カラオケで声が震える人は3つの練習方法で悩みを解決

スポンサーリンク

 

▼ この記事を読むべき人

  • 歌うと声が震えてしまう
  • カラオケに行くと緊張する
  • 声が震えないようにチカラで発声
  • 喉を締めて声を出している
  • 呼吸が不安定で苦しい

 

声が震えてしまう人には、「メンタル的な原因」「発声の仕方に原因」があります。

声が震えていた僕は、極度に緊張し、間違った発声をしていました。

友達からは「声が震えてて可愛いねw」とバカにされたり、「高音出すときもいねw」と笑われたりしました。

 

シュート
DAMの精密採点でも70点台しか出ませんでした

 

しかし、改善練習をした僕は、DAMの精密採点では90点を出すまでに成長

友達からも「カラオケのプロ」と言われるまでになりました。

 

▼ 声が震えなくなると。

  • 音程が安定
  • 声量が上がる
  • 高い声が出る
  • 喉が枯れなくなる

 

シュート
声が震える人は、早く改善すべし!

 

 

スポンサーリンク

緊張して声が震えてしまう…/声が震えてしまう人に練習方法①

 

シュート
緊張で声が震える人は事前準備が重要!

 

僕もそうでしたが、緊張する人は自分の歌に自信がない証拠なんです。

ただ不安がって落ち込んでいるだけじゃ、絶対に自信はつきません。

 

シュート
練習をして自分に自信を持たせるしかない

 

自信がなかった僕は、緊張防止のためにカラオケの前日に原曲を聞き込んでいました。

 

▼ 前日に原曲を聞き込んだ僕は。

  • スムーズに歌えるようになる
  • 音程が取れるようになる
  • 不安が解消される

 

前日に対策をするだけで、メンタル面でかなり変わってきます。

不安と緊張がなくなれば自信を持って歌えますし、回数を重ねていけばもっと自信がつきます。

 

シュート
今できる対策をして少しづつ自信をつけよう!

 

▼ 緊張や不安がある人の解決策は。

  1. 今できる練習・対策をする
  2. 歌う回数を重ねる
  3. 小さな自信をつける

 

喉を締めて発声するのはダメ/声が震えてしまう人に練習方法②

 

シュート
声が震えるのは、喉で発声しているから

 

喉で声を出そうとすると、無駄なチカラが入ってしまいます。

正しい発声の基本は「脱力」なので、チカラが入ると悪いことばかりです。

 

▼ 喉で声を出していた僕は。

  • 2〜3曲歌うと喉が枯れる
  • 高音を出すのがツライ
  • 音程がグラグラ
  • 精密採点は70点台

 

これを改善するためにも、「脱力癖」を身につけなければいけません。

僕は、脱力癖を身につけたことで、声の震えがなくなり、発声がかなり安定しました。

 

シュート
脱力癖は、リップロールで簡単に身につくよ

 

リップロールとは、口を閉じて、息で唇をプルプルさせるボイトレ。

リップロールは、誰でもできて手軽なことから、ボイトレの王様と言われています。

 

▼ 僕の発声は、リップロールで180度変わりました

  • チカラを抜くほど、高音がでる
  • 発声が安定・音程正解率が80%以上になった
  • 歌の上達は脱力がベースで絶対必要条件

 

シュート
リップロールは、ボイトレの中でも群を抜く効果があります

 

▼ リップロールの具体的なやり方は以下の記事で。

 

チカラで声を出そうとしない/声が震えてしまう人に練習方法③

 

シュート
喉で高音を出そうとしない

 

喉を締めて声を出している人は、声が震えるのは当然。

発声を安定させるには、脱力が絶対条件ですが、その上で腹式呼吸も大切になってきます。

 

シュート
お腹から声を出すのが腹式呼吸!

 

▼ 腹式呼吸は良いこと盛りだくさん

  • 声量が爆発的に上がる
  • 笑いながら高音を出せる
  • 歌える曲が2〜3倍になった
  • 呼吸の苦しみから解放

 

カラオケの全国採点で最下位だった僕が、90点を出すまでに成長できたのは、腹式呼吸のおかげでもあります。

 

シュート
腹式呼吸は、あなたの発声の悩みを解決する力がありますよ

 

▼ 効果的な腹式呼吸の練習方法は以下の記事で。

 

真似するだけで効果絶大の本/声が震えてしまう人に練習方法④

 

僕は、この本に書かれている練習方法を継続したことで、カラオケの精密採点で70点台から90点を出せるまでに成長しました。

 

シュート
半年で20点UPしたのは、自分でもびっくり。

 

小学生でもできる練習を毎日15分続けただけで、90点を出せるようになったのは今でも信じられません。

 

▼ あなたに必読の一冊を紹介。

  • 5秒で効果を実感できる練習方法
  • 小学生でもできる簡単なボイトレ
  • 真似するだけで歌がうまくなる
  • テレビや雑誌など、多数のメディアで取り上げられた

 

 

この本では、詳しい理論は書かれていませんが、効果を感じられる58の目的別テクニックが紹介されています。

愛読している僕から言わせてもらうと、「真似するだけ」で爆速で上手くなります。

書かれている練習内容はどれも簡単で、かなり継続しやすい…!

 

シュート
こんな人は読むべき!
  • 理論ばかりのボイトレ本に疲れた人
  • 簡単なボイトレで効果を実感したい人
  • ボイトレを毎日継続させたい人
  • 独学で歌を上達させたい人
  • 僕のように精密採点で70点から90点までアップさせたい人

 

 

▼ 読まれている人気記事

カラオケで喉が締まる人に4つの改善方法

カラオケで発音が悪いあなたに4つの改善方法

歌声が気持ち悪かった僕を激変させた4つの改善方法

スポンサーリンク

関連記事

ABOUTこの記事をかいた人

音痴、リズム感0、高い声が出なかった会社員。

カラオケが嫌いすぎて仮病を使ってドタキャンは日常茶飯事。

しかし、数々のボイトレを実践したことにより、今では精密採点で常時85点以上をキープ。

音痴を克服し誰からも「うまい」と言われるように。

大っ嫌いだった歌は、今では大好きになりました。

ツイッターやってます!フォローしてください( ˘ω˘ )