カラオケで滑舌が悪いあなたに6つの改善方法

スポンサーリンク

 

シュート
なんて言ってるのかわからないって言われる…。

 

もともと滑舌の悪かった僕は、友達から「滑舌悪いね〜〜」とよく言われていました。

テンポの速い曲だと舌が回らなくて苦労しましたね…。泣

友達に歌声を録音されて聞かされた経験があるんですが、もう聞いてられない。

 

シュート
もうお経だったね

 

ショック過ぎてボイトレ教材を読みあさったり、ボイトレの先生に相談。

 

シュート
とりあえず舌をうまく使えるように練習だね!

 

これから紹介する練習方法を継続したところ、速いテンポの曲でも楽々歌えるまでに滑舌改善。

友達からも…。

 

シュート
前より歌上手くなったね!!

 

ただ滑舌を良くしただけで歌がうまく聞こえるんですよね。

もともと歌は気持ちを伝えるもので、何を言っているのかわからないと歌詞の意味を届けることができない。

それにリズムも悪く聞こえるし、良いことは何一つないんですよね。

 

シュート
相手に言葉を伝えるにはしっかりと発音することが重要。

 

相手に良く聞き返される人はしっかりと発音ができていません。もしくは声量が小さい。

日本人が英語で外人に話しかけても伝わらないのは、しっかりと発音できていないから。

歌も同じでしっかりと発音できていないと伝わりませんし下手に聞こえます。

 

▼ この記事を読むべき人は。

  • 滑舌が悪いってよく言われる
  • 速いフレーズでよくつまずく
  • 「なんて言った?」と聞き返される
  • 滑舌が悪すぎてうまく歌えない

 

▼ 用意するものは、ボイスレコーダー。スマホでも可。

 

しっかり発音できているかを録音して確認してください。

自分の改善点を知った上で修正練習すると最短で上達します。

 

スポンサーリンク

基本中の基本!50音をはっきり発音練習/カラオケで滑舌の悪い人の改善方法①

 

シュート
まずは50音をはっきりと発音する練習
  • あいうえお
  • かきくけこ
  • さしすせそ
  • たちつてと
  • なにぬねの
  • はひふへほ
  • まみむめも
  • やゆよ
  • わをん

 

▼ 練習手順は…。

  1. ゆっくりと発音
  2. 慣れてきたらスピードをあげて発音
  3. 発音スピードを上げたり下げたりさせて発音。

 

あくまでも正確に発音することが第一。

正確に発音できた上での発音スピードのコントロールをしてください。

 

▼ 次のステップは濁音・半濁音!

  • がぎぐげご
  • ざじずぜぞ
  • だぢづてど
  • ばびぶべぼ
  • ぱぴぷぺぽ

 

▼ これも同じ練習手順で…。

  1. ゆっくりと発音
  2. 慣れてきたらスピードをあげて発音
  3. 発音スピードを上げたり下げたりさせて発音。

 

これらの練習は舌をまんべんなく鍛えてくれます。

無理なく発音できるようになったら基礎固めはできたでしょう。

 

シュート
録音→確認→修正を繰り返して取り組むように!

 

早口言葉で舌をトレーニング/カラオケで滑舌の悪い人の改善方法②

 

シュート
早口言葉は発音能力をグーンと上げてくれます

 

早口言葉は発音の難しいものが集められた言葉なので、難易度は高い。

でも、ごまかさずに発音することで効果は大です。

早口言葉ですがスピードよりも正確に発音することを大切にしてください。

スピードを意識して発音がめちゃくちゃになったら、この練習の意味がないので…。

 

▼ 僕が実際に練習で使った早口言葉

  • バスガス爆発
  • 生麦生米生卵
  • 隣の客はよく柿食う客だ
  • 蛙ぴょこぴょこ三ぴょこぴょこ合わせてぴょこぴょこ六ぴょこぴょこ
  • 集中術著者手術中

 

連続して10回言えたらクリア。

シュート
言えない言葉は、スピードを落として発音!録音!を繰り返す。

 

2本の割り箸で舌を鍛える/カラオケで滑舌の悪い人の改善方法③

 

シュート
割り箸で舌を強制的に動かそう

 

▼ 用意するのは、二本のわりばし。

f:id:koikesuitors:20170301140644p:plain

 

▼ 次に二本のわりばしを縦にして太い方を奥歯で噛みます。

f:id:koikesuitors:20170301140656p:plain

 

▼ 不安定なので両手で支えてあげましょう。

f:id:koikesuitors:20170301140716p:plain

 

シュート
準備完了!!

