社会人1年目・2年目の転職判断ポイントとおすすめ転職サイト

 

▼ 社会人一年目・二年目のあなたへ。読まれている人気記事。

 

  • 会社やめたいけど、転職できるか不安…。
  • 失敗して無職になるかもしれない…。
  • でも、3年は働けって言われてるし…。

あなたは、こんな悩みを抱えていませんか?

 

わかりますよ〜その気持ち。

ボクも社会人1年目で同じ悩みを抱えていますし、会社の同期で入社2ヶ月でやめた人もいます。

未経験・文系でプログラミングに挑戦した同期は、研修の段階で体調を崩してしまい、そのまま退職。

 

そこらへんの若者
すぐ辞めたんだし、不真面目だったんでしょ?

 

ううん。彼はとても真面目で責任感が強くて、みんながめんどくさがるような仕事を率先して取り組んでいました。

責任感が強いからこそ、一人で抱え込んでストレスを溜めてしまったんですよね。

最初はイキイキと働いていた彼も、日に日に元気が無くなっていくように見えました。

 

その後、彼は別の会社に就職しましたが、体調はあまり回復せず病院に通いながら会社に行っているらしいです。

もしかしたら、彼の心が病む前にボクは何かできたかもしれない。

本当に後悔しています。

 

ボクの同期のような経験をして欲しくないという想いから、この記事では「仕事の悩みを抱えているあなたに考えて欲しいこと」をまとめました。

また、後半では社会人1年目・2年目の人にオススメな転職サイトを紹介するので、ぜひ参考にしてください。

 

 

自分に合わない仕事を続けても心が病むだけ。

 

オヤジ
見切りをつけるの早すぎ。もうちょっと続けてみたら?

 

上司や先輩に「仕事が合わない」と相談するとこのような返事が返ってきます。

たしかに、これが普通の回答だと思いますが、「仕事が合わない理由」によっては転職をした方が良い場合もあります。

すぐに転職をするべきか、それとも今の仕事を続けるべきか。

そこをきちんと見極める必要があります。

 

▼ すぐに転職をした方が良い場合は以下。

  • 仕事の適性と自分の適性が合っていない
  • 上司や先輩みたいになりたいと思わない
  • 肉体的・精神的に限界

「仕事の適性と自分の適性が合っていない」「肉体的・精神的に限界」

前提として、これら2つの理由で転職を考えているなら、まず上司に部署を異動することは可能か相談してみてください。

今の仕事は合わないと思っていても、違う部署で自分に合う仕事があるかもしれません。

 

部署の異動ができなかったときは、あなたが希望する職種に転職をしましょう。

合わない仕事を無理に続けても、ボクの同期のように心が病んでしまうかもしれません。

合わないと感じている仕事を続けたところで、やりがいを持って働くことはできませんし、当然スキルも身につかないです。

 

あなたの将来のためにも、あなたの適性に合った仕事に「今」転職するのがベスト。

じぶんの適性がわからないという人は、「Future Finder」という無料診断ツールを使ってみてください。

科学的根拠のある診断ツールなので、信憑性はあります。

 

 

責任感が強いと心が病みやすい。

 

同期の特徴は「責任感が強い」「真面目」。

研修の段階から上司に頼みごとをされれば、しっかりとこなし、ボクらからみても頼れる信頼できる人でした。

 

真面目で責任感が強いからこそ、一人で悩みを抱え込んでしまい精神的にダメになってしまったんです。

同期は本当に頑張り屋さんで、言われたことは愚痴1つ言わずに取り組むような人でした。

 

「まだできる!乗り切れる!」と思っていても、精神的には限界がきているものです。

 

心を病んでしまう人の多くは、「真面目」「責任感が強い」という特徴があります。

こういった人は、心を壊す前に転職活動をしてください。

 

心が病んでしまっては、働けませんし生きていくのも困難になります。

取り返しのつかない身体になる前に対処しなければなりません。

 

 

社会人1年目・2年目でも転職できる可能性は高い。

 

悩む社会人
早期退職だし、転職できるか不安・・・。

 

転職って不安ですよね…。職を変えるって人生が変わる可能性も全然ありえますし。

 

ですが、今の時代、意外にあっさり転職できます。

ボクの同期も2ヶ月で会社を辞めていますが、すぐに就職先を見つけていました。

 

▼ 理由は大きく分けて3つあります。

  • 少子高齢化で若い働き手が減っている
  • ブラック企業の影響で早期退職がめずらしくない時代

1つ目は、どの業界でも言えることですが、少子高齢化で若い働き手がどんどん減っています。

転職するには一般的に「スキル」が重要視されますが、若い時は「若さ」という武器があればそれだけで採用してくれます。

これは、ボクが就活をしているときにある会社の人事の方が言っていました。

大切なのは、若さゆえの仕事に対する「熱意」です。

 

2つ目は、ブラック企業の一般化です。

▼エイジス

JASDAQ上場の棚卸し代行業者。違法な長時間労働を行なっていたとして、千葉労働局から是正勧告を受けて、社名を公表された。厚労省が行政指導段階で、違法な長時間労働を行なっている社名を公表するようになってから、全国初のケース。

 

▼電通

2015年に入社1年目の高橋まつりさんが過労自殺。25年前には入社2年目の男性社員が過労自殺。3年前にも30歳の男性社員が過労で病死。十分な改善策を実施せず、厚労省の抜き打ち強制捜査を受けた。

 

▼ドン・キホーテ

最長3カ月で415時間の時間外労働など、36協定に違反する長時間労働をさせた。書類送検され、50万円の罰金。

引用:https://www.bengo4.com/c_5/n_5416/

 

ブラック企業が溢れている社会なので、早期退職も珍しくないんです。

それもあり、早期退職でも門を広げている企業も数多くあります。

こういった社会であるからこそ、今の時代は転職できる可能性が高いんです。

 

 

社会人1年目・2年目におすすめな転職サイト◯つ

 

今回は、「社会人1年目・2年目」におすすめな転職サイトを紹介していきます!

