家でボイトレ!爆発的にうまくなるために必要な5つのモノ。

 

▼ こんな経験ありませんか?

  • 高い声を出す時、力んでしまう
  • もっと声量をあげたい
  • ビブラートをかけられるようになりたい
  • 簡単な腹式呼吸の練習方法が知りたい
  • 滑舌を良くして正確な発音がしたい

 

この記事を読んで下さっている方は、おそらく上記のどれかを経験しているかと思います。

ちなみに上記5点は、ボクの悩みでした。

 

「いかにカラダを脱力させてあげられるか」

 

これがボイトレの本質。

 

脱力感を持って歌うことが可能になれば、上記の悩みは無くなるでしょう。

そのために、今回は「家で」できる効果抜群なボイトレを5つのモノを使って紹介。

 

では、いってみよ~(・ω・)ノ

 

 

正しい発声姿勢を身につけるのに必要な「ハンガー」/家でボイトレ①

 

「発声はスポーツと同じ」と、よく言われます。

 

どんなスポーツでも、「正しいフォーム」を身に着けることは大切。

正しいフォームであってこそ、正しい運動ができます。

 

それは、歌でも同じで、正しい姿勢であってこそ、キレイな発声ができます。

発声のノウハウを学ぶ前に「正しい姿勢」を身につけることが何より重要。

 

f:id:koikesuitors:20170301135440j:plain

 

正しい発声姿勢を学ぶには、ハンガーから学ぶのが手っ取り早いでしょう。

 

▼ まずは、ハンガーのフックの部分を下に向けます。

f:id:koikesuitors:20170301135456p:image

 

▼ それのままの状態で、両腕ではさんで背中に固定。

f:id:koikesuitors:20170301135528p:image

 

▼ 両腕を曲げ、ハンガーの圧力を感じましょう。

f:id:koikesuitors:20170301135958j:image

 

▼ 下半身は、かかとをくっつけて、少しがに股で立ちましょう。

お尻がしまる感覚を大切にして立ってください。

お尻がしまることで、お腹から声が出やすくなるんですよね。

f:id:koikesuitors:20170210230122j:plain

 

この状態をキープして、発声。

いつもボクは原曲を聴きながら、小声で歌っています(・ω・)ノ

 

▼ 意識するポイントは5点。

  • お腹が膨らむように息を吸う(腹式呼吸)
  • 背中を曲げない
  • 胸を張りすぎない
  • まっすぐに立つ
  • 上半身の力を抜く

 

f:id:koikesuitors:20170301140354j:image

 

 

正しい口の開け方を「わりばし」から学ぼう/家でボイトレ②

 

正しい口の開け方を学ぶことで、多くの空気を吸って吐くことが可能になります。

また、喉の奥までしっかりと開くようになります。

 

▼ 以下の2点は、ボクが実践してみて感じたメリット。

  • 多くの空気を取り込み吐くことで、声量アップ
  • 喉がしっかりと開くことで、ビブラートがかかりやすくなる

 

 

f:id:koikesuitors:20170301140446j:image

 

▼ 割っていないわりばしを1本用意して、これを縦にして使います。

f:id:koikesuitors:20170301140521p:image

 

▼ 前歯で支える感じで、くわえます。

f:id:koikesuitors:20170301140542p:image

 

これが、正しい口の開け方です。この状態で、原曲を聴きながら小声で発声(・ω・)ノ

 

 

これは、正しいフォームを身につけるための練習なので、発音はめちゃくちゃになってオッケーです。

 

意識するポイントは3点。

  • 喉の奥まで開く
  • 笑顔で発声する(良い声がでる)
  • お腹が膨らむように息を吸う(腹式呼吸)

 

 

2本の「わりばし」で舌のトレーニング/家でボイトレ③

 

聞き取りやすい発音をするためにも舌のトレーニングは必須。

 

ハッキリとした発音が自然にできるように、舌の筋肉を鍛えましょう。

 

▼滑舌の悪い人は、この練習をコツコツ積めば改善されること間違いなしです。

f:id:koikesuitors:20170301140644p:image

 

▼ 2本のわりばしをそれぞれ縦にして、太い方を奥歯で挟みます。

f:id:koikesuitors:20170301140656p:image

 

▼ グラグラする場合は両手で支えてあげましょう。

f:id:koikesuitors:20170301140716p:image

 

この状態で、歌いたい曲を聴きながらやるんですが、すべて「か」「ら」「な」のみで歌ってください。

理由は、舌の筋肉をそれぞれ鍛えられるからです。

 

  • よく使う舌の場所を鍛える「な」
  • 舌の先を鍛える「ら」
  • 舌の奥を鍛える「か」

 

舌が動くのを感じながら、練習しましょう(・ω・)ノ

 

▼ 意識するポイント3点。

  • 舌の動きを感じながら発声
  • 口は動かさず、舌のみ動かす
  • お腹が膨らむように息を吸う(腹式呼吸)

 

 

「ストロー」と「めんぼう」で腹式呼吸の練習/家でボイトレ④

 

  • 最後まで1曲を歌い終えることができない
  • 曲の途中で、息切れしてしまう
  • 声が震えて安定しない

 

上記の3点を感じている人は、この練習に取り組んでみるといいかもしれません。

 

声を安定に出し続けるために、吐く息をコントロールする力が求められます。

吸った空気を一気に出すのではなく、一定に出し続けるということで、息切れも防ぎます。

 

そこで、重要になってくるのがお腹を活用した呼吸(腹式呼吸)です。

 

