カラオケの採点が低いあなたは3つの改善方法を試すべき!

スポンサーリンク

 

シュート
カラオケの採点が低くて…落ち込む…。

 

僕は歌うのが大っ嫌いでした。

カラオケで採点機能をつけて歌うなんて、ひどすぎる。公開処刑だと思っていましたね〜。

友達とカラオケに行くなら一人で映画を見に行きたい…。

 

そんな僕でも、色々調べてヒトカラ100回以上したり家でボイトレしてたら、DAMの精密採点で常時85点以上をキープできるようになりました。

 

▼ 1ヶ月ぶりにヒトカラをしたとき、撮ったもの。

 

歌うことがコンプレックスで、大っ嫌いだったカラオケはボクの「強み」になりました。

 

 

スポンサーリンク

自分の声域で歌える曲を選ぶ/カラオケの採点が低い人に改善方法①

 

シュート
自分が出せる高い声・低い声の範囲はほぼ決まっています

 

▼  全員がワンオクの「完全感覚ドリーマー」を歌いこなすのは不可能ですよね…。

出典:www.youtube.com

 

シュート
音程改善練習の前に大前提!曲の選曲はめっちゃ重要!

 

自分が出せる声の高低の範囲を理解して、歌える曲を探し出すのがいいでしょう。

自分の声域に合った曲を歌い続けることで音程改善に繋がります。

 

シュート
ボクは、BUMP OF CHICKENの「天体観測」を歌い続けました。

 

大人数のカラオケでも万人受けしますし、キーもそこまで高くないので歌いやすいですよ!

 

▼ 今では、ボクの勝負曲のひとつ!

引用:www.youtube.com

 

音程を正確に覚える/カラオケの採点が低い人に改善方法②

 

正しい音がわからなければ、正しく歌えるわけがない。

まずはひたすら原曲を聴くことに力を入れてください。

 

シュート
何回聴けばいいのー?

 

原曲を聴きながら、鼻歌で歌えるようになるまで聴きましょう。

 

▼ 鼻歌で歌えるようになったら、繰り返し鼻歌で歌う

 

スピーカーで練習したい曲を流して、鼻歌で歌うのがおすすめですよ。

イヤホンも悪くないですが、自分の声が聞き取りづらく、正しく音を出せているのかわかりづらいです。

 

シュート
長時間のイヤホンはストレス・・・。

 

「本気で」うまくなりたいなら、お風呂でも練習しましょう。

 

▼ 僕はソニーの防水スピーカーを持ち込んでいました。

 

シュート
鼻歌の次は、実際に歌いましょう!!!

 

シュート
おっと、ただ注意点が・・・。

 

「一曲を通して、歌わない」

 

▼ このサイクルを繰り返し取り組む

 

このサイクルを繰り返すことで、曲のクオリティが段々と上がっていきます。

 

シュート
最初から100%を目指すのは疲れる。少しずつ「%」をあげていこう。

 

シュート
次の段階は、アカペラで録音・確認・修正!

 

 

▼ 簡単に説明〜!

  • 録音 → 今の自分を知る
  • 確認 → 原曲と自分の違いを知る
  • 修正 → 自分との違いを修正するように原曲を聴く、歌う

 

▼ 用意するものは、こちら!

  • 曲の歌詞 or ケータイアプリの歌詞
  • ボイスレコーダー or スマホのボイスレコーダー

 

▼ やり方は以下。

 

シュート
ポイントは「区切って録音」

 

フレーズごとに区切ったり、Aメロ・サビで区切ったり。

まとめて録音して修正するよりも、だんだんと修正していくようにしましょう。

 

シュート
イメージは、50%→70%→90%って感じ!

 

僕の経験から、このやり方が1番最速で上達しますね。

 

正しい発声方法を身につける/カラオケの採点が低い人に改善方法③

 

シュート
間違った発声をすると・・・。
  • 喉で歌う癖がつく
  • 高い声がでない
  • 滑舌が悪く聞こえる
  • むだに疲れる

 

▼ これから紹介する練習を継続した僕が感じた成長!

  • 友達から「マイクなくても聞こえる声量だよねw」と言われるように。
  • 早いフレーズでも、はっきり発声できるようになった。
  • ビブラートがかかりやすくなった

 

シュート
あと、精密採点の点数があがった!

 

たった「2本の割り箸」で劇的にかわります。

 

▼ まずは、2本の割り箸を準備

f:id:koikesuitors:20170301140644p:image

▼ 2本の割り箸をそれぞれ縦にして、太い方を奥歯で挟みます。

f:id:koikesuitors:20170301140656p:image

 

▼ グラグラする場合は、両手で支えてあげましょう。

f:id:koikesuitors:20170301140716p:image

 

この状態で、歌いたい曲を聴きながらやるんですが、すべて「か」「ら」「な」のみで歌ってください。

 

▼ 舌の筋肉も鍛えられて、滑舌も良くなりますよ!

  • よく使う舌の場所を鍛える「な」
  • 舌の先を鍛える「ら」
  • 舌の奥を鍛える「か」

 

▼ 意識するポイント3つ。

  • 舌の動きを感じながら発声
  • 口は動かさず、舌のみ動かす
  • お腹が膨らむように息を吸う(腹式呼吸の練習)

 

この3つの対策をやることで、ある程度改善されるでしょう。さらなる改善を目指す人は以下の記事で!

 

▼ 僕はこの簡単なボイトレで劇的に変われました。

 

 

無料でプロに発声を見てもらって3分で下手な理由がわかった

 

▼ 最強の改善方法は、「プロに発声を見てもらう」こと。

 

▼ ググればたくさんの練習方法が出てきます。

  • 腹式呼吸のコツを教えます!
  • カラオケで高得点をとるコツ
  • 音痴な人必見!歌がうまくなる方法

 

でも、ググって出てきた練習方法が、「あなたにとって」本当に正しいかもわかりません。

 

歌のプロにみてもらえば、すぐに正しい発声ができているか、わかりますよ。

実際、体験レッスンに行ったとき、ボクが腹式呼吸ができていないのをプロの講師は3分で見極めていました。

ボイトレは1人でもできますが、それが「正しい練習方法・発声なのか」はわかりませんよね。

 

▼ 詳しくはこちらの記事で。

歌が上達しない原因を100%見つける最強の改善方法

 

 

 

▼ 読まれている人気記事

 

スポンサーリンク

関連記事

ABOUTこの記事をかいた人

カラオケが大っ嫌いだった会社員。

カラオケが嫌いすぎて仮病を使ってドタキャンは日常茶飯事。

しかし、数々のボイトレを実践したことにより、今では精密採点で常時85点以上をキープ。

大っ嫌いだったカラオケが、今では大好きに。

ツイッターやってます!フォローしてください( ˘ω˘ )