音程が合わない人の悲しい6つの特徴と改善方法

スポンサーリンク

 

▼ この記事を読むべき人

  • 音程が合わない人
  • 原因がわからない人
  • たくさんの改善方法を知りたい人
  • 難しい練習が嫌いな人

 

音程が合わない理由は、人によって違うので原因はいろいろ。

音程が取れていないと「歌うま」にはなれませんし、ずっと音痴キャラのままです。

 

シュート
音程が合わない理由をはっきりさせよう!

 

まずは、音程が合わない理由を知る必要があります。

知る方法は簡単で、自分の歌声を携帯で録音して確認するだけ。

 

▼ それぞれの原因に合わせて改善しなければなりません。

  • リズムが速い or 遅い
  • 高い声が出ていない
  • 呼吸が安定していない
  • 苦しそうに歌っている

 

今回は、原因に対しての改善方法を書いていきます。

僕自身、音痴の理由がわからなくて精密採点で70点台前半を連発していましたが、原因を一点集中で練習したことで90点以上を出せるまでになりました。

 

シュート
最後には、あなたに合った改善方法が見つかるはず

 

 

スポンサーリンク

原曲を聴き込んでいない/音程が合わない人の特徴

 

シュート
原曲を聴きこまないで歌うのは無理

 

原曲を数回だけ聴いて歌う人がたまにいますが、やめましょう。

過去の僕も数回だけ聴いて、歌っていたんですが、音程がガタガタで悲惨でしたね…。

 

シュート
原曲の音がわからないのに歌えるわけないじゃん

 

歌詞を覚えるまで「歌うな!」とは言いません。

ただ鼻歌で歌えるレベルまでは、体に染み込ませるべきだと思っています。

鼻歌で歌えるということは、そこそこ音程が取れている段階なので、カラオケでの練習を開始しましょう。

 

▼ 僕がおすすめする練習メニュー

  1. とにかく原曲を聴き込む
  2. 鼻歌で歌えるようにする
  3. 音程が取りづらい部分を集中的に鼻歌
  4. 感覚的に8割ほど鼻歌で歌えればおっけー
  5. カラオケで実際に歌う

 

この練習を繰り返しやるだけで、音程正解率は少しづつあがっていきます。

鼻歌は、どこでも手軽にできるので、隙間時間を使ってどんどんやりましょう。

 

シュート
お風呂、寝る前、掃除しながら…などなど

 

ちょっとした時間でも音程を改善する練習時間になります。

 

 

リズムがバラバラ/音程が合わない人の特徴

 

シュート
リズム感がないと音感があっても意味ないよ

 

  • 歌うタイミングがズレる
  • リズム感がないと自覚している
  • リズム感がないと言われた

 

リズムが取れないだけで、正確に音が取れていても台無しになりますし、音痴扱いされることもあります。

また、正確な音を発声できていても、リズムがずれるだけで音程はズレます。

そう考えると、リズムは音程を正確にとるのと同じくらい大切なんです。

 

シュート
リズム感がない人は、曲を聴きながら体を使え

 

かつて僕もリズム感がゼロで、音程正解率が70点台前半で壊滅的でした。

でも、体を使って曲を聴くことで、だいぶ改善されましたね。

 

▼ 僕からおすすめのやり方

  1. リズムが取れない曲を聴く
  2. 一定のリズムを作っている音を見つける
  3. その音に合わせて手を叩く
  4. 慣れてきたら歌いながら叩く

 

リズムがとれない曲を聴きながら、体を使ってリズムを刻んでください

まずは、一定のリズムを作っている音を見つけましょう。

 

シュート
例えば、「ドラムのキックの音」とか「ベースの音」とか!

 

▼ 次は音に合わせて体でリズムを取りましょう。

  • 手を叩く
  • 手で太ももを叩く
  • 足でリズムをとる
  • 首を動かしてリズムをとる

 

最初は、歌わないで体でリズムをとることだけを意識してください。

慣れてきたら体でリズムを取りつつ、歌っていきましょう。

 

シュート
慣れないうちに歌うと、うまくリズムがとれない…

 

自分の出せる音域を理解していない/音程が合わない人の特徴

 

シュート
出せる音域は、人それぞれ

 

だからこそ、その人の声域にあった曲を歌うべきなんです。

DAMの採点で70点台を連発していた僕は、自分の声域以上の歌を歌いこんでいました。

 

シュート
ワンオクの完全感覚ドリーマー・ミスチルのtomorrow never knowsとか…

 

自分の声域の限界を越した曲を歌いこんでも、音程正解率はアップしません。

音程を改善する練習を取り組む前に、まずは自分の選曲を見直してください。

 

▼ 80後半を出す僕でも自分の声域に合わないとこのざま。

 

▼ 自分の声域に合った選曲で練習を継続すれば点数は上がります

 

シュート
音程を正確に取りたいなら戦略的に選曲をするべき!

