リズムが取れない人に3分でリズム感を鍛える超簡単な改善方法

スポンサーリンク

 

▼ この記事を読むべき人

  • 歌っているとリズムがずれていく
  • 歌のテンポから外れている人
  • 一定の音がわからない人
  • リズムを一定に維持できない人

 

いくら音が取れていて、正しい発声をしても、リズムがズレているだけで「歌うま」にはなれません。

聴いている人からすれば、リズムがズレている人の歌声はひどいと感じるでしょう。

過去の僕も、感情を込めて歌うのに必死で、リズムがぐちゃぐちゃでした。

 

シュート
友達は苦笑するし、精密採点ではリズムの評価が最悪でした…

 

▼ 苦笑される僕を変えたのは、簡単な練習の積み重ねだけです。

 

 

僕の経験上、リズム感をあげたいなら、簡単な練習を毎日継続するのが1番の近道。

難しい練習を続けようとしても、めんどくさくなるので続きません。

どんな練習も続けなければ無意味です。

 

▼ リズム感が良くなると。

  • 音程の正確性があがる
  • 歌がうまく聞こえる
  • リズムのズレがわかるようになる
  • 歌っていてもリズムのズレを修正できる

 

シュート
今回は、僕がおすすめする超シンプルな練習方法を紹介!

 

 

スポンサーリンク

超簡単なリズム感を鍛える練習方法/リズムが取れない人に改善方法

 

シュート
まずはスマホで無料のメトノームをダウンロード!

 

メトロームを使って、リズム感を鍛えていきます。

メトロノームのテンポですが、40〜60ぐらいが良いと思います。

リズムが崩れないように、慣れるまでテンポはゆっくりでおっけーです。

 

シュート
テンポを速くして、リズムを崩すのは最悪です…

 

▼ メトロノームの準備ができたら練習スタート!

  1. 「1、2、3、4」と声を出しながらリズムをとる
  2. 「1、2、3、4」声を出しながら手を叩く
  3. 指定の数字のところだけ手を叩く

 

テンポを設定してメトロノームを開始したら、「1、2、3、4!」「1、2、3、4!」と声を出しながらリズムを取りましょう。

1のところでメトロノームの「ピッ」という音がなるように声を出してください。

正確に声が出せるようになったら、次は「1、2、3、4!」と声を出しながら手を叩きましょう。

 

 

応用編!指定の数字だけ手を叩く/リズムが取れない人に改善方法

 

シュート
最後のステップは、指定の数字のところだけ手を叩く!

 

▼ 赤丸に囲まれた数字のところだけ手を叩きます。

 

シュート
声を出しながら数字を数えて手を叩くのは赤丸の数字だけ!

 

注意点は、読みあげている数字につられて、手を叩くタイミングがズレないようにすること。

手を叩くタイミングがズレたり、数字を読み上げるスピードが変わってしまう人は、テンポを下げて練習しましょう。

無理してテンポをあげて、リズムを崩すのは練習が無意味になります。

 

シュート
テンポは、練習を続けて慣れてきたら少しづつ上げていく!

 

 

好きな曲に合わせて手を叩く/リズムが取れない人に改善方法

 

シュート
メトロノームの練習は飽きやすい…

 

メトロノームの練習が飽きたら、あなたの好きな曲に合わせて手を叩く練習をしましょう。

もしくは、実際に歌いたい曲リズムの取れない曲に合わせてやると、より効果的な練習になるでしょう。

 

シュート
練習のやり方は変わりません

 

▼ 練習ステップは以下。

  1. 好きな曲に合わせて手を叩く
  2. 手を叩きながら「1、2、3、4」と声を出す
  3. 下記画像の赤丸で囲んだ数字のところだけ手を叩く

 

 

曲のリズムが取れない人は、一定のリズムを刻んでいる音を見つけましょう。

例えば、ベースの「ボボボ〜」という音や、ドラムの「バン」という音など、一定のリズムを作っている音があります。

その音に合わせて「手を叩くことだけ」を意識して取り組めば、うまくできると思います。

 

シュート
③は応用なので、①と②を続けるだけでも効果はあります!