この状態で、歌いたい曲を聴きながらやるんですが、すべて「か」「ら」「な」のみで歌ってください。

 

▼ 理由は、舌の筋肉をそれぞれ鍛えられるからです。

  • よく使う舌の場所を鍛える「な」
  • 舌の先を鍛える「ら」
  • 舌の奥を鍛える「か」

 

シュート
歌いたい曲の歌詞を準備!!

 

原曲を聴きながら、歌っていきましょう。

この練習でポイントなのは「舌をしっかり動かせているか」なので、歌うより舌を動かす意識を持ちましょう。

 

▼ この練習で僕が感じた成長。

  • 発音がはっきりするようになった
  • 正しい口の開け方が身についた
  • 舌がよく動くようになった

 

シュート
舌の筋肉を鍛えることで滑舌の悪さは確実に改善されます。

 

リップロールで息を一定にする/カラオケで滑舌の悪い人の改善方法④

 

シュート
長いフレーズ・速い曲を歌うと、滑舌が悪くなる…。

 

あなたは、そう悩んでいませんか?

実はそれ、滑舌がわるいんじゃなくて、呼吸が一定になっていないのが原因。

長いフレーズやテンポの速い曲だとどうしても呼吸が荒れやすい。

 

シュート
呼吸が安定しないと、苦しくなるし発音は悪くなるよね〜〜。

 

大切なのは「息をたくさん吸わない」こと。

肺の容量以上の酸素を入れようとするから苦しくなっちゃうんですよね。

必要なのは適切な息の量を吸って吐くことです。

 

シュート
これを改善するのがリップロール!

 

▼ リップロールとは、唇を合わせて、息は吐きながらブルブルさせるやつ。

  1. 唇を合わせる
  2. 「ぶぅ〜〜」と声を出し、唇をプルプルさせる
  3. その状態のまま、一曲通して歌う。

 

▼ リップロールを継続した僕は…。

  • ロングトーンは安定
  • 速いフレーズでも呼吸が安定
  • 長いフレーズでも楽々歌えるようになった

 

 

Amazonで在庫切れのボイトレ本/カラオケで滑舌の悪い人の改善方法⑤

 

DAMの精密採点で70点台だった僕は、この本に出会ったことで爆速に成長。

音程正解率85%を楽々キープ、点数では常に85点以上を出せるようになりました。

 

シュート
半年後には90点以上も難なく出せるようになったよ

 

▼ あなたに必読の一冊を紹介。

  • 過去にAmazonで在庫切れの大ヒット
  • 15年以上も歌の講師をやってた方の実体験ノウハウ
  • 「普通」の練習方法じゃない
  • サイレントでボイトレ

 

 

▼ この本を読んだ人のレビュー(アマゾンレビューより引用)

本に載っているトレーニングを数分しただけで、声が良くなりました。即効性があります。
人体力学的な理にかなったトレーニングだと思います。普通の筋トレとかとは違います。
まず、ボイトレの本買うならこれだと思います。

 

とにかく読むよりも内容を試してみればわかります。私の場合は評価の星は5で収まりきらないです。

 

息が続かない人は104Pもオススメです。これも即効性あり。息が続かなかった曲を克服することが出来ました。104Pだけでも1000円以上の価値があると思います。

 

シュート
こんな人におすすめ!!
  • カラオケの点数を爆上げしたい人
  • 家でも効果的なボイトレをやりたい
  • ボイトレを毎日継続させたい
  • 家で声が出せなくて苦しんでる人
  • ボイトレが続かない人

 

 

▼ 読まれている人気記事

音痴で声が低い大学生だった僕が90点を出すまでにやった練習方法

全国最下位だった音痴の僕が90点を取るまでの克服練習

カラオケで歌が超絶うまい人の5つの特徴

スポンサーリンク

関連記事

ABOUTこの記事をかいた人

カラオケが大っ嫌いだった会社員。

カラオケが嫌いすぎて仮病を使ってドタキャンは日常茶飯事。

しかし、数々のボイトレを実践したことにより、今では精密採点で常時85点以上をキープ。

大っ嫌いだったカラオケが、今では大好きに。

ツイッターやってます!フォローしてください( ˘ω˘ )