歌声が気持ち悪かった僕を激変させた4つの改善方法

スポンサーリンク

 

▼ この記事はこんな人におすすめ!

  • 高い声を出すと声が変になる
  • 歌い方が気持ち悪い
  • 自分の歌声が嫌い
  • 歌声の癖をなくしたい
  • 「歌うま」と思われたい

 

録音した自分の声を初めて聞いたときは、気持ち悪すぎてショックでした。

原因は人によって違いますが、正しい改善方法を継続すれば治すのは可能です。

僕自身、「滑舌を良くする練習」や「喉に負担をかけない練習」を継続しましたが、少しづつ改善されていきました。

今では、友達から「カラオケのプロ」と言われたり、カラオケの採点では高得点を連発できます。

 

▼ ずっと出したかった90点以上もだせるように。

 

▼ 気持ち悪い歌い方・声を改善する方法

  • 録音して自分の気持ち悪い原因を知る
  • 2本の割り箸で滑舌を改善
  • タングトリルで舌のトレーニング
  • 息をコントロールする

 

気持ち悪い歌声を治したいなら、原因に対して正しい練習を継続しましょう。

この記事では、上記の改善方法を深掘りして解説していきます。

 

 

スポンサーリンク

録音して自分の声を知る/歌声が気持ち悪い改善方法

 

シュート
自分の声を聞いて改善点を知ろう

 

歌声が気持ち悪い人は、その原因を知るために録音しましょう。

自分の歌声を録音することで、原因がわかるかもしれません。

音痴だった僕も、よく録音をして下手な原因を調べていましたが、有効な手段だと感じています。

原因がわからなかった頃の僕は、練習を繰り返しても上達しませんでしたね…。

 

シュート
原因がわからないまま練習をしても無意味になるかもしれません

 

意味のある練習にするためにも、歌声が気持ち悪い原因を知ってください。

 

▼ ①〜④を繰り返し取り組んでください。

  1. 歌声を録音
  2. 録音したものを聴く
  3. 違和感のあるところを紙に書き出す
  4. 違和感をなくすように改善練習していく

 

原曲との違いを紙に書き出すことで、修正リストになっていきます。

違和感を修正できたら消していくようにしてください。

 

シュート
違和感は人それぞれ違うので、これから改善方法を紹介します

 

 

喉を締め過ぎて高い声を出している/歌声が気持ち悪い改善方法

 

シュート
喉の締めすぎの発声はダメです

 

かつての僕は、高い声を出すときに喉を締め過ぎていました。

腹式呼吸ができなかったのも大きな原因ですが、発声に力が入っていましたね…。

喉はすぐに枯れるし、声は裏返るし、本当に気持ち悪い歌声でした。

 

シュート
発声の基本は脱力です

 

気持ち悪い歌声を改善するためにも、脱力は必要。

それ以外にも、脱力した発声はたくさんのメリットがあります。

 

▼ 僕が感じる脱力のメリット

  • 高い声が出しやすくなる
  • 声量が増した
  • 喉が枯れにくくなった
  • 呼吸が楽にできるようになった
  • 発声が安定して音程も安定

 

脱力した発声ができるようになると、あなたの発声はかなり変わるかもしれません。

無駄な力が入った発声は、悪いことばかりなので、すぐ改善しましょう。

喉がすぐに枯れたり、音程が不安定になるのは、ディメリトばかりです…。

 

シュート
脱力の練習はリップロールがダントツでおすすめ

 

リップロールは、手軽にできる練習で、ボイトレの王様と言われています。

プロ歌手も実践しているボイトレなので、正しいやり方で継続すれば、上達するはずです。

 

▼ リップロールのやり方は以下。

  1. リラックスして口を閉じる
  2. 唇を少し突き出す
  3. 鼻で息を吸う
  4. 空気を吐いて唇をプルプルさせる

 

リップロールはシンプルな練習ですが、うまくできない人もいます。

僕もやり始めた頃は、唇がプルプルしなくて悩んでいました。

 

▼ リップロールができない人にコツ

  • 息を一気に吐かない
  • 長い時間続けるために息を少しづつ吐く
  • 力で唇を揺らさない
  • 吐く空気でプルプルさせる

 

できない人に多いのが、力のいれすぎです。

脱力する練習なので、脱力した状態でなければリップロールはできません。

できない原因は人それぞれ違うので、上に書いたコツを意識してやってみてください。

リップロールを使った効果的な練習方法は、リップロールができない人に効果的なやり方で書いています。

 

シュート
リップロールは歌の上達に欠かせないと確信しています

 

 

呼吸が苦しくなる/歌声が気持ち悪い改善方法

 

シュート
呼吸が苦しくなると発声も苦しくなります

 

歌声が気持ち悪い人は、呼吸が不安定で発声が苦しくなっている傾向があります。

苦しみながらの発声は、喉に負担をかけて歌ったり、力任せに声を出してしまうので、おすすめしません。

そのような人の歌声は、聴いていてつらいですし、気持ち悪い歌声と思われているかもしれません。

それを改善するためにも、呼吸を安定させた方が良いです。

 

シュート
呼吸を安定させるには、「吸う息の量」「吐く息の量」が重要です

 

 

息を吐きすぎたり、吸いすぎると呼吸が苦しくなって、安定した呼吸はできません。

適量の空気を吸って適量の空気を吐くことで、呼吸の安定につながります。

 

シュート
僕は息を吸い過ぎてました

 

発声が苦しかった僕は、息をいっぱい吸って改善しようと思っていました。

ですが、さらに呼吸が不安定になって逆効果…。

呼吸を安定させるのに必要なのは、「息を吸い過ぎない」「息を吐き過ぎない」ことです。

 

シュート
そのために息をコントロールする力を身につけましょう

 

息をコントロールする力を身につけて、苦しい発声を改善させましょう。

僕がおすすめしているのは、ストローと綿棒を使った練習です。

 

シュート
準備するものは綿棒とストロー

 

▼ やり方は以下です。

  1. 綿棒をストローの先端に挿す
  2. 口にくわえる
  3. お腹を膨らませながら息を吸う
  4. