地声が低い人に地声を高くする1つの練習方法

スポンサーリンク

 

▼ この記事を読むべき人

  • 地声の高さを100%発揮させたい人
  • 安定した地声を手に入れたい人
  • 音域を広げたい人
  • 喉をはりあげて高音を出している人

 

地声をはりあげて高音を出している人は、まだまだ地声の音域を広げられる可能性があります

地声の音域を広げることで、ミックスボイス(地声と裏声が混ざった声)を出そうとしなくても、そこそこの高音は出ます

 

シュート
ミックスボイスは安定した地声で成り立ちます!

 

高い声が出なかった僕も、ミックスボイスを身につけて音域を広げようとしていました。

でも、無駄な力が入って、喉を絞めたり呼吸が不安定になったりで、悪循環に落ちました。

ミックスボイスを出すどころか、最悪な発声になっていきましたね…。

 

シュート
地声が不安定だとミックスボイスは難しい…

 

では、地声の力を100%発揮して、音域を広げる方法を解説していきます!

 

スポンサーリンク

地声を高くする方法/地声が低い人に練習方法

 

▼ 簡単な手順は以下。

  1. 地声で高音を出す
  2. 張り上げてしまうところを確認する
  3. 張り上げたら地声を息っぽくしていく
  4. 少しづつ鼻に声を響かせるようにしていく

 

シュート
まずは地声で今出せる高音をだしましょう!

 

地声で高音を出していくと、声をはりあげてしまうポイントがありますが、そこを体で覚えてください。

おそらく、声をはりあげているとき、発声に力が入って、喉が締まっているはずです。

 

シュート
発声に力が入っていると高音は出ません

 

発声の力を抜いて、上半身を脱力させることで、高音は出るようになります。

 

地声に息を混ぜていく/地声が低い人に練習方法

 

地声を張り上げてしまうところで、少しづつ地声の力を抜いてください

力を抜いていくと、息が混ざった地声になります。

 

シュート
かすれた地声になるよ!

 

うまくできない人は、まず息だけを吐いて、少しづつ地声を混ぜていくやり方も試してみましょう。

地声と息が、5対5になるように調節してみてください。

 

シュート
地声の力を抜いて、高音を出しやすい状態に!

 

地声で鼻を響かせる/地声が低い人に練習方法

 

地声に息を混ぜられるようになったら、地声で鼻を響かせましょう

 

シュート
鼻の空間を利用するために、鼻を響かせます!

 

鼻の空間を使うことで、地声でもかなりの高音をだせるようになります。

コツは、声を鼻に集める感覚で発声していくと、鼻が響きます。

 

シュート
ハミングで鼻に声を集めるとわかりやすい…!

※ハミングとは鼻歌

 

▼ この練習を繰り返せば、地声でも高音がでるようになります

  1. 地声の力を抜いて息を混ぜていく(もしくは息を吐いて地声を混ぜていく)
  2. 声を鼻に集めて鼻を響かせえる(もしくはハミングで声を鼻に集める)

 

シュート
動画でも地声を高くする方法を解説!

 

シュート
ハミング・裏声ハミングで音域を広げる方法も紹介!

 

音域を広げたい人へ/地声が低い人に練習方法

 

▼ ハミングと裏声ハミングの特徴

  • 手軽にできて家でも練習が可能
  • 高音域が鍛えられる
  • ミックスボイスの練習になる
  • 声の柔軟性があがる
  • とにかくメリットをあげたらキリがない

※ハミングは鼻歌、裏声ハミングは裏声で鼻歌

 

ハミングは、喉声だと綺麗な声が出ないので、正しい発声ができているかの確認になります。

また、鼻から息を吸って鼻から息を吐くので、腹式呼吸の感覚がつかみやすいんですよね〜〜。

腹式呼吸ができなかった僕は、家で繰り返しハミングをやってました。

 

シュート
ハミングは、腹式呼吸を身につけたい人にもおすすめ!

 

裏声ハミングは、ミックスボイスの練習にもなります。

とくに、「裏声ハミング→ハミング」の切り替えを繰り返しやると、音域も広がりますし、声の柔軟性もあがります。

 

▼ 詳しいやり方、効果的な練習メニューは以下で!

 

 

▼ 読まれている人気記事

ミックスボイスの練習をわかりやすく3分で説明

腹式呼吸ができない人に誰でもできるコツを教えます

高音を出すと苦しい人に喉が開く練習方法

スポンサーリンク

関連記事

ABOUTこの記事をかいた人

音痴、リズム感0、高い声が出なかった会社員。

カラオケが嫌いすぎて仮病を使ってドタキャンは日常茶飯事。

しかし、数々のボイトレを実践したことにより、今では精密採点で常時85点以上をキープ。

音痴を克服し誰からも「うまい」と言われるように。

大っ嫌いだった歌は、今では大好きになりました。

ツイッターやってます!フォローしてください( ˘ω˘ )