音程正解率70%以下から80%以上まで上げる練習方法

スポンサーリンク

 

▼ この記事はこんな人におすすめ!

  • 音程正解率が70%以下
  • 音程正解率が70%台
  • 音痴だと自覚している
  • カラオケの点数をあげたい
  • 精密採点で高得点を出したい
  • 音程をあげる練習方法が知りたい

 

カラオケで音程が取れないのは、かなりの致命傷。

友達からは音痴キャラ扱いされますし、採点では高得点を出すのは難しいです。

音痴だった僕は、音程がガタガタで歌えば70点台を連発していました。

 

シュート
カラオケの採点は公開処刑でしたね

 

歌は僕のコンプレックスでしたが、今は違います。

音程正解率をあげる練習をコツコツ続けたことで、自分を変えられました。

 

▼ ずっと夢だった90点以上を出せるまでに成長。

 

カラオケの点数をあげるには、音程正解率がとても重要。

カラオケの採点基準を考えれば、音程をあげるだけである程度まで点数を伸ばすことは可能

僕の経験から音程をあげていけば、80点台後半は余裕でだせるようになるかと。

そこで、この記事では音程正解率を80%以上まであげる練習方法を解説し、深掘りしていきます。

 

▼ これらを深掘りしていきます

  • 正しい音感を身につける
  • 選曲はかなり重要
  • リズム感0は致命的
  • 正しい音をアウトプットする

 

音程正解率をあげるには、どれも重要なことばかりです。

重要性を理解できる人は良いですが、理解できない人はヤバイかもしれません。

 

 

スポンサーリンク

正しい音感を身につける/音程正解率をあげる練習方法

 

シュート
まずは正しい音感を身につけよう!

 

音程がとれない人は、基礎作りとして音感を鍛える練習をしてください。

音痴だった僕も取り組んでいましたが、スマホでダウンロードできる「ピアノのアプリ」がおすすめです。

 

▼ 僕が使っているのは、これですね。

 

音感の基礎を強化するために、ドレミファソラシドの音に触れてください

音感を鍛えるために、それぞれの音を覚えるのは有効な方法。

 

▼ やり方は、とても簡単です。

  • ドレミファソラシドを下から上に叩く
  • 叩いた音の高さに合わせて「ま〜」と発声

 

「ま」は喉が開きやすい単語なので、発声練習にはおすすめです。

音が高くなるにつれて、発声がつらくなる人は無理に発声はしないでください。

高い音にあわせて、喉を締めたり、力をいれて発声するのは、喉に負担がかかるのでやめましょう。

必ず発声できる声の範囲で、音感練習をしてください。

 

シュート
発声練習に力はいりません

 

 

難しい選曲はしない/音程正解率をあげる練習方法

 

シュート
選曲はかなり重要です

 

人によって出せる声域は違います。

高音がめちゃくちゃ出る人もいれば、低い声が全然出ない人もいますよね。

あなたの声域に合った選曲をするのは、音程正解率をあげるコツでもあります。

逆に、声域に合っていない曲を歌うと、音程が不安定になって点数はあがりません。

 

シュート
自分の声域は理解しないと痛い目にあいます

 

ボイトレを継続することで、高音は伸びますが限界はあります。

つまり、男100人いて全員がミスチルの「tomorrow never knows」やワンオクの「完全感覚ドリーマー」を原曲キー歌いこなすのは無理だと言うことです。

 

▼ 声域にあった選曲をしないと。

  • 無理やり高音を出そうとする
  • 舌に力が入りやすくなる
  • 呼吸が不安定になる
  • 喉が痛くなる
  • 声が枯れやすくなる

 

声域にあわない曲を歌っても悪いことばかり。

過去の僕も、自分の限界を超えたキーの高い曲を歌い込んでいました。

2〜3曲目で声が枯れて、喉が痛くなったり、苦しみながら歌ってましたね…。

 

シュート
僕みたいな経験をしたくない人は、選曲のポイントを押さえてください

 

▼ 僕がおすすめする選曲ポイントは。

  • 無理なく発声できている
  • 喉がしまる感覚がない
  • 息が苦しくならない
  • 高い声を張り上げて出していない

 

これら4つのポイントをおさえるだけでも、あなたに合った選曲ができます。

歌える曲が極端に少ない人は、ボイトレを継続練習して歌いこなせる曲を増やしていきましょう。

ボイトレで歌声を成長したい人は、僕の過去のボイトレ記事を見てください。

いきなり高額なボイトレ教室に通うよりかは、無料なのではるかにコスパが良いですよ。

 

