音域を広げる簡単な1つの高音トレーニング

スポンサーリンク

 

▼ この記事を読むべき人

  • 音域が狭くて悩んでいる人
  • カラオケで高い曲を歌いたい人
  • 簡単な高音トレーニングが知りたい人
  • とにかく高い声が出せるようになりたい人

 

音域が狭かった僕は、「回数を重ねれば」音域は広くなると思っていました。

でも、キーの高い曲を何回も歌うだけじゃ音域は広くなりませんし、間違った練習方法では音域は広がりません。

 

シュート
音域を広げるには正しい練習方法をやるべき!

 

音域が広くなれば今よりも歌える曲が増えますし、余裕を持って歌えます。

実際、僕は音域が広がったことで、音程正解率アップ高音が安定楽に発声できるようになりました。

 

▼ 音域を広げるにはコツがあります

  • 毎日継続できるトレーニングをやる
  • 少しづつ音域を広げる
  • 無理せず休むのも必要
  • 脱力がかなり重要

 

シュート
さらに詳しい音域の広げ方を書いていきますよ〜〜

 

スポンサーリンク

エッジヴォイスで脱力感をつかむ/音域を広げる高音トレーニング

 

シュート
エッジヴォイスとは呪怨に出てくる子供の声!

※エッジヴォイスとは、映画「呪怨」に出てくる子供の声です。

 

低い声で「ぁぁぁぁ〜〜」という声。

エッジヴォイスは、発声に力が入ってしまう人におすすめですね〜〜。

苦しそうに聞こえますが、力はまったく入っていません。

 

▼ 注意点は。

  • 力で発声しない
  • 喉を開けて力をゼロに
  • 息だけで声を震わせる

 

シュート
イメージが掴めない人は解説動画の1:13を見てください

 

 

エッジヴォイスと裏声をつなげる/音域を広げる高音トレーニング

 

シュート
エッジヴォイスと裏声をスムーズに切り替える!

 

▼ エッジヴォイスと裏声の切り替えがスムーズになると。

  • 歌声に表現力が増す
  • 綺麗な高い声が出やすくなる
  • 高音が強くなる
  • 力で高音を出そうとしなくなる

 

高音を無理やり出している人は、この練習でスムーズに裏声を出せるようにしてください。

スムーズに裏声に切り替えができるようになれば、力で高音を出す癖はなくなるでしょう。

 

▼ エッジヴォイスから裏声への切り替え手順

  1. 体を脱力
  2. 喉を開いてエッジヴォイスを出す
  3. 少しづつ高い声を出していく
  4. 喉が締まりそうになったら裏声を出す

 

おそらく綺麗に裏声へ切り替えができない人がいるかと思います。

最初は、エッジヴォイスから喉が苦しくなってきたら裏声を出すぐらいの感覚でやりましょう。

裏声を出すときは、声で鼻を振動させる・頭の上から声を出すイメージを持つと上手くできます。

 

シュート
何度も繰り返せば切り替えができるようになる!

 

裏声を上手く発声できない人は、まずは裏声ハミングの練習をしてください。

 

シュート
裏声の感覚を掴むには裏声ハミングしかないね!

 

 

裏声ハミングで裏声を強くする/音域を広げる高音トレーニング

 

シュート
裏声ハミングとは、裏声で鼻歌をすること!

 

▼ 裏声ハミングのやり方

  1. 口を閉じる
  2. リラックスして鼻から息を吸う
  3. 鼻を通して裏声を出します
  4. 鼻が少し振動するのを感じる

 

裏声ハミングを継続して練習すれば、高音域が鍛えられて、ミックスボイスの練習にもなります。

また、手軽にできて継続しやすいので、上達には欠かせないボイトレですね〜〜。

 

シュート
裏声ハミンングにの注意点!
  • 力を入れて喉を締めない
  • 鼻に声を響かせる
  • 鼻息を少しづつ吐く

 

裏声ハミングは、頭の上から声を出す感覚を持って、天井に声をぶつけるイメージを大切にしてください。

また、体に力が入っていると喉が締まりやすいので体は脱力させましょう。

裏声ハミングができない人は、喉に力が入っている人が多いです。

 

シュート
眉毛をあげて顎を引くと綺麗な裏声が出しやすくなる!

 

▼ 効果的な練習は以下の記事で解説

 

 

▼ youtubeでも音域を広げる練習方法を解説!

 

▼ 読まれている人気記事

カラオケで上手く歌う方法と絶対にやってはいけないこと

誰でもできるハミングと裏声ハミングの効果的なやり方

カラオケで抑揚をつける2つのコツを暴露

スポンサーリンク

関連記事

ABOUTこの記事をかいた人

音痴、リズム感0、高い声が出なかった会社員。

カラオケが嫌いすぎて仮病を使ってドタキャンは日常茶飯事。

しかし、数々のボイトレを実践したことにより、今では精密採点で常時85点以上をキープ。

音痴を克服し誰からも「うまい」と言われるように。

大っ嫌いだった歌は、今では大好きになりました。

ツイッターやってます!フォローしてください( ˘ω˘ )