ちなみに、転職活動は早く行動した者勝ちです。

 

同期
早く転職しないと、だんだんやる気がなくなってくるよー。

 

長期戦になると心も身体も疲れてしまうようです。ふむふむ。

転職サイトはどこも登録無料ですし、気になるサイトがあったら登録してチェックすることをおすすめしますよ!

 

 

求人以外のコンテンツも充実「リクナビNEXT」

 

▼ 「リクナビNEXT」オススメポイント

  • 豊富な求人数から選べる
  • 求人数以外にも就職サポートのコンテンツが充実
  • じぶんの適性を見つける「グッドポイント診断がかなり役立つ!

大手リクルートが運営する転職サイト「リクナビNEXT」。

求人の多さと充実したサービスは大手ならではの強みですね。

 

小さい転職サイトと比べて「親身さ」は劣るかもしれないです。

ですが、求人の数であったり、就職サポートのコンテンツが充実しているという点では、大手の転職サイトのすばらしいところ。

 

ボクが特におすすめしたいのが、リクナビNEXTに登録することで使える診断ツールの「グッドポイント診断」ですね。

強みを診断してくれる無料ツールなんですが、これがめちゃくちゃ的確な診断なんです。

ボクは、就活のときに使ったんですが、かなり役に経ちましたし、そのおかげでスムーズに就活を進めることができました。

 

そのほかにも、転職活動の手助けとなるサービスやコンテンツが数多くあります。

リクナビNEXTにとりあえず登録しておけば情報収集に困ることはないでしょう。

 

 

 

低学歴の転職は「ハタラクティブ」

 

▼ 「ハタラクティブ」のおすすめポイント

  • 一対一の親身な対応
  • すべてのサービスが無料
  • フリーター・既卒でも多い求人数

学歴に自信がない人やフリーター・既卒にオススメなのが、「ハタラクティブ」。

ハタラクティブは、第二新卒、フリーター、既卒など学校を卒業して就職活動をしている人に特化した転職サイトなので、早期離職者でも転職できる確率はかなり高い。

 

自己分析や履歴書作成のアドバイスもマンツーマンのため、親身な対応が可能。

また、企業ごとの面接対策や面接後のフィードバックもサポートもしてくれます。

 

▼ 「ハタラクティブ」の口コミ

高校を卒業して4年。アルバイトしながらなんとなく過ごしてきたけど、いつの間にか友達も就職していって残ったのは私だけ。でも、特にやりたいこともないし、資格も持ってないし、正社員なんて絶対になれないものと諦めていました。
カウンセリングでは、他に話すこともないから飲食店でのアルバイトの話を本当に根掘り葉掘り。 それまで強みなんてないと思っていましたが「その笑顔は武器だよ」なんて真顔で言われるものだから、笑っちゃいました。でもその一言のおかげで前向きに就職活動に取り組むことができて、アルバイト経験を活かせる第一志望のショップ店員で内定をもらえました(23歳 女性)

 

大学を中退してから2年間、居酒屋でアルバイトしながらのフリーター生活。毎日、楽しいんだけど、親にも小言を言われるし、「このままでいいのかな…」なんて漠然とした悩みを抱えていました。
「仕事は目的じゃなくって手段なんだよね」そんな就活アドバイザーの言葉から1対1で何のために就職するのかを話し合いました。その中で自分の店を持ちたい」という夢を実現するために就職することに!自分で店を持つなら誰にも負けない圧倒的な交渉力を身につけられ、開業資金を貯められるくらい稼げる仕事がいいってことで今の仕事を紹介してもらいました。(26歳 男性)

 

上記の口コミはハタラクティブの就活成功した先輩から引用させていただきました。

 

若い年齢層への求人が充実しており、就職アドバイザーも比較的年齢が近い20代専門のアドバイザーが就きます。

だから、早期離職者・フリーターで社会人経験が浅い人でも、「本当に自分に合う求人」を紹介することができるんですよね。

他の転職サイトにはない非公開の求人も多数あります。

 

ハタラクティブのアドバイザーは親身になって協力してくれるので、不安も解消されると思いますよ。

仕事に悩んでいる人、転職を考えている人、学歴に不安がある人は、一度ハタラクティブに行ってみてください。

 

 

▼ 社会人一年目・二年目のあなたへ。読まれている人気記事。

 

ABOUTこの記事をかいた人

DAMの精密採点で70点前半だったボクは、歌うことがコンプレックスでした。

猛特訓の末、今では常時85点以上まで成長。

ドタキャンするほど大嫌いだったカラオケだけど、今は大好き٩( ᐛ )و

ツイッターやってます!フォローしてください( ˘ω˘ )