 

①まず、好きな曲 or アーティストを紙に書き出す。

 

②その中からキーが低い曲 and 好きな曲を書き出して3曲に絞る。

 

▼ 3曲に絞るコツは以下。

  1. 歌えるようになりたい曲
  2. 呼吸が苦しくならない曲
  3. 歌いやすいテンポの曲

 

シュート
3曲に絞る理由としては…

 

  • 最速で80点後半を出す
  • 1曲だけを集中的に練習すると飽きる
  • 練習を楽しく持続させるモチベーション維持

 

シュート
最速で点数を伸ばしてモチベーションを維持し続けるのが重要

 

 

高音がでない/音程が合わない人の特徴

 

シュート
高音が出ない人はハミングと裏声ハミングの練習をするべき!

 

高い声が出ないだけで、体に力が入りやすくなって、喉を締めがち。

喉だけで発声をしても苦しい思いをするだけなので、今すぐ改善するべきです。

 

シュート
そんな歌い方じゃ、音程は上がらない

 

僕の経験から高音域を広げるだけで、歌える曲がかなり広がりますよ。

僕の経験から歌える曲が広がるだけで、歌う楽しさは今までの100倍になります。

 

シュート
高音発声は「脱力」と「地声と裏声を繋ぐこと」が重要!

 

このふたつのを身につけられるのが、ハミングと裏声ハミングなんです。

 

▼ ハミングと裏声ハミングの特徴

  • 手軽にできて家でも練習が可能
  • 高音域が鍛えられる
  • ミックスボイスの練習になる
  • 声の柔軟性があがる
  • とにかくメリットをあげたらキリがない

 

ハミングと裏声ハミングは、誰でも手軽にできる点が最大のメリットで、継続しやすいです。

ですが、やり方を間違えると上達のチャンスを逃します

 

シュート
注意点や効果的な練習方法を知るだけで未来は変わります

 

 

力で声を出している/音程が合わない人の特徴

 

シュート
歌の上達に脱力は欠かせない

 

音痴だった僕は、力で発声をコントロールしようとしていました。

息が苦しくなったら声を絞り出すように歌ったり、高音は喉を締めて歌ったり…。

当然ですが、音程はあがらず点数も70点台のまま。

 

シュート
脱力して歌うだけで多くの悩みは解決

 

▼ 脱力して歌えるようになった僕は…。

  • 喉が開いて高音が出るようになった
  • 息のコントロールができるようになった
  • 音程が安定するようになった
  • 喉だけで歌わなくなった
  • 滑舌が良くなった

 

音程を上げたいなら、今すぐ力で歌うのはやめてください。

脱力感を持った発声を身につけるだけで、あなたの歌声は変わるでしょう。

 

シュート
脱力感を持って発声したいならリップロールを継続!

 

リップロールとは、息で唇をプルプルさせる練習方法のこと。

リップロールは、誰でも手軽にできる上、継続すれば効果もかなりあります。

ボイトレの中でも軍を抜いておすすめしたい練習ですね〜〜。

 

▼ 魅力がありすぎるので、以下の記事で詳しく説明しますね。

 

 

苦しそうに歌っている/音程が合わない人の特徴

 

シュート
息が苦しくなって音程がズレる…。

 

息が苦しい人は、息の吸いすぎ、吐きすぎが原因かもしれません。

息を吸いすぎると、たくさんの息を吐かなければいけないので、呼吸が不安定になりやすいです。

 

▼ 呼吸が不安定になると力が入りがち。

  • 高い声は苦しんで発声
  • すぐに声が枯れる
  • とにかく苦しい
  • 結果的に歌うのが辛くなる

 

音程を安定させるには、呼吸を安定させる必要があります。

 

シュート
大切なのは息を少しづつ一定に吐く

 

少しづつ一定に息を吐くことで呼吸は乱れず、正確な音程で歌えるようになります。

 

▼ 息を一定に吐けるようになった僕は。

  • 楽に歌える感覚がわかった
  • 苦しんで高音を出すのは間違い
  • 力で声を持続させるのはダメ
  • ロングトーンがかなり伸びた

 

シュート
僕が「ストロー」で息を一定に吐く感覚を掴みました

 

▼ この練習を継続すると。

  • 一定に息を吐く感覚がわかる
  • 呼吸が楽になる
  • 必要以上に息を吸うのはダメ
  • 息を吐きながら歌えるようになる
  • 発声に無駄な力みがなくなる

 

シュート
やり方は、めちゃくちゃ簡単ですよ

 

 

▼ 読まれている人気記事

カラオケで上手く歌う方法と絶対にやってはいけないこと

誰でもできるハミングと裏声ハミングの効果的なやり方

歌うと息が続かない人に息を一定に吐く1つの練習方法

スポンサーリンク

関連記事

ABOUTこの記事をかいた人

音痴、リズム感0、高い声が出なかった会社員。

カラオケが嫌いすぎて仮病を使ってドタキャンは日常茶飯事。

しかし、数々のボイトレを実践したことにより、今では精密採点で常時85点以上をキープ。

音痴を克服し誰からも「うまい」と言われるように。

大っ嫌いだった歌は、今では大好きになりました。

ツイッターやってます!フォローしてください( ˘ω˘ )