気持ちよく歌いたい人に息をコントロールする練習方法

スポンサーリンク

 

▼ この記事はこんな人におすすめ!

  • 呼吸がくるしい
  • 発声が不安定
  • 息が続かない
  • ロングトーンは声が震える
  • 息を一定に吐けない

 

シュート
結論、息の吐く量、吸う量を適切にすれば解決します

 

息を吐きすぎていた僕は、Aメロで息切れを起こしていました。

サビでは発声が苦しくなり、喉を締めて高い声や声量をあげていました。

一曲を歌い切るのに一生懸命で、苦しみながら歌っていましたね…。

 

シュート
解決方法を紹介します

 

その対策として、ストローと綿棒を使った練習を実践。

結果、発声が安定し音程正解率は常に85%以上を維持

精密採点では、70点台の常連でしたが、85点以上を出せるようになりました。

 

▼ 今では、90点も出せるまでに成長。

 

もちろん、この練習だけで成長したわけではありません。

が、控えめに言っても僕に大きな影響をあたえてくれました。

 

シュート
息のコントールは発声の命と言っても過言ではありません

 

では、僕が取り組んでいたストローと綿棒の練習を解説。

 

 

スポンサーリンク

ストローと綿棒で息のコントロール/気持ちよく歌う方法

 

シュート
まずはストローと綿棒を用意してください

 

シュート
①から順番に取り組んでいきましょう

 

  1. 綿棒をストローの先端に挿す
  2. 口にくわえる
  3. お腹を膨らませながら息を吸う
  4. 綿棒が飛び出ないように息を吐く

 

シュート
①綿棒をストローの先端に挿す
f:id:koikesuitors:20170301140839p:image

 

シュート
②口にくわえる
f:id:koikesuitors:20170301140923p:image

 

シュート
③お腹を膨らませながら息を吸う(腹式呼吸)
f:id:koikesuitors:20170301141537j:image

 

シュート
④綿棒が飛び出ないように息を吐く
f:id:koikesuitors:20170301141606p:image

 

▼ この練習のコツは。

  • 息を少しづつ吐く
  • 息を吸いすぎない
  • 腹式呼吸を意識する

 

息をコントロールする力を身につけたいなら、この練習が一番効果がありますよ。

継続的に練習することで、適切な呼吸の量を知ることができます。

 

シュート
この練習を1週間続けるだけで、呼吸の安定は約束できますね〜〜

 

▼ この練習で感じた効果。

  • 息が続くようになった
  • 安定した呼吸ができる
  • 喉に無駄な力が入らなくなった
  • 苦しみながら歌うのは間違い

 

シュート
歌の上達には息のコントロールは絶対に欠かせません

 

次は、効果的な練習方法を紹介していきます。

 

 

高い声・低い声・裏声を出す/気持ちよく歌う方法

 

シュート
高い声・低い声・裏声を出しながら息を吐く

 

様々な声を出しながら息を吐くことで、実践練習にもなって一石二鳥!

 

  • 発声と息のコントロールの両立
  • 高い声を出しても一定の息を維持
  • 色々な状態での息のコントロール

 

難易度はかなり高いですが、効果絶大の練習なのでおすすめ。

 

シュート
毎日、5分やるだけでも上達のスピードが変わってくるよ

 

 

歌いたい曲を聴きながらやる/気持ちよく歌う方法

 

シュート
この練習方法は楽しみながらできるので、おすすめ!

 

ただ声を出して練習するのは、つまらないですよね。

つまらないと練習は継続できませんし、結果的に歌は上達しません。

その対策として、僕がやっていたのが歌いたい曲を聴きながら息をコントロール。

 

シュート
楽しいから継続できるし、音程を取る練習にもなるよ

 

▼ うまくできなかったら…。

  • 一曲歌わなくていい
  • ハミングも混ぜながら発声
  • たまに息を吐いて綿棒を動かす

 

この練習で、一曲歌い切るのはハードルが高いです。

僕がやっていたのは、「綿棒を動かしながら半分ハミングをしながら半分」で、一曲を歌い切っていました。

 

シュート
音程を取る練習にもなるし飽きない!

 

 

真似するだけで効果絶大のボイトレ本/気持ちよく歌う方法

 

僕は、この本に書かれている練習方法を継続したことで、カラオケの精密採点で70点台から90点を出せるまでに成長しました。

 

シュート
半年で20点UPしたのは、自分でもびっくり。

 

小学生でもできる練習を毎日15分続けただけで、90点を出せるようになったのは今でも信じられません。

 

▼ あなたに必読の一冊を紹介。

  • 5秒で効果を実感できる練習方法
  • 小学生でもできる簡単なボイトレ
  • 真似するだけで歌がうまくなる
  • テレビや雑誌など、多数のメディアで取り上げられた

 

 

この本では、詳しい理論は書かれていませんが、効果を感じられる58の目的別テクニックが紹介されています。

愛読している僕から言わせてもらうと、「真似するだけ」で爆速で上手くなります。

書かれている練習内容はどれも簡単で、かなり継続しやすい…!

 

シュート
こんな人は読むべき!
  • 理論ばかりのボイトレ本に疲れた人
  • 簡単なボイトレで効果を実感したい人
  • ボイトレを毎日継続させたい人
  • 独学で歌を上達させたい人
  • 僕のように精密採点で70点から90点までアップさせたい人

 

 

▼ 読まれている人気記事

カラオケで声が不安定なあなたに3つの練習方法

カラオケで歌うと喉がつぶれる人に4つの改善方法

リップロールができない人に効果的なやり方

スポンサーリンク

関連記事

ABOUTこの記事をかいた人

音痴、リズム感0、高い声が出なかった会社員。

カラオケが嫌いすぎて仮病を使ってドタキャンは日常茶飯事。

しかし、数々のボイトレを実践したことにより、今では精密採点で常時85点以上をキープ。

音痴を克服し誰からも「うまい」と言われるように。

大っ嫌いだった歌は、今では大好きになりました。

ツイッターやってます!フォローしてください( ˘ω˘ )