カラオケで音程正解率が低い人の3つの特徴

スポンサーリンク

▼ 読まれている人気記事

 

 

スポンサーリンク

原曲を聞き込んでいない/音程正解率が低い①

 

シュート
音程が合わなくて泣

 

正しい音程で歌うには、原曲を何度も聞かないといけません。

多くの人が自己満足で数回しか聴いてませんが、全然ダメ。

以前の僕も数回聴いてカラオケで歌っていましたが、DAMの精密採点で70点後半。

70点後半じゃ、人前で歌えるレベルじゃないですよね(笑)

 

シュート
音程ガタガタで恥ずかしすぎ…。

 

精密採点で85点以上をキープするためにも改善点を把握するのは必須。

改善点を把握するために必要なのが「ボイスレコーダー」。

もちろん、携帯のボイスレコーダーでオッケー。

 

音痴だった僕はこの方法を実践しただけで、音程正解率が70%から85%以上になりました。

 

苦しくて息が続かない/音程正解率が低い②

 

シュート
苦しくて最後まで歌いきれない…。

 

シュート
長いフレーズだと息が切れて…。

 

▼ そんなあなたにチェックポイント!

  • 息をたくさん吸ってない?
  • 息継ぎのポイント合ってる?

 

 

シュート
え、たくさん息吸ったらだめなの?

 

これ、間違ってますよ。

人の肺の容量は決まってるので、入る酸素の量にも限界があります。

肺の容量以上の酸素を入れ込もうとしても、入らないので苦しくなるだけ。

肺に無理矢理酸素を押し込んでるだけなんですよね。

 

シュート
じゃあ、どうすればいいの?

 

息をたくさん吸わないでください。

息を続かせるためにも、適量の酸素を取り込んでください。

 

シュート
これを改善するには「リップロール」が効果的。

 

リップロールをやるだけで、安定して発声できるようになりますよ。

 

僕はリップロールを継続しただけで、音程がかなり安定するようになりましたね。

高音も出るようになりました。

 

▼詳しい改善方法は以下の記事で!

 

喉で歌っている/音程正解率が低い③

 

シュート
高い声が出ない…。

 

▼ 喉で歌ってもいいことないよ。

  • 喉がすぐに枯れる
  • 喉が締まったつらそうな声
  • 苦しくて歌うのがつらい

 

あなたの知り合いに喉を締めてつらそうに高い声を出している人、いません?

歌う人がつらそうだと、聴いてる方もつらいですよね〜。

 

お腹から高い声を出せるようになれば、もう少し高いキーの高い曲が歌えるかもしれません。

以前の僕も喉で高い声を出していましたが、つらすぎて一曲歌い切るので精一杯。

音程正解率なんて二の次でしたね〜。

 

シュート
なんとしても、キーの高い曲を歌いこなしたい!!

 

あれこれ練習をしましたが、効果的だったのが「割り箸発声」。

 

▼ この練習は良いことたくさん。

  • 楽に発声できるように
  • 発声が安定
  • 高い声が楽に出るようになる

 

シュート
圧倒的に気持ちよく歌いこなせるようになりますよ

 

▼ ガチでおすすめな練習方法は、こちら。

 

シュート
んー、イマイチだな〜…。

 

そんなあなたに…。

 

3分で上達しない原因を見つけてもらう/音程正解率が低い④

 

▼ 歌が上達しない原因はググればたくさん出てきます。

  • 複式呼吸を身につける!
  • 原曲をなんども聞く!
  • ヒトカラに行く!

 

たしかに、全部正解ですが、「あなたが」上達しない原因はわかりません。

わかっていたとしても、それは本当に正しいんでしょうか??

素人の耳、知識じゃわかりませんよね。

だからこそプロの力が必要なんです。

 

シュート
いやいや。独学でやるよ。

 

以前の僕もそうでした。

騙されたと思って、ボイトレの体験レッスンに行ったところ、ボイトレの先生は3分で上達しない原因を見つけました。

あっぱれ〜〜。

ボイトレは一人でできますが、原因を即急に見つけるためにもボイトレは行った方がいい。

 

▼ 詳しくは以下の記事で。

 

▼ 読まれている人気記事

 

スポンサーリンク

関連記事

ABOUTこの記事をかいた人

カラオケが大っ嫌いだった会社員。

カラオケが嫌いすぎて仮病を使ってドタキャンは日常茶飯事。

しかし、数々のボイトレを実践したことにより、今では精密採点で常時85点以上をキープ。

大っ嫌いだったカラオケが、今では大好きに。

ツイッターやってます!フォローしてください( ˘ω˘ )