【スポンサーリンク】

就活生におすすめ!科学的根拠のある3つの自己分析ツール

 

▼ 大学生のあなたに。読まれている人気記事

 

就活の準備として、まず取り組むのは「自己分析」ですよね。

自分に向いている業界・職種を判断するために、自分の強みや弱みを見つけていくやつ。

 

自己分析と聞いて何をイメージします?

 

▼ ざっとですが、これらを知るのが自己分析ではないでしょうか。

  • 強み、弱み
  • 嬉しいと感じるとき
  • どんなときにモチベーションがあがるか
  • 学生時代にがんばったこと

 

でも、この自己分析ですが、気をつけないと自分の都合のいいように解釈しちゃうんですよね。

17卒で就活を終えたボクが思うことは、ひとりで自己分析をしてもロクなもんじゃないです。

 

 

【スポンサーリンク】

自己分析は都合のいいように解釈しがち

 

ボク自身、自己分析をやってみて感じたことは、「自己分析って、自分の都合のいいように解釈しちゃう…」ってこと。

ボクの場合だと、小学校から高校まで約10年間野球を続けた経験から、「継続力」が強みだとおもっていました。

でも、これから紹介する自己分析ツールをやってみて気づかされたんです。

 

「この強みって本当にあってるの?」って。

 

ひとりでやった自己分析を疑うようになってから、いくつも疑問点がでてきたんです。

 

  • やめたかったけど、辞めることに抵抗があったからじゃない?
  • 続ける目的もなく、なんとなく続けてたよな…?
  • そもそも、そこまで野球好きじゃないし。

 

このとき、ボクはひとりでやる自己分析の「もろさ」を実感。

同時に「継続力」はボクの強みじゃないこともわかりました。

 

ボクだけに限らず、こういう勘違いをしている人がいるとおもうんです。

でも、それはしょうがないこと。

 

なぜなら自分の強みや弱みを客観的に判断するのはむずかしいから。

 

 

自己分析は客観的なツールを使う

 

自分で自己分析をしたとしても、都合のいいように解釈してしまう。

そんな都合のいい自己分析で、「強み」や「弱み」を知って、就活をやったとしてもうまくいきません。

 

10年間野球を続けてきたから、ボクの強みは継続力だ〜!

 

 

 

これぐれも、こんなテキトーな就活生にはならないでください。

 

じゃあ、どうやったら客観的な自己分析ができるのか?

実は、とっても簡単にできるんです。

 

科学的根拠のあるツールを使って、自分の「強みを診断してもらえばいいだけ。

 

今回紹介する3つの自己分析ツールは、どれも150〜200問の質問に答えていくだけで、あなたの強みや性格を分析ができるもの。

 

膨大な量の蓄積データからあなたの強みを診断するので、圧倒的な正確な結果をだしてくれます。

じぶんであれこれ考えて自己分析をするよりも、全然いい。

 

3つのツールは、ボクも実際に使ってみて「これは、やばい!」と感じたもの。

診断結果の「強み」「弱み」は就活の自己PRやESにも使いまくってます。

どれも30分もあれば終わるので、サクッとできちゃいますよ。

 

 

自己分析ツール①「ストレングス・ファインダー」

 

「 ストレングス・ファインダー」はアメリカの組織コンサルティング会社であるギャラップ社が開発した診断ツール。

これの診断ツールは177個の質問に答えていくだけで自分の強みを5つ教えてくれます。

ただ、この診断を受けるには本を買う必要があります。

  1. 新品の本を購入する(中古だと診断できないかも)
  2. 本に記載されたサイトにアクセスして、本についているコードを入力
  3. 171個の質問に答えていく(30分くらい)
  4. 34種類の中から5つの強みがわかる
  5. 診断された強みの活かし方を本で熟読する

※診断するために必要なコードは一回しか使えないので、中古の本だと診断が受けられないことがあります。

 

本の購入には1,800円ほどかかりますが、それ以上の価値があったと実感しましたね。

 

▼ ちなみにボクは「最上志向」が1番強いと診断されました。

優秀であること、平均ではなく。これがあなたの基準です。平均以下の何かを平均より少し上に引き上げるには大変な努力を要し、あなたはそこに全く意味を見出しません。平均以上の何かを最高のものに高めるのも、同じように多大な努力を必要としますが、はるかに胸躍ります。自分自身のものか他の人のものかに関わらず、強みはあなたを魅了します。

