カラオケで喉が締まる人に4つの改善方法

スポンサーリンク

▼ 読まれている人気記事

カラオケで声が不安定なあなたに3つの練習方法

カラオケで歌うと喉がつぶれる人に4つの改善方法

声が低いあなたが音域を広げる4つの練習方法

 

▼ この記事を読むべき人は。

  • 歌うと呼吸が苦しい
  • 高い声を出すと苦しい
  • 歌い終わると喉が枯れる
  • 声域が狭い

 

「いつも苦しいそうに歌うよね」と友達から言われていた僕。

音痴だった僕は、喉を締めて高い声や大きな声を出していました。

 

シュート
スピッツのチェリーを歌うと、よく声が裏返ってたなぁ〜〜。

 

苦しい思いをして高い声を出すのが、正しい歌い方だと勝手に思い込んでいました。

 

シュート
友達に歌声を笑われた時は、さすがにしんどかった

 

ダサい自分を変えたいと思った僕は、たくさんのボイトレ本を読み、ボイトレにも通いました。

その結果、カラオケの採点で全国最下位から90点を出すまでに上達

 

シュート
音痴だった僕も「プロ」と友達から言われるようになりました。

 

僕の経験から喉が締まるような歌い方をしている限り、上達はしません。

 

スポンサーリンク

口周りの筋肉をリラックスさせる/カラオケで喉が締まる①

 

シュート
喉が締まるのは力の入れすぎだから

 

喉が締まっていた僕は、高い声や大きな声を力で出そうとしていました。

高い声を出す時は喉を絞るように声を出していましたね…。

友達から「高い声出すと、キモいね。笑」と冗談を言われた時はかなり落ち込みました。

 

 

▼ 力で声を出していた僕は…。

  • 高い声を出すとキモかった
  • 声域がめちゃくちゃ狭い
  • 声が裏返る
  • すぐに声が枯れた

 

シュート
これを改善してくれたのがリップロール!

 

リップロールは、あなたに脱力癖をつけてくれます。

脱力する癖が身につくと、無駄な力は入らなくなりますし、高い声も気持ちよく出せるようになります。

ボイトレに通っていた僕は、発声のウォーミングアップとして毎回15分間リップロールに取り組んでいました。

ボイトレの先生も脱力するならリップロール!と言っていましたね〜〜。

 

▼ リップロールで僕は…。

  • 力で声を出すのは間違いだと気が付いた
  • 音程正解率が80%を維持、安定。
  • 笑顔で高い声を出せるようになった

 

リップロールは、カラオケ採点全国最下位の僕を変えてくれましたね…。

 

▼ リップロールをわかりやすく解説した記事

 

舌の力みをなくす/カラオケで喉が締まる②

 

シュート
喉が締まるのは舌の動きが悪いから

 

舌の動きが悪かった僕は、どうしても喉に力が入っちゃいましたね…。

 

シュート
舌が硬いと力で動かそうとしちゃうよね。

 

力で歌う癖をなくすだけじゃなく、舌を柔らかくするのも重要。

舌の動きが悪いせいで、滑舌がめちゃくちゃ悪かったですね…。

RADWIMPSのテンポが早めの曲は全部噛んでいました。

 

シュート
君と羊と青は常に噛んでたな〜〜(笑)

 

▼ 舌の動きが悪かった僕は…。

  • 滑舌がめちゃくちゃ悪い
  • 噛みすぎて友達に笑われる
  • テンポの速い曲は歌えない
  • 音痴キャラ定着

 

 

シュート
まずは舌の硬さを軽減させよう!

