DAMで90点を出す僕が高い声が出ない人に改善方法をまとめてみた

スポンサーリンク

 

▼ この記事を読むべき人

  • カラオケで高い声がでない人
  • 高い声を出すと声が枯れる人
  • 喉を痛めながら高音を出している人
  • 喉を締めて声を出している人
  • 苦しみながら高音を出している人

 

カラオケで高い声が出ない人は、人によってさまざま。

ですが、高い声が出ない原因のほとんどが、無駄な力を入れて発声していること。

過去の僕もそうでしたが、無理やり高い声を出そうとすれば、喉周辺やアゴに力が入りやすいです。

 

▼ 喉やアゴに力が入ると悪いことばかり

  • 喉締めは声枯れの原因
  • 音程が不安定、ガタガタ
  • アゴに力が入ると舌が固まる
  • ずっと高音が伸びない歌い方

 

ざっとこんな感じですが、ディメリットばかりなんです。

これらを改善・予防するためにも、脱力して発声する癖を身につけましょう。

 

シュート
高い声を出したいなら「脱力」がキーワード!

 

脱力して正しい発声を身につければ、歌える曲は増えますし、カラオケの採点も伸びます。

DAMの採点で70点台を連発していた僕は、脱力の大切さを体感してから変わりました。

 

▼ 今では、90点以上を出せるようになりました。

 

シュート
小さな改善を続けていけば、あなたも90点以上は出せる!

 

この記事では、高い声が出ない人にあらゆる原因の改善方法を書いていきます。

 

シュート
高い声が出ない人は最後まで読んで改善しましょう

 

 

スポンサーリンク

アゴに力が入った発声/高い声が出ない人に改善方法

 

アゴに力が入るのは、無駄な力が入っている証拠です。

アゴに力が入ると、喉も締まりやすく発声も不安定になりがち。

 

シュート
アゴに力が入っても悪いことしかない

 

▼ アゴに力が入っていると。

  • 喉が締まりやすい
  • 無駄な力で発声しがち
  • 舌が固まる
  • 滑舌が悪くなる

 

アゴの力を脱力させるだけで、上記の悩みが改善されるかもしれません。

アゴに力が入ったままだと、ずっと苦しむ発声のまま。

 

シュート
歌の上達に無駄な力はいらない

 

▼ アゴを脱力させて悩みを減らすべし!

  • 喉声の癖をなくす
  • 楽に高音を出す感覚を知る
  • 舌を柔軟にさせる
  • アゴの力を抜く重要さを体感する

 

シュート
以下の記事でアゴを脱力させる方法を簡単に解説しています

 

 

喉しか使えていない発声/高い声が出ない人に改善方法

 

シュート
喉しか使えていない発声は不安定

 

喉だけで発声をする人は、高い声を出すときに喉を締めがち。

喉を締めて出す高い声は、不安定で声が枯れやすいです。

 

シュート
喉だけで発声している人は音程もガタガタ…

 

過去の僕も、喉だけで高い声を出していましたが、呼吸が不安定になって苦しかったですね…。

友達からは「高い声出すときもいねww」と言われたのはトラウマ。

 

シュート
喉だけで歌っても下手なままだ…

 

安定した太い高い声を出すためにも、お腹を使った腹式呼吸を身につけましょう。

 

▼ 僕が感じる腹式呼吸のメリット

  • 高い声を出しても安定する
  • 声量が格段にアップ
  • 喉を痛めなくなる
  • 音程が安定する
  • とにかく発声が楽

 

喉だけで歌っていた僕も、腹式呼吸ができるようになってからは、高い声が楽に出せるようになりました。

苦しみながら発声していた僕ですが、呼吸も安定するようになり音程正解率もかなりアップしましたね。

僕からのアドバイスとして、腹式呼吸は発声の基本でもあるので、身につけてないと損です。

 

シュート
腹式呼吸の身につけ方を以下の記事で解説しています
  • たくさん息を吸える
  • 声が通るようになる
  • 大きな声が出せるようになる
  • 無駄な力で歌わなくなる
  • 喉だけで歌わなくなる

 

 

 

喉を締めて高い声を出している/高い声が出ない人に改善方法

 

シュート
喉を締めて高い声を出しても成長なし!

 

喉を締めて高い声を出す人は、安定した高音を出せません。

喉を締めている人の特徴は、喉周辺に無駄な力が入っていること。

喉周辺に力が入ったまま発声をすると、呼吸が不安定になったり、喉締めの原因にもなります。

 

シュート
喉を締めて高い声を出すのはやめましょう

 

音痴だった僕も、高い声は喉を締めて出していました。

高い声は苦しんで発声」と思い込んでいましたが、間違いだったんですよね。

高い声を出すときこそ、リラックスして脱力する必要があります。

 

シュート
脱力して喉を開く癖を身につけよう!

 

もう一度言いますが、安定した高い声を出すには「脱力」「喉を開く」ことが大切です。

脱力して喉を開く発声をができるようになれば、高い声はかなり出しやすくなります

 

シュート
高音を伸ばしたいなら脱力して喉を開く練習をやるべし!

 

▼ 以下の記事で僕がおすすめする練習方法を解説!

  • 喉が開きやすい「ば」「ぶ」「ぼ」を使った練習
  • オペラ声で〇〇の練習
  • 脱力を身につけるにはボイトレの王様〇〇

 

 

 

音域がせますぎる/高い声が出ない人に改善方法

 

シュート
音域が広い人は「歌うま」に聞こえます

 

音域が狭い人は、出せる声の幅が狭いので、曲を表現する力も弱いです。

表現する力が弱いと、歌で相手を感動させるのが難しい…。

 

シュート
キーの高い曲も歌えない…

 

過去の僕も音域が狭すぎて「小さな恋のうた」しか歌えませんでした。

サビはギリギリ出る感じで、本当に高音域が狭かったですね〜〜。

 

▼ 音域が広がるだけで良いことたくさん

  • 歌える曲が増える
  • 歌の表現力があがる
  • 自由自在に低音、高音が出せる
  • 歌うのが100倍楽しくなる

 

音域を広げる練習として、「エッジヴォイス⇄裏声」の練習が効果的で良いですよ。

ですが、この練習には気をつけてほしいポイントがあります。

それを踏まえて、僕がおすすめする練習方法をやると効果的です。

 

▼ 以下の記事で、詳しく解説しています

 

 

▼ 読まれている人気記事

カラオケで90点以上の僕が歌が上達する方法をまとめてみた

音域を広げる簡単な1つの高音トレーニング

腹式呼吸ができない人に超絶簡単な練習方法

スポンサーリンク

関連記事

ABOUTこの記事をかいた人

音痴、リズム感0、高い声が出なかった会社員。

カラオケが嫌いすぎて仮病を使ってドタキャンは日常茶飯事。

しかし、数々のボイトレを実践したことにより、今では精密採点で常時85点以上をキープ。

音痴を克服し誰からも「うまい」と言われるように。

大っ嫌いだった歌は、今では大好きになりました。

ツイッターやってます!フォローしてください( ˘ω˘ )