つまらない大学生活を変えたいならサプライズをしてみるといいよ。

スポンサーリンク

 

▼あなたはこんな大学生活を送っていませんか?

  • 飲み会、遊び、サークルでやりがいを感じない
  • 大学の講義がつまらなくて、学ぶ気になれない
  • 高校時代とのギャップを感じていて楽しめない

 

大学生活がつまらない大学生は、友達を喜ばせることに全力を尽くしてみるのもいいかもしれません。

ぼくは、上記の3つに当てはまる大学生でした。

サークルもやってませんし、元々行きたかった大学じゃないので学ぶ気もゼロ。

それに比べて、高校時代は野球部に所属していて、反省・学びの毎日。

苦しい時も多々ありましたが、とても充実していました。

つまらない大学生活を送っていたぼくですが、たったひとつだけ頑張ってきたことがあります。

それが、友達を喜ばせること。

友達を喜ばせることにおいて、誰よりも一生懸命に取り組んできたぼくだからこそ、オススメします。

大学生活がつまらない大学生は「友達を喜ばせること」に全力を尽くしましょう。

スポンサーリンク

忙しい日々を送っていると忘れがちな大切なこと

この間、ちょっと早い大掃除をやりました。(年末の予定がパンパンのため)

「大学生活もあと3ヶ月ちょいでおわりかぁ~」

「なんも頑張らなかった4年間だったなぁ」

と思いながら、掃除をしていたんですが、あるモノが出てきました。

f:id:koikesuitors:20161215150017j:image

これは、友達が僕にくれた誕生日プレゼント。

この愛のつまったプレゼントを見て、気づいたんですよね。

ぼくが大学生活で頑張ってきたのは、友達を喜ばせることだ!!って。

今まで友達にサプライズを行ってきた感謝のお礼として、友達はこれらのプレゼントを僕にくれたんじゃないかなぁって思うわけです。

ぼくは友達の喜んでいる顔が好き

ぼくはもともとサプライズが好きでした(・ω・)ノ

  • いつもお世話になっている人に、手紙を渡したり
  • 大切な人にはサプライズを2回やったり
  • 友達の誕生日には20人近くの人を集め、サプライズパーティーをしたり

よし!!つまらない大学生活を変えるために、サプライズに取り組もう!!

って感じで取り組んできたわけじゃないんですよね。

ただ人が喜んでいる顔を見るのが好きなんです。

喜んでいる人の数だけ、ぼくの幸福度はどんどん増していくんですよね~。

だから、もっと多くの人に喜んでもらいたいと思うし、喜んでもらえそうなことをやり続けてきました。

おそらく、人が喜んでいる顔を見たくない人は、いないんじゃないかなぁって思うんです。

喜んでもらえそうなことを友達にどんどんして、喜んでもらう。

それだけで、自分の幸福感につながると思うんです。

シンプルに友達を喜ばせてみよう

ただ、注意したいのが自分でハードルを上げすぎないこと。

サプライズが苦手だったら、べつにやらなくてもいいと思っています。

友達が喜ぶことだったら、なんでもいいと思うんです。

  • 金欠の友達がいたら、ジュースをおごる
  • サプライズをしなくても、ディナーをごちそうする
  • ちょっとした誕生日プレゼントを渡す

喜ばせようとした行動は、絶対相手に伝わります。

そして、その行動はなんらかのかたちで自分に返ってきます。

その積み重ねが大きいほど、あなたの幸福感は増して、つまらない大学生活から楽しい大学生活、幸せな大学生活に変わるでしょう。

では、この辺で。

ドロン。

誕生日サプライズってわくわくして楽しいよね!

サプライズはみんなを幸せにするよなぁ。

 

 

 

スポンサーリンク

関連記事

ABOUTこの記事をかいた人

カラオケが大っ嫌いだった会社員。

カラオケが嫌いすぎて仮病を使ってドタキャンは日常茶飯事。

しかし、数々のボイトレを実践したことにより、今では精密採点で常時85点以上をキープ。

大っ嫌いだったカラオケが、今では大好きに。

ツイッターやってます!フォローしてください( ˘ω˘ )