり詳しい解説がされていました。

 

ぶっちゃけ、ひとりで悩んでるヒマがあるなら、とっととFuture Finderをやった方が断然いいです。

 

 

自己分析ツール「Future Finder」の性格特性

f:id:koikesuitors:20170824220612p:plain

 

ここでは、「基本的性格特性」と「ビジネス的性格特性」について教えてくれます。

ボクは「良識性」と「社会的成功」の点数が高い。

 

逆に、「情緒安定性」や「異文化適応」「ストレス適応」の点数が低くなってますね。

環境が変わったりすると精神的にツラくなるボクからすると、当然の結果。

 

ひとりが好きなボクのことを見抜いてらっしゃる。笑

 

 

自己分析ツール「Future Finder」の発揮しやすい特性

f:id:koikesuitors:20170824220650p:plain

 

最後に1つ。仕事で発揮しやすい特性を教えてくれます。

ボクが仕事で発揮しやすい「強み」は上の5つらしい。

 

▼ こちらの解説も引用しておきますね。

あなたは一貫性に優れ、明確な判断基準で一貫した行動をとっていくことが得意といえます。自分の言動に責任を持ち、ぶれることのない考えとスタイルで判断し行動していくことができそうです。

また責任感も強いようです。自分に関わることはすべて自分のこととしてとらえ、途中で投げ出すことなく、最後まで責任を持ってやり遂げることができそうです。

さらに向上心や成長意欲も強いようです。現状に満足するのではなく、現状を理解し、自分を高めていくために必要なことを考え、日々努力していくことができそうです。

 

 

無料でこのクオリティはヤバい…。

f:id:koikesuitors:20170824221033p:plain

 

正直、あんまり期待してなかったんですよね。Future Finderに。

 

「無料だしどうせ大したことないんでしょ?」って。

 

軽い気持ちでやってみたら、びっくら仰天。解説が詳しすぎてビビりました。w

 

いくつかの診断結果の引用をしましたが、まだまだほんの一部です。

まだまだFuture Finderの魅力を語りたいんですが、ボクが語るより実際にやってみた方がはやいです。

 

就活生には、マジでおすすめ診断ツールですよ!

▶︎ 適職診断・適性検査を活用した就活サイト「Future Finder」

 

 

最後に一言いいですか?

 

めんどくさがりやなボクからアドバイスなんですが「明日やろう」とおもったところで、絶対やらないです。

明日には、この診断ツールの存在を忘れています。

 

たった15分程度で終わる自己分析なんで、「今すぐ」やっておきましょう。

くれぐれもテキトーな自己分析をして就活という人生のチャンスを逃さないでくださいね。

▶︎ 適職診断・適性検査を活用した就活サイト「Future Finder」

 

17卒として就活に取り組んだ経験をシェアしようと、他にも就活記事を量産しています。

よかったら読んでください。

▶ ︎シュートの就活ノウハウ

ABOUTこの記事をかいた人

DAMの精密採点で70点前半だったボクは、歌うことがコンプレックスでした。

猛特訓の末、今では常時85点以上まで成長。

ドタキャンするほど大嫌いだったカラオケだけど、今は大好き٩( ᐛ )و

ツイッターやってます!フォローしてください( ˘ω˘ )