 

リズム感を鍛える/音程正解率をあげる練習方法

 

シュート
リズム感がないと音程はズレます

 

  • 歌うタイミングがズレる
  • リズム感がないと自覚している
  • リズム感がないと言われた

 

リズムが取れないと、音程は不安定のまま

正しい発声をしていても、リズム感0では発声のタイミングがずれます

 

シュート
音程を安定させるためにリズム感は不可欠

 

僕自身、リズムキープができなかったので、音程を安定させるのに苦労しました…。

リズム感を鍛えるのに魔法はありませんが、コツコツと練習を続ければリズムをキープする力はつきます。

 

▼ 僕からおすすめのやり方

  1. リズムが取れない曲を聴く
  2. 一定のリズムを作っている音を見つける
  3. その音に合わせて手を叩く
  4. 慣れてきたら歌いながら叩く

 

リズムがとれない曲を聴きながら、体を使ってリズムを刻んでください

まずは、一定のリズムを作っている音を見つけましょう。

 

シュート
例えば「ドラムのキックの音」とか「ベースの音」とか

 

▼ 次は音に合わせて体でリズムを取りましょう。

  • 手を叩く
  • 手で太ももを叩く
  • 足でリズムをとる
  • 首を動かしてリズムをとる

 

最初は、歌わないで体でリズムをとることだけを意識してください。

慣れてきたら体でリズムを取りつつ、歌っていきましょう。

この練習をやってみて、どうしてもリズムがずれる人は、リズムが取れない人に3分でリズム感を鍛える超簡単な改善方法で、リズム感の基礎作りをやってください。

基礎ができていない状態で、実践的にリズムを取るのはおすすめしません。

 

シュート
リズムがずれているのに練習を続けるのは悪循環の原因になります

 

 

原曲を聴きながら歌う/音程正解率を上げる練習方法

 

▼ 音程があわない理由はさまざま。

  • そもそも正しい音感がない
  • 原曲を聴き込んでいない
  • 音程がずれている部分を知らない
  • 発声方法に問題あり

 

シュート
正しい音がわからないんじゃ音程はガタガタになるわ…

 

まずはひたすら原曲を聴くことに力を入れてください。

原曲を数回だけ聴いて歌う人がいますが、音痴キャラになるのでやめましょう。

原曲を聴き込んだら、繰り返し歌うだけ」です。

 

▼ 具体的な手順を説明していきます。

  1. 原曲を繰り返し聴き込む
  2. 原曲を聴きながら鼻歌(ハミング)
  3. 声に出して歌う

 

シュート
それぞれ順番に説明していきます

 

 

原曲を繰り返し聴き込む/音程正解率を上げる練習方法

 

シュート
原曲を聴きこまないで歌うのは無理

 

原曲を数回だけ聴いて歌う人がたまにいますが、やめましょう。

過去の僕も数回だけ聴いて、歌っていたんですが、音程がガタガタで悲惨でした…。

 

シュート
少し原曲を聴いただけで完璧に歌えたら天才…

 

歌詞を覚えるまで「歌うな!」とは言いません。

ただ鼻歌で歌えるレベルまでは、体に染み込ませるべきだと思っています。

鼻歌で歌えるということは、そこそこ音程が取れている段階なので、カラオケでの練習を開始しましょう。

 

▼ 僕がおすすめする練習メニュー

  1. とにかく原曲を聴き込む
  2. 鼻歌で歌えるようにする
  3. 音程が取りづらい部分を集中的に鼻歌
  4. 感覚的に8割ほど鼻歌で歌えればおっけー
  5. カラオケで実際に歌う

 

この練習を繰り返しやるだけで、音程正解率は少しづつあがっていきます。

鼻歌は、どこでも手軽にできるので、隙間時間を使ってどんどんやりましょう。

 

シュート
お風呂、寝る前、掃除しながら…などなど

 

ちょっとした時間でも音程を改善する練習時間になります。

スキマ時間にコツコツ練習を積み重ねるのは、めちゃくちゃ大事ですね。

 

 

原曲を聴きながらハミング(鼻歌)/音程正解率を上げる練習方法

 

シュート
ハミング(鼻歌)は音程をとる練習に最適!

 

原曲を聴きながらハミングをするだけでも、音程をとる練習になります。

ハミングは、「どこでもできる」ので練習を継続しやすいのが良い点。

過去の僕は、部屋の掃除をしながらハミングをしていましたが、効率的かつ効果的な練習方法だと感じています。

 

シュート
どこでも「〜しながら」できるのがハミングの魅力!

