声量が小さい原因と声量を爆発的にあげる一つの方法

スポンサーリンク

 

▼ この記事はこんな人におすすめ!

  • 声量が小さくて悩んでいる人
  • 声量をあげる方法を知りたい人
  • カラオケで大きな声を出したい人
  • もう声量で悩みたくない人

 

声量が小さい人は、損をしているかもしれません。

音程が取れていて、リズムも完璧なのに声量が小さいだけで、「歌うま」にはなれないからです。

 

シュート
声が届かなければあなたの歌は評価されないよ…

 

僕自身、声が小さかったので友達から「マイクのボリュームあげたら?」とたまに言われていました。

つまり「お前の声小さいよ」と言われているのと同じわけですよ。

当時は悔しくて、精一杯声を出していましたが、今思えば逆効果だったなぁ…と思っています。

 

シュート
精一杯声を出そうとする必要はない

 

声量をあげたいなら腹式呼吸を身につければ、あなたの悩みは解決。

シンプルに「息の吸い方」「息の吐き方」のコツをつかむのが重要です。

この記事では、そのコツを具体的に解説していきます。

 

▼ 腹式呼吸にはメリットがたくさん

  • たくさん息を吸える
  • 声が遠くまで通る
  • 声量があがる
  • 喉だけで歌わなくなる

 

▼ 悔しい思いをしていた僕ですが、今ではDAMで90点を出せるようになりました。

 

小手先のテクニックで声量はごまかせません。

正しい練習を継続して、少しづつ声量をあげる努力をしましょう。

 

シュート
腹式呼吸を身につけて声量をあげよう!

 

 

スポンサーリンク

お腹に息をためる感覚をつかむ/声量が小さい人にあげる方法

 

シュート
まずはお腹に息をためる感覚を知ろう!

 

簡単に言えば、腹式呼吸とはお腹に空気をためて声を出すこと。

お腹に空気をためられるようになれば、たくさんのメリットがあります。

 

▼ 歌にとって腹式呼吸は欠かせません。

  • 深く息が吸える
  • ロングトーンがしやすい
  • 声量があがる
  • 響く声を出せる

 

だからこそ、お腹に息をためられない人はディメリットばかりなんです。

腹式呼吸ができなかった僕は、浅い呼吸のせいで声量が小さく苦しみながら歌っていました。

僕みたいに遠回りして欲しくないので、早い段階で腹式呼吸を身につけて欲しいんです。

 

▼ お腹に空気をためる手順は以下。

  1. 口を閉じて鼻から息を吸う
  2. 口から息を吐く

 

シュート
鼻から息を吸うと腹式呼吸がやりやすいです

 

手順はこれだけですが、注意点とポイントがあります。

まず、息を吸うときはお腹をふくらませるように吸ってください。

これができない人は、息を吸うときに肩が上下したり胸が開いてしまう人が多いです。

これだと肩や胸を使った胸式呼吸になりやすいんですよね…。

 

シュート
歌に胸式呼吸は向きません

 

胸式呼吸は肺を横に広げて、息を吸うので息が浅くなりがちです。

吸う息が浅くなれば、吸う息の量も少なくなるので不安定な呼吸につながります。

 

▼ 歌に胸式呼吸は不向きです。

  • 吸う息が浅い
  • 長く息を吐けない
  • 喉だけで歌いがち
  • 声量が出にくい

 

胸式呼吸は引退して、早く腹式呼吸を身につけた方が良いですよ。

 

シュート
次は腹式呼吸ができているかをチェックする方法!

 

 

腹式呼吸のチェック方法/声量が小さい人があげる方法

 

▼ 順番通りやればチェックできます。

  1. 鏡の前に立つ
  2. 鼻から息を吸う
  3. 肩は上がっていないか?
  4. 胸は開いていないか?

