【スポンサーリンク】

やりたいことがないのは当たり前。まずは「ちょっと」得意なことを続ける。

 

 

やりたいことがないとダメだ。

 

 

 

ボクもやりたいことがなくて、めちゃくちゃ焦っていた時期がありました。

 

大学時代、やりたいことがあってキラキラ輝いている友人と比べて、不安になったり。

 

「10年後どうなってたいの?」と、聞かれても自信を持って答えられない。

 

「ダメダメじゃん。」

 

当時のボクはヘコみまくってました。

 

でも、それでいいんです。

 

やりたいことがないのは当たり前。

 

夢なんてコロコロ変わっていいし、目標だって変えていい。

 

必要なのは、目の前の「今」に熱中すること。

 

 

【スポンサーリンク】

本当にやりたいことはもうやってる。

 

本当にやりたいことって、何が何でもやってると思うんです。

 

何かと比べて、最終的に「やらない選択」を自分自身でしたということ。

 

今、やっていないことはそこまでやりたいことじゃない。

 

頭の中でやりたいことを探している時点で、やりたいことは見つかりません。

 

まずは、この事実と向き合ってください。

 

 

得意なことがやりたいことに変わる可能性が高い。

 

やりたいことがない人は、「得意なこと」に目を向けてください。

 

得意なことがやりたいことに変わる可能性はとても高い。

 

f:id:koikesuitors:20170720203451p:plain

 

ボクは、このサイクルが最強だと思っています。

 

小学生の時に始めた野球では、周りよりも「少しだけ」うまかった。

 

少しうまいだけでも周りから褒められたし、褒められるとドンドン楽しくなる。

 

楽しいから、毎朝6:00に起きて素振りをするようになった。

 

周りよりも練習してるから、ドンドン上達する。納得のいく結果も残せた。

今、ブログを書き続けているのも同じ。

 

少し続けてみると、読まれるブログになって、文章力が上がっていくのを肌で感じてる。

 

上達すると、もっと楽しくなってドンドンハマっていく。

 

これが、やりたいこと。今ならわかる。

 

 

得意なことから小さな自信が生まれる。

 

やりたいことがないなら、まずは得意なことに注力してください。

 

それだけで、周りよりも一歩抜きん出ることができます。

 

周りよりも「ちょびっと」うまいだけでも、小さな自信になります。

 

その小さな自信を積み重ねて、少しずつやりたいことのハードルを上げていく。

 

 

やりたいことの理由なんて考えるな。

 

人間は、行動する時に何かと理由をつけたがる。

 

以前、ボクが「ブロガーになりたい!」と友人達に言ったら「なんで?」「それ、意味あるの?」と言う人がたくさん出てきた。

 

やりたいことに真っ当な理由なんていらないんです。

 

「文章を書くのが好きで、発信したかったから。」

 

これだけで、十分だとボクは思っています。

 

「楽しいからやりたい」「得意だからやりたい」で全然OK。

 

他人の肯定意見なんて求めなくていい。

 

衝動的に、感情的に行動していくべき。

 

以前までのボクは、他人の肯定意見を求めすぎて、なかなか行動に移せないことがありました。

 

 

 

他人の肯定意見がないと不安。

 

 

 

 

これは、すっごくもったいない。

 

やってみたい!と思ったことは、無我夢中でやってみるべき。周りの声は全部無視。

 

不安をかき消す自信は、後からついてきます。

 

 

やりたいことを見つける手順。

 

  1. 得意なことを見つける
  2. 得意なことで、小さな自信をつけていく
  3. やりたいことに、真っ当な理由はいらない
  4. やってみて合わないと思ったらすぐ撤退

 

頭の中で考えてもしょうがないです。

 

少しでも得意なことがあるなら、それをコツコツ積み重ねていくべき。

 

気づいたら「得意なこと」がやりたいことになってます。

 

でわでわ。

 

ABOUTこの記事をかいた人

DAMの精密採点で70点前半だったボクは、歌うことがコンプレックスでした。

猛特訓の末、今では常時85点以上まで成長。

ドタキャンするほど大嫌いだったカラオケだけど、今は大好き٩( ᐛ )و

ツイッターやってます!フォローしてください( ˘ω˘ )