音程正解率70%以下から80%以上まで上げる練習方法

スポンサーリンク

▼ 読まれている人気記事

 

シュート
カラオケの精密採点は公開処刑。

 

▼ カラオケが本当に嫌いでした。

 

急に誘われた時でも、100%断れるよう理由を前もって準備していたくらい。

特にdamの精密採点。あれは、ボクの天敵でしたね…。

うまく歌えたと思っても、いつも70点台前半

音程正解率70%を越えれば、もう大喜びでしたよ。

得点発表のあの瞬間は毎回胃がヒリヒリしていましたね〜( ˘ω˘ )

 

シュート
もう逃げてしまいたい。

 

完全に「歌」は、ボクのコンプレックスでしたね。

でも、ある日大好きなバンドに出会って「本気で」このバンドの曲を歌いこなしたいと思ったんです。

それから、毎日カラオケに通ったり、ボイトレを始めたりして、とにかく歌いまくりました。

 

▼それからボクは少しづつ変わっていきました。

  • 音程正解率が常時80%以上
  • damの精密採点で85点以上を連発
  • 周りから「うまい!」と言われるように。

 

▼完全にボクの「コンプレックス」が「強み」に変わりました。

 

今までの経験から精密採点で点数をあげるには、音程正解率がとても重要だと感じています。

そこで、今回は音程正解率をあげるための、ボクのノウハウを紹介。

 

スポンサーリンク

原曲を聴きながら歌う/音程正解率を上げる練習方法①

 

音程正解率が低い人は「正しい音がわかっていない」ケースが多いです。

正しい音がわからないのに正しく歌えるわけがない。

だから、まずはひたすら原曲を聴くことに力を入れてください。

原曲を聴き込んだら、ひたすら歌う。この繰り返し「だけ」です。

 

▼ 具体的な手順を説明していきます。

  1. ひたすら原曲を聴き込む。
  2. 鼻歌で歌う。
  3. 声に出して歌う。

 

まずは原曲をひたすら聴き込む/音程正解率を上げる練習方法②

 

シュート
どのくらい聴き込むの?

 

鼻歌で歌えそうになるまで聴き込んでください。

 

シュート
めんどくさいから、鼻歌で歌いながら音程取ろうっと。

 

だめーー!!

 

「聴き込む」のと「鼻歌で歌う」は一緒に取り組まないように。

まずは、正しい音程をしっかり聴き取る。

正しい音程を聞き取れていない状態で歌うと、ズレている音程が体に染み付きます。

 

シュート
スポーツで例えますね。

すでに固まっているフォームを修正するのって難しくないですか?

それと一緒で、ズレている音程が体に染み付くと、修正するのに苦労するんですよね。

だから、まずは「聴くこと」に力を入れましょう!

 

原曲を聴きながら、鼻歌で歌う/音程正解率を上げる練習方法③

 

スピーカーで原曲を流しっぱなしにして、鼻歌をするのが1番いいかも。

イヤホンをすると自分の声が聞こえずらくなりますしね…。

あと、お風呂に防水スピーカーを持ち込んで、聞きまくるのもかなり良い!!

本気でうまくなりたいなら、お風呂でも練習した方がいいですよ〜。

 

▼ 環境的にカラオケボックスとお風呂って似てるんで、練習場所には、もってこいなんです…!

 

ただ、全力で歌うと近所迷惑なので、話す感じで歌いましょうね( ˘ω˘ )

 

シュート
ボクは一度親に怒られました〜笑

 

お風呂に持ち込むスピーカーは、「防水スピーカー」が良いです。

前に防水じゃないスピーカーを持ち込んだら、ぶっこわれたんですよね〜。

 

原曲を聴きながら、声に出して歌う/音程正解率を上げる練習方法④

 

シュート
さて、ここまできたら実際に歌ってみましょうか。

 

まずは、歌いたい歌詞を準備してください。

 

シュート
ケータイで歌詞アプリをダウンロードすると便利かも。

 

歌詞の準備ができたら、歌っていきましょう。

 

シュート
おっと、一つだけ注意点。

 

一曲通して歌わないでください。

 