 

大事なのは、上達スピードではなく、正確なリズムを保つことです。

くれぐれも、練習の意味を忘れないように続けていきましょう!

 

 

リズム感も大事だけど音程も重要!/リズムが取れない人に改善方法

 

シュート
リズム感も大事だけど音程をあげるのも同じくらい重要!

 

当たり前ですが、音痴だと思われてしまう人は音程が取れていない人が多いですね。

音程がずれていると、いくら感情を込めて歌ってもうまく聞こえません。

 

▼ 僕がおすすめする練習メニュー

  1. とにかく原曲を聴き込む
  2. 鼻歌で歌えるようにする
  3. 音程が取りづらい部分を集中的に鼻歌
  4. 感覚的に8割ほど鼻歌で歌えればおっけー
  5. カラオケで実際に歌う

 

この練習を繰り返しやるだけで、音程正解率は少しづつあがっていきます。

鼻歌は、どこでも手軽にできるので、隙間時間を使ってどんどんやりましょう。

 

シュート
お風呂、寝る前、掃除しながら…などなど

 

ちょっとした時間でも音程を改善する練習時間になります。

スキマ時間にコツコツ練習を積み重ねるのは、めちゃくちゃ大事ですね。

 

▼ 続きは歌がド下手な人は知らない音痴な理由と改善練習で詳しく紹介。

  • 〇〇で音感0から基礎を叩き込む
  • 最高のノウハウよりも〇〇が一番大事
  • メトロノーム不要のリズム強化練習
  • 裏声と地声で音域が広がる理由
  • 誰よりも自信を持って歌うコツ

 

 

 

Amazonで在庫切れのボイトレ本/リズムが取れない人に改善方法

 

DAMの精密採点で70点台だった僕は、この本に出会ったことで爆速に成長。

音程正解率85%を楽々キープ、点数では常に85点以上を出せるようになりました。

 

シュート
半年後には90点以上も難なく出せるようになったよ

 

▼ あなたに必読の一冊を紹介。

  • 過去にAmazonで在庫切れの大ヒット
  • 15年以上も歌の講師をやってた方の実体験ノウハウ
  • 「普通」の練習方法じゃない
  • サイレントでボイトレ

 

 

▼ この本を読んだ人のレビュー(アマゾンレビューより引用)

本に載っているトレーニングを数分しただけで、声が良くなりました。即効性があります。
人体力学的な理にかなったトレーニングだと思います。普通の筋トレとかとは違います。
まず、ボイトレの本買うならこれだと思います。

 

とにかく読むよりも内容を試してみればわかります。私の場合は評価の星は5で収まりきらないです。

 

息が続かない人は104Pもオススメです。これも即効性あり。息が続かなかった曲を克服することが出来ました。104Pだけでも1000円以上の価値があると思います。

 

シュート
こんな人におすすめ!!
  • カラオケの点数を爆上げしたい人
  • 家でも効果的なボイトレをやりたい
  • ボイトレを毎日継続させたい
  • 家で声が出せなくて苦しんでる人
  • ボイトレが続かない人

 

 

 

▼ 読まれている人気記事

カラオケで90点以上の僕が歌が上達する方法をまとめてみた

音域を広げる簡単な1つの高音トレーニング

腹式呼吸ができない人に超絶簡単な練習方法

スポンサーリンク

関連記事

ABOUTこの記事をかいた人

音痴、リズム感0、高い声が出なかった会社員。

カラオケが嫌いすぎて仮病を使ってドタキャンは日常茶飯事。

しかし、数々のボイトレを実践したことにより、今では精密採点で常時85点以上をキープ。

音痴を克服し誰からも「うまい」と言われるように。

大っ嫌いだった歌は、今では大好きになりました。

ツイッターやってます!フォローしてください( ˘ω˘ )