 

舌をリラックスさせる効果的な練習がタングトリル。

タングトリルは舌を巻き舌にして「トゥルトゥル〜」と発声するやつ。

 

▼ タングトリルで僕は…。

  • 一曲目から楽に声が出せるようになった
  • 舌がよく動いて滑舌良好
  • 速いフレーズでも歌いこなせるようになった
  • ビブラートがかなり得意になった
  • 精密採点で加点がつくようになった

 

リップロールとタングトリルは、精密採点70点だった僕を変えてくれました。

 

▼ タングトリルの詳しい解説、やり方はこちら。

 

喉が開くようにする/カラオケで喉が締まる③

 

シュート
正しい口の開け方を身につけよう

 

喉が締まる人の多くが正しい口の開け方が身についていません。

喉が締まっていた僕も口の開け方が悪くて、正しい発声ができませんでした。

口の開け方だ小さいと滑舌も悪くなるし、発音も最悪になりますね…。

 

 

▼ 口の開け方が悪かった僕は…。

  • 喉が締まりやすい
  • 声が口にこもってしまう
  • 滑舌が悪く聞こえる
  • 声量が出ない
  • 高い声が出しにくい

 

シュート
正しい口の開け方を身につけるだけで改善されますよ

 

口の開け方は、大きすぎても小さすぎてもダメ。

正しい口の開け方を身につけただけで、滑舌はかなり改善されますし、声が通るようになりましたね。

これは、正しい口の開け方を身につけたことで、喉が締まるのを改善したおかげ。

 

シュート
割り箸を使って正しい口の開け方を身につけよう!

 

▼ 割り箸を使ったボイトレで僕は。

  • 喉が脱力するようになった
  • 声がスムーズに出るようになった
  • 滑舌がよくなった

 

シュート
みんなが持っている割り箸を使うだけで、かなり改善されますよ

 

▼ 割り箸ボイトレは以下の記事で。

 

Amazonで在庫切れのボイトレ本/カラオケで喉が締まる④

 

シュート
あなたは、悩んでいませんか?

 

  • ボイトレ教室はお金が高くて厳しい
  • 独学で練習したいけど、どうすればいいの?
  • 家で声を出せる環境じゃない
  • 毎日カラオケには行けない…

 

これらは、僕の大きな悩みでした。ボイトレ教室は高くて、月に何回も行けないし、カラオケで毎日練習したいけど費用が高すぎる。

 

▼ 1ヶ月、毎日1時間、カラオケに行くと費用は…。

30日×500円ほど=15000円。

 

シュート
15000円とか高すぎる。

 

できるなら独学でボイストレーニングしたい!!と思った僕は、たくさんのボイトレ本を買って読破。

 

▼ その中から必読の一冊を紹介。

  • 過去にAmazonで在庫切れの大ヒット
  • 15年以上も歌の講師をやってた方の実体験ノウハウ
  • 「普通」の練習方法じゃない
  • サイレントでボイトレ

 

 

この本には小手先のテクニックはありませんが、「歌うための体」にしてくれます。

歌もスポーツと一緒で毎日続けることが大切で、この本には毎日続けられる上達方法が書かれています。

 

▼ 本を買った人の感想は…。

本に載っているトレーニングを数分しただけで、声が良くなりました。
即効性があります。(中略)
まず、ボイトレの本買うならこれだと思います。(Amazonレビューより引用)

 

家にあるボイトレ本、50冊程と比較しつつ、特にオススメな書籍をレビューします。(中略)
本書は、超スペシャルな書籍です。
背景として、著者がすさまじい時間、ボイトレしたのに、上達せず、
困り果てていた際に研究を重ね、たどりついた情報の数々です。
こんな簡単なことで、こんなにも上達するのか、と、著者自身が実感した技の数々です。
他のボイトレ本に書いていない、ものすごく上達する要素が多々です。
ぜひ一読を。(Amazonレビューより引用)

 

少しでも気になったら覗いてみるべき。レビューを見るのは無料ですしね。

 

シュート
精密採点で90点を出す僕が読んだボイトレ本

 

▼ 読まれている人気記事

カラオケで声が不安定なあなたに3つの練習方法

カラオケで歌うと喉がつぶれる人に4つの改善方法

声が低いあなたが音域を広げる4つの練習方法

スポンサーリンク

関連記事

ABOUTこの記事をかいた人

カラオケが大っ嫌いだった会社員。

カラオケが嫌いすぎて仮病を使ってドタキャンは日常茶飯事。

しかし、数々のボイトレを実践したことにより、今では精密採点で常時85点以上をキープ。

大っ嫌いだったカラオケが、今では大好きに。

ツイッターやってます!フォローしてください( ˘ω˘ )