 

肩が上がったり、胸が開いている人は、胸式呼吸になっているかもしれません。

逆に「肩が動かない」「胸が開かない」「息を吸うとお腹がふくらむ」なら腹式呼吸ができていると思います。

 

シュート
それでも腹式呼吸ができているか不安…

 

そんなあなたは、仰向けに寝て呼吸をしてみてください。

仰向けになって鼻から呼吸をすると、お腹が膨らむのがわかるかと思います。

手をお腹の上に置くと、上下にお腹が動いているのがわかりやすいです。

 

シュート
腹式呼吸の感覚がわからない人は、寝て呼吸をしてみよう!

 

 

お腹に息をためてハミング/声量が小さい人にあげる方法

 

シュート
ハミングとは鼻歌のことです

 

腹式呼吸でハミングをすれば、効果抜群の練習方法になります。

ハミングは、音程をあげたい人音域を広げたい人におすすめ。

音程が不安定で声域が狭かった僕は、毎日10分ほどハミングを続けていました。

 

シュート
ハミングは、どこでもできるので練習を継続しやすい!

 

▼ ハミングのやり方を簡単に説明。

  1. 口をとじる
  2. 鼻から息を吸う
  3. お腹がふくらむのを感じる
  4. 鼻歌で歌う

 

ハミングで歌うときは、「好きな歌」「練習したい曲」で取り組むのが良いでしょう。

楽しくできて、地味な練習も継続しやすいです。

ボイトレは継続しないと効果も出ませんし、無意味になりますからね…。

 

シュート
高い音域を鍛えたいなら裏声ハミングもおすすめ!

 

裏声ハミングは、鼻歌で裏声を出すことです。

高い声が出ない人は、裏声ハミングをやることで、地声でもある程度の高音がでるようになります。

裏声ハミングの効果的な練習は、誰でもできるハミングと裏声ハミングの効果的なやり方で詳しく紹介しています。

 

▼ 裏声ハミングの特徴は以下。

  • 手軽にできて家でも練習が可能
  • 高音域が鍛えられる
  • ミックスボイスの練習になる
  • 声の柔軟性があがる
  • とにかくメリットをあげたらキリがない

 

▼ 高音に自信がある人は見ないでください。

 

 

声が小さい具体的な原因が知りたい人へ/声量が小さい人にあげる方法

 

シュート
声が小さい人は損をしている

 

▼ 声が小さい原因は、人それぞれです。

  • 舌に余分な力が入っている
  • 喉に頼った発声方法になっている
  • 力で声を無理やり出している
  • 声量をあげる改善方法を知らない

 

この記事の最初にも言ったとおり、あなたの歌声は聴いている人に届かなければ評価されません。

評価されなければ「歌うま」にはなれませんし、最悪「音痴キャラ」になる可能性もあります。

それを防ぐためにもカラオケで声がでない原因と対策方法をまとめてみたでは、「声が出ないあらゆる原因」について対策方法を解説しています。

 

▼ 内容は以下です。〇〇の部分は見てからのお楽しみで。

  • 〇〇発声で舌を柔軟にする
  • 2本の〇〇で正しい発声をする
  • 万能のクスリである〇〇
  • 声量をあげる腹式呼吸

 

▼ 声量に自信がある人は見ないでくださいね。

 

 

▼ 読まれている人気記事

カラオケで90点以上の僕が歌が上達する方法をまとめてみた

歌がド下手な人は知らない音痴な理由と改善練習

DAMで90点を出す僕が高い声が出ない人に改善方法をまとめてみた

スポンサーリンク

関連記事

ABOUTこの記事をかいた人

音痴、リズム感0、高い声が出なかった会社員。

カラオケが嫌いすぎて仮病を使ってドタキャンは日常茶飯事。

しかし、数々のボイトレを実践したことにより、今では精密採点で常時85点以上をキープ。

音痴を克服し誰からも「うまい」と言われるように。

大っ嫌いだった歌は、今では大好きになりました。

ツイッターやってます!フォローしてください( ˘ω˘ )