▼やり方は、以下のサイクルで取り組んでください。

f:id:koikesuitors:20170708112725p:plain

 

このサイクルを繰り返すことで曲のクオリティが段々と上がってきます。

最初から100%を目指すんじゃなくて、少しずつ「%」を上げていくイメージで。

次のステップはこちら。

 

アカペラで録音/音程正解率を上げる練習方法⑤

 

▼準備するものは以下。

  • 歌いたい曲の歌詞(ケータイアプリの歌詞でも可)
  • ボイスレコーダー(スマホのボイスレコーダーでオッケー)

 

▼やり方はすごく簡単で、1〜5を繰り返してください。

  1. 歌詞をみながら歌って、ボイスレコーダーで録音。
  2. 録音したものを聴く。
  3. 違和感のある部分を紙に書き出す。
  4. 書き出した部分を原曲で聴き直す。
  5. 原曲を聴きながら、書き出した部分を歌う。

 

上記のサイクルを高速で繰り返してください。

ポイントは、「区切って録音」することです。

一曲を通して録音するのではなく、一番で区切ったり・フレーズで区切ったりして、短く録音していくってこと。

このやり方は最速で音程正解率をあげられますよ。

 

音程正解率を上げる練習方法は…/音程正解率をあげる練習方法⑥

 

  1. 原曲をひたすら聴き込む
  2. 鼻歌で歌う
  3. 声に出して歌う
  4. アカペラで歌う。

 

基本的にはこの4ステップですね。

大切なのは、なんども繰り返すことです!!

 

一回だけじゃ音程正解率をあげることはできません。

なので、継続して取り組んでくださいね( ˘ω˘ )

 

Amazonで在庫切れのボイトレ本/音程正解率をあげる練習方法⑦

 

シュート
あなたは、悩んでいませんか?
  • ボイトレ教室はお金が高くて厳しい
  • 独学で練習したいけど、どうすればいいの?
  • 家で声を出せる環境じゃない
  • 毎日カラオケには行けない…

 

これらは、僕の大きな悩みでした。ボイトレ教室は高くて、月に何回も行けないし、カラオケで毎日練習したいけど費用が高すぎる。

できるなら独学でトレーニングしたい!!と思った僕は、たくさんのボイトレ本を買って読破。

 

▼ その中から必読の一冊を紹介。

  • 過去にAmazonで在庫切れの大ヒット
  • 15年以上も歌の講師をやってた方の実体験ノウハウ
  • 「普通」の練習方法じゃない
  • サイレントでボイトレ

 

 

この本には小手先のテクニックはありませんが、「歌うための体」にしてくれます。

歌もスポーツと一緒で毎日続けることが大切で、この本には毎日続けられる上達方法が書かれています。

 

シュート
以下の記事でボイトレの考え方が180度変わった理由を解説

 

3分で歌が下手な理由がわかった/音程正解率をあげる練習方法⑧

 

▼ 最強の改善方法は、「プロに発声を見てもらう」こと。

 

▼ ググればたくさんの練習方法が出てきます。

  • 腹式呼吸のコツを教えます!
  • カラオケで高得点をとるコツ
  • 音痴な人必見!歌がうまくなる方法

 

でも、ググって出てきた練習方法が、「あなたにとって」本当に正しいかもわかりません。

 

歌のプロにみてもらえば、すぐに正しい発声ができているか、わかりますよ。

実際、体験レッスンに行ったとき、ボクが腹式呼吸ができていないのをプロの講師は3分で見極めていました。

ボイトレは1人でもできますが、それが「正しい練習方法・発声なのか」はわかりませんよね。

 

▼ 詳しくはこちらの記事で。

歌が上達しない原因を100%見つける最強の改善方法

 

▼ 読まれている人気記事

スポンサーリンク

関連記事

ABOUTこの記事をかいた人

カラオケが大っ嫌いだった会社員。

カラオケが嫌いすぎて仮病を使ってドタキャンは日常茶飯事。

しかし、数々のボイトレを実践したことにより、今では精密採点で常時85点以上をキープ。

大っ嫌いだったカラオケが、今では大好きに。

ツイッターやってます!フォローしてください( ˘ω˘ )