「腹式呼吸」は、以下の4つを支える大切な役割があります。

 

▼ これら4つを支えることで、安定して声を出すことが可能に。

  • のど
  • あご

 

▼ 「めんぼう」と「ストロー」を活用した腹式呼吸の練習を積み重ねていけば、安定した発声を続けることができます。

f:id:koikesuitors:20170301140742j:plain

 

▼ ストローとめんぼうを用意。

f:id:koikesuitors:20170301140805p:image

 

▼ めんぼうをストローの先端にぶっ刺します。

f:id:koikesuitors:20170301140839p:image

 

▼ 刺したら口でくわえます。

f:id:koikesuitors:20170301140923p:image

 

口で息を吸うとストローが不安定になるので、鼻で吸いましょう。

 

▼ ポイントは、お腹が膨らむのを感じながら吸うこと(・ω・)ノ

f:id:koikesuitors:20170301141537j:image

 

▼ 鼻で吸った空気を口から出すんですが、刺しためんぼうが吹きかけた息で飛び出ないように注意。

f:id:koikesuitors:20170301141606p:image

 

▼ これ以外と難しいんですよねぇ~。あ、落っこちた。

f:id:koikesuitors:20170301141630p:image

 

この練習も歌いたい曲で練習し、曲のリズムに合わせて呼吸しましょう。

 

 意識するポイントは3点。

  • 鼻で腹式呼吸
  • めんぼうが飛び出ないように息を一定に吐く
  • お腹に力が入っている感覚をもつ

 

 

「ペットボトル」で声量アップ/家でボイトレ⑤

 

大きい声を出せない人は、お腹をうまく使えていないことが原因。

 

▼ そこで、2リットルのペットボトルを使った、この練習を紹介。

f:id:koikesuitors:20170306204326j:image

 

▼ まずは、ペットボトルをくわえ、ペットボトルが「ポコッ」と音がするまで一気に息を吸います。

f:id:koikesuitors:20170306204355j:image

 

▼ 「ポコッ」と音がしたら、一気に息を吐きます。

f:id:koikesuitors:20170306204405j:image

 

大きい声を出せない人は、お腹で空気を出し入れする力をつけましょう。

お腹で呼吸する力と感覚が身に付けば、声量アップ間違いなし。

 

▼ 意識するポイントは2点。

  • 呼吸する時は、ゆっくりではなく一気に呼吸する
  • 適度に休憩

 

 

手軽に買える5つのモノ/家でボイトレ⑤

 

これら5つのモノは、手軽に購入できます。

 

▼2リットルのペットボトル以外は、100円弱で購入可能。

  • ハンガー
  • ストロー
  • わりばし
  • めんぼう

 

▼ これら4つは、全て100均にあります(・ω・)ノ

f:id:koikesuitors:20170306204441j:image

 

おためしあれ!

 

 

最強の改善方法はプロに見てもらう

 

やっぱり、これに敵う改善方法はないんですよね〜。

 

今の時代、ググれば練習方法なんて、いくらでも出てきます。

 

でも、ググって出てきた練習方法が、本当に正しいかもわかりませんよね。

ましてや、このような練習方法で発声しても、「誰が」正しい発声だと判断するんでしょうか?

 

おそらく、ボイスレコーダーなどを使って、たくさんの人が自分自身で判断していると思います。

 

でもね、それじゃマズイんですよ。

 

だって、正しい発声ができていないのに、正しい発声ができている状態がわかるわけがないんです。

もちろん、正しい発声ができている状態がわかればいいですよ。

 

間違ってる発声を繰り返しても、絶対に上達しません。

むしろ、さらに悪い発声になるかも…。

 

でも、歌のプロにみてもらえば、ソッコーで正しい発声ができているかどうか、わかりますよ。

 

実際、体験レッスンに行ったとき、ボクが腹式呼吸ができていないのをプロの講師は3分で見極めていました。

いや、もっと短かったっけ?1分かなぁ。

 

音楽教室にいる講師は、プロの歌手に匹敵するくらいの歌唱力をもった人がたくさんいます。

自分に合った講師に指導してもらうことで、専門的な知識と技術を得ることができます。

 

ボイトレは1人でもできますが、それが「正しい練習方法・発声なのか」はわかりませんよね。

 

それと、あと、もう1つ。

 

▼ あなたは、上達しない根本的な原因を理解していますか?

  • 何が原因で高音が出せていないのか…
  • 音程が安定しない根本的な原因は?
  • リズムがとれない原因は?

 

もちろん、原因もググればたくさん出てきます。

でも、「あなたの」原因はググっても出てきませんよね。

 

腹式呼吸が身についていないから高音が出ないのか、それとも口が狭いから高音が出ないのか。

「正しい音感」がないから音程がとれないのか、それともただ単に聴き込めていないのか。

 

色々考えられますね〜。

そして、この原因を追求するには、やっぱりプロの力が必要です。

 

プロに指導してもらえば、すぐに原因はわかりますし、最適で効率の良い練習方法を提案してくれますよ。

 
詳しくは、以下の記事で。
 

 

 

▼ カラオケ好きのあなたに読まれている記事

ABOUTこの記事をかいた人

DAMの精密採点で70点前半だったボクは、歌うことがコンプレックスでした。

猛特訓の末、今では常時85点以上まで成長。

ドタキャンするほど大嫌いだったカラオケだけど、今は大好き٩( ᐛ )و

ツイッターやってます!フォローしてください( ˘ω˘ )