あなたは、あなたを型にはめて、弱点を克服させようとする人々を避ける傾向があります。あなたは自分の弱みを嘆きながら人生を送りたくありません。それよりも、持って生まれた天賦の才能を最大限に利用したいと考えます。その方が楽しく、実りも多いのです。
そして意外なことに、その方がもっと大変なのです。

 

いやー、何度読んでも当たってますね。怖い。

特に太文字の部分を読んだときなんて、気づいたら頷いてましたからね。

自分の強みをズバッと言語化してくれていて、すごく役に立ちます。

 

 

「強み」に特化した自己分析ツール

 

就活生は、ストレングス・ファインダーで診断された強みを自己PRやESに活用するのがいいです。

普通なら過去の経験から自分の強みを見つけていくと思います。

 

ですが、「科学的根拠のある強み」を知ってから「過去のエピソードに強みに当てはめる」ことでより納得感のある自己PRやESになります

科学的根拠のある「強み」は正確なので、自信をもって面接で語れますよ。

 

▼「ストレングス・ファインダー」がおすすめな人

  • 少しお金をかけても科学的根拠のある強みを知りたい人
  • 強みを仕事やプライベートで活かしたい人
  • 自分の強みに対して詳しい説明を受けたい人

 

「強み」に特化したストレングス・ファインダーだからこそ、詳しすぎる強みの解説を知ることができます。

本を購入するのに多少お金はかかるものの、それ以上に診断の価値がありますよ。

 

 

「良さそうなツールだけど、ちょっと高いなぁ…」

 

そう思ったあなた!

まずは、無料でできる2つの自己分析ツールを使ってみてください。

 

1つ目は、診断項目の多さと解説の詳しさに定評のある「Future Finder」。

 

 

自己分析ツール②「Future Finder」

f:id:koikesuitors:20170824220449p:plain

 

Future Finderは、就職・転職をしようとしている人におすすめな自己分析ツール。

このFuture Finder、診断項目の多さと解説がとにかく詳しすぎるんです…!

 

無料で利用できる自己分析ツールなんですが、クオリティが高すぎなんですよね。

正直、就活生は全員やるべきだと勝手に思ってます。笑

 

▼ 151個の質問に答えていくだけで、7項目の診断をしてくれます。

  • 16タイプ分析
  • 性格特性
  • マッチする組織風土
  • 仕事で発揮しやすい特性
  • 得意な組織行動
  • 仕事への動機
  • ビジネスセンス

 

▼ ちなみに、ボクの性格特性の診断結果はこんな感じ。

f:id:koikesuitors:20170824220612p:plain

 

基本的性格特性では「良識性」と「知的好奇心」が高く、ビジネス的性格特性では「自己実現」と「社会的成功」が高かったです。

 

逆に「情緒安定性」「異文化適応」「ストレス適応」の点数が低くなってますね。

環境が変わったりすると、精神的に不安定になるボクからすると当然の結果。笑

いやー、ボクのことを見抜いてらっしゃる。笑

 

▼ そして、もうひとつ。

f:id:koikesuitors:20170824220650p:plain

 

これは、仕事で発揮しやすい特性を教えてくれます。

ボクが仕事で発揮しやすい「強み」の解説を一部引用しますね。

 

あなたは一貫性に優れ、明確な判断基準で一貫した行動をとっていくことが得意といえます。自分の言動に責任を持ち、ぶれることのない考えとスタイルで判断し行動していくことができそうです。

また責任感も強いようです。自分に関わることはすべて自分のこととしてとらえ、途中で投げ出すことなく、最後まで責任を持ってやり遂げることができそうです。

さらに向上心や成長意欲も強いようです。現状に満足するのではなく、現状を理解し、自分を高めていくために必要なことを考え、日々努力していくことができそうです。

 

赤文字にした部分なんてまさに当たってます。

このFuture Finderは、強みだけでなく、「弱み」についても解説をしてくれるのが、嬉しいポイント。

 

強みだけでなく「弱み」を知ることで、「どんな仕事が向いているのか」「どんな環境で働いた方がいいのか」、科学的に判断することができます。

 

 

診断するには…。

 

