腹式呼吸ができない人に誰でもできるコツを教えます

スポンサーリンク

 

▼ この記事を読むべき人

  • 歌うと息が苦しくなる人
  • カラオケで声が小さい人
  • 力を入れて歌っている人
  • 楽に発声したい人

 

腹式呼吸ができるようになれば、呼吸が楽になり、リラックスして大きな声が出るようになります。

腹式呼吸ができなかった僕は、呼吸が不安定で、いつも喉を締めながら発声していました。

 

シュート
高音は声が細くなって小さかったなぁ〜〜

 

腹式呼吸ができるようになるだけで、良いことが盛りだくさんなんです。

 

▼ 腹式呼吸のメリット

  • たくさん息を吸える
  • 声が通るようになる
  • 大きな声が出せるようになる
  • 無駄な力で歌わなくなる
  • 喉だけで歌わなくなる

 

腹式呼吸の練習を継続した僕は、安定した呼吸ができるようになり、力を入れて発声するのは間違いだと身をもって痛感。

力を入れて歌わなくなったことで、高音は「脱力した状態」で出せるようになりました。

 

シュート
僕がおすすめする腹式呼吸の方法を教えます!

 

スポンサーリンク

腹式呼吸の息の吸い方/腹式呼吸ができない人にコツ

 

シュート
まずは息を吸ってお腹を膨らませる!

 

ここで意識して欲しいのは、口だけでなく鼻でも息を吸うこと。

口だけで息を吸うと、喉が乾燥しやすくなります。

喉が乾燥すると、声が枯れて、高音が出なくなりますし、継続して歌えなくなります。

 

シュート
長い時間、歌い続けるためにも喉の潤いを保つべし!

 

鼻で息を吸う癖を身につけるためにも、何回も繰り返して体に覚えさせてください

頭で考えて、やっているうちはまだまだです。

無意識でも自然に鼻で呼吸するようになったら合格です。

 

シュート
実際に歌うときは、鼻と口の両方で呼吸!

 

テンポの速い曲だと、息を吸うスピードが追いつきません。

そうなると、呼吸が不安定になるので、悪循環に落ちます。

 

シュート
歌っているときは、鼻と口の両方で呼吸!

 

腹式呼吸の息の吐き方/腹式呼吸ができない人にコツ

 

シュート
口から息を吐いてお腹をヘコませる

 

息を吐くときのポイントは、限界まで息を吐き切ってください。

息を吐くのが苦しくなってくると、腹筋に力が入ってきます。

 

シュート
「もう息を吐けない!」と思ったらお腹の力を抜く!

 

お腹力を抜くだけで、息が勝手に入ってきます。これが理想。

呼吸が安定しない人や正しい発声ができていない人は、息を吸う意識が強すぎる可能性があります。

 

▼ 息を吸う意識が強いと。

  • 息を吸いすぎて息を吐ききれない
  • 呼吸が不安定になる
  • 無駄な力が入って悪い発声になる
  • 適切な量の息を吸えない

 

過去の僕も、高音を出すために息をたくさん吸おうと意識していました。

でも、息をたくさん吸っても高音は出ませんでした。

それどころか、呼吸が苦しくなるし、喉を絞めて発声するようになってしまいました。

 

シュート
呼吸が不安定だと無駄な力が入りやすい…

 

だからこそ、息は一定に吐いて、一定の量を吸う必要があります。

一定の呼吸をするだけでも、無駄な力が入らなくなりますし、発声も安定します。

そこで息を吐くときのワンポイントアドバイス!

 

シュート
「すー」と音を立てて息を吐くと、一定に息を吐けます!

 

吐く息を一定にするだけでも、呼吸の安定に繋がるよ!

 

腹式呼吸の鍛え方/腹式呼吸ができない人にコツ

 

シュート
タイマーを使って吐ける秒数を計測!

 

息を限界まで吐くときに、何秒まで吐けるか計測しましょう。

これはゲームみたいなもので、ロングトーンの強化練習にもなります。

 

シュート
ロングトーンが苦手な人はやるべき!

 

また限界まで息を吐けない人は、この練習を繰り返して、限界まで息を吐く癖をつけてください。

1日5分やるだけでも、効果があるので取り組んでみてください。

 

歌に合わせて腹式呼吸/腹式呼吸ができない人にコツ

 

歌の練習は、つまらないものばかりです。

僕は今までつまらない練習をたくさんやりましたが、どれも続きませんでした。

長く続けられてる練習は、達成感があり、楽しいものだけ。

 

シュート
練習を継続できなければ、歌下手のまま

 

腹式呼吸の練習も楽しくやるのが一番です。

 

シュート
好きな曲に合わせて「すー」と息を吐こう!

 

やり方は、簡単で好きな曲に合わせて「すー」と息を吐くだけ。

最初は声を出さないで、慣れてきたら声を出しながら取り組んでください。

これだけで、腹式呼吸と音程をとる練習になり、とても効率がいいんです。

 

シュート
カラオケのウォーミングアップにもおすすめ〜〜

 

▼ 動画でも腹式呼吸を解説!

 

 

息を一定に吐く練習!/腹式呼吸ができない人にコツ

 

▼ 息を一定に吐けるようになった僕は。

  • 楽に歌える感覚がわかった
  • 苦しんで高音を出すのは間違い
  • 力で声を持続させるのはダメ
  • ロングトーンがかなり伸びた

 

息を一定に吐けるだけで、呼吸が安定して、リラックスしながら発声できるようになります。

息をするのが苦しい人は、息を一定に吐くようにすれば改善されるかもしれません。

 

シュート
たくさん息を吸っていた僕は間違いだった

 

過去の僕は、たくさん息を吸って高音を出そうとしていました。

でも、高音を出すどころか、呼吸が不安定になり、歌うのが苦しくなりました。

必要以上に息をたくさん吸うと、息が吐ききれない状態になります。

 

シュート
適切な量の息を吸うのが一番!

 

適度な量の息を吸って、呼吸を一定に保つようにしましょう。

適度に息を吸う練習として、「ストロー」を使うと良いです。

 

▼ ストローを使う練習で…。

  • 一定に息を吐く感覚がわかる
  • 呼吸が楽になる
  • 必要以上に息を吸うのはダメ
  • 息を吐きながら歌えるようになる
  • 発声に無駄な力みがなくなる

 

▼ 詳しいやり方は以下の記事で!

 

▼ 読まれている人気記事

ミックスボイスの練習をわかりやすく3分で説明

腹式呼吸ができない人に超絶簡単な練習方法

高音を出すと苦しい人に喉が開く練習方法

スポンサーリンク

関連記事

ABOUTこの記事をかいた人

音痴、リズム感0、高い声が出なかった会社員。

カラオケが嫌いすぎて仮病を使ってドタキャンは日常茶飯事。

しかし、数々のボイトレを実践したことにより、今では精密採点で常時85点以上をキープ。

音痴を克服し誰からも「うまい」と言われるように。

大っ嫌いだった歌は、今では大好きになりました。

ツイッターやってます!フォローしてください( ˘ω˘ )