 

ハミングで裏声を出す「裏声ハミング」も高音を出す練習としておすすめ。

ミックスボイスの基礎づくり高音を出しやすくする鼻腔共鳴(声で鼻を振動させる)の練習にもなります。

 

▼ ハミングと裏声ハミングの特徴

  • 手軽にできて家でも練習が可能
  • 高音域が鍛えられる
  • ミックスボイスの練習になる
  • 声の柔軟性があがる
  • とにかくメリットをあげたらキリがない

 

正直、この練習を知らなかったら、僕は音痴のままだったかもしていません。

ハミングと裏声ハミングには、いくつかの注意点やポイントがあります。

誰でもできるハミングと裏声ハミングの効果的なやり方で、具体的に書いています。

効果的な練習方法も合わせて、一読してみてください。

 

 

原曲を聴きながら声に出して歌う/音程正解率を上げる練習方法

 

それでは、歌いたい曲を実際に歌っていきましょう。

 

シュート
最初から完璧を目指さないのが大切!

 

練習を継続できない人は、最初から音程を完璧に取ろうとする人。

完璧を目指すのは良いことですが、遠い道のりなので挫折しやすいです…。

過去の僕は、100%音程を取ることを目指していましたが、すぐに挫折。

当たり前ですが、挫折しては練習が続かないので、上達はしません。

 

シュート
最初は80%を目指しましょう

 

コツとしては、曲を分割して音程を上げていくことです。

分割のやり方は人それぞれですが、基本は曲の1番、2番で区切ると良いでしょう。

 

▼ それぞれ、完成度を80%をめざしましょう。

f:id:koikesuitors:20170708112725p:plain

 

曲を分割すると、繰り返す回数が増えるので効率的かつ、集中的に音程をあげられます。

音程が不安定なところを潰すようにしていけば、必ず音程は上がっていきます。

 

シュート
練習を継続して少しづつ音程をあげましょう

 

 

アカペラで録音/音程正解率を上げる練習方法

 

▼やり方はすごく簡単で、1〜5を繰り返してください。

  1. 歌声をボイスレコーダーで録音
  2. 録音したものを聴く
  3. 違和感を感じたところを紙に書き出す
  4. 書き出したところを原曲で聴き直す
  5. 原曲を聴きながら鼻歌

 

違和感を感じたところを紙に書き出すのは、苦手な部分をまとめることができるのでおすすめ。

苦手なところだけを集中的に聴き直すのが良いですが、あなたに合ったやり方でもかまいません。

 

シュート
僕は上記の方法で音程正解率をあげていきました

 

 

Amazonで在庫切れのボイトレ本/音程正解率をあげる練習方法

 

DAMの精密採点で70点台だった僕は、この本に出会ったことで爆速に成長。

音程正解率85%を楽々キープ、点数では常に85点以上を出せるようになりました。

 

シュート
半年後には90点以上も難なく出せるようになったよ

 

▼ あなたに必読の一冊を紹介。

  • 過去にAmazonで在庫切れの大ヒット
  • 15年以上も歌の講師をやってた方の実体験ノウハウ
  • 「普通」の練習方法じゃない
  • サイレントでボイトレ

 

 

▼ この本を読んだ人のレビュー(アマゾンレビューより引用)

本に載っているトレーニングを数分しただけで、声が良くなりました。即効性があります。
人体力学的な理にかなったトレーニングだと思います。普通の筋トレとかとは違います。
まず、ボイトレの本買うならこれだと思います。

 

とにかく読むよりも内容を試してみればわかります。私の場合は評価の星は5で収まりきらないです。

 

息が続かない人は104Pもオススメです。これも即効性あり。息が続かなかった曲を克服することが出来ました。104Pだけでも1000円以上の価値があると思います。

 

シュート
こんな人におすすめ!!
  • カラオケの点数を爆上げしたい人
  • 家でも効果的なボイトレをやりたい
  • ボイトレを毎日継続させたい
  • 家で声が出せなくて苦しんでる人
  • ボイトレが続かない人

 

 

 

▼ 読まれている人気記事

スポンサーリンク

関連記事

ABOUTこの記事をかいた人

音痴、リズム感0、高い声が出なかった会社員。

カラオケが嫌いすぎて仮病を使ってドタキャンは日常茶飯事。

しかし、数々のボイトレを実践したことにより、今では精密採点で常時85点以上をキープ。

音痴を克服し誰からも「うまい」と言われるように。

大っ嫌いだった歌は、今では大好きになりました。

ツイッターやってます!フォローしてください( ˘ω˘ )