Future Finderに無料登録するだけで、診断を受けることができます。

もちろん、無料登録をしたあと、迷惑メールは届きません。

無料登録が終わったら、質問に答えていきます。

 

▼ 質問は全部で151問で制限時間は60分ですが、ボクは、15分ぐらいでおわりました。

f:id:koikesuitors:20170824220359p:plain

 

無料でさっとできる診断なので、就活生はやっておかないと損です。

適職診断・適性検査を活用した就活サイト「Future Finder」

 

 

「Future Finder」がおすすめな人

 

  • 就活中の学生、転職希望の社会人
  • 自己分析を仕事に活かしたい人
  • 幅広い診断結果を知りたい人

 

先ほど紹介した「ストレングス・ファインダー」と併用してみてください。

仕事選びのために、自己分析をしたい人には、ガチでおすすめ。

 

 

自己分析ツール③「グッドポイント診断」

f:id:koikesuitors:20170821223133j:plain

 

はい、最後の自己分析ツールの紹介になりましたね。

 

最後に紹介するのは、大手転職サイトの「リクナビNEXT」が運営している「グッドポイント診断」です。

この診断も質問に答えていくだけで、自分の強みを5つ教えてくれる自己分析ツール。

 

▼ ボクの診断結果は下の5つ。

  • 独創性
  • 継続力
  • 決断力
  • 親密性
  • 冷静沈着

 

無料ツールですが、それぞれの強みを300字程度で解説してくれます。

1番の強みである「独創性」の解説を引用しておきますね。

「人と同じではつまらない」あなたはいつもそう考えています。あなたはオリジナリティにこだわりをもち、仕事でもプライベートでも自身が納得できるかを重視します。

あなたは、常識にとらわれず広い分野から情報を収集し、興味がある題材がみつかると自分だったらどうするか必ず考えるなど、自身の独創性をより高める努力をし続けます。周囲の人はあなたのユニークな発想に魅力を感じ、次にあなたが創り出すものを楽しみに待っています。

 

赤文字の部分がまさにボクのこと。

先ほどの「Future Finder」と比べると、解説が少しざっくりしていますが、「無料」で診断できるツールとしては、優秀。

 

「グッドポイント診断」の使い方としては、他の自己分析ツールと併用するといいかも。

 

 

「グッドポイント診断」を受けるには。

 

グッドポイント診断を受けるには、「リクナビNEXT」への無料登録が必要。

リクナビNEXTは大手転職サイトで、信頼度も高いです。

もちろん、迷惑メールがくることもありません。

やっぱり、「大手」の会社が運営していると安心ですね。

 

▼ 無料登録手順はこんな感じです。

  1. リクナビNEXT」に登録(無料)
  2. 「グッドポイント診断をクリック
  3. 293個の質問に答える(30分ぐらい)
  4. 18種類の中から5個の強みがわかる

 

 

「グッドポイント診断」がおすすめな人

 

  • 無料で自己分析をしたい人
  • 大手の自己分析ツールで安心して診断したい人
  • 就活中の学生、転職希望の社会人

 

お金をかけずにサクッと自己分析したい人にぴったりですよ!

無料会員登録も、簡単にできるのでぜひ。

→ リクナビNEXT

 

 

自己分析ツールは2種類以上やってみるのがおすすめ!

 

いかがでしたか?

3つの自己分析ツールを紹介しましたが、おすすめは、2つ以上のツールで診断してみることです。 

 

ひとつの診断結果よりも2つ以上の診断結果を比べることによって、客観性が増し、より正確な自己分析になります。

ぜひ、試してみてください!

 

▼ 紹介した自己分析ツール

  1. Future Finder
  2. ストレングス・ファインダー
  3. グッドポイント診断(リクナビNEXT

 

17卒として就活に取り組んだ経験をシェアしようと、他にも就活記事を量産しています。よかったら読んでください。

▶ ︎シュートの就活ノウハウ

 

この記事を読んだ人におすすめな記事

 

ABOUTこの記事をかいた人

DAMの精密採点で70点前半だったボクは、歌うことがコンプレックスでした。

猛特訓の末、今では常時85点以上まで成長。

ドタキャンするほど大嫌いだったカラオケだけど、今は大好き٩( ᐛ )و

ツイッターやってます!フォローしてください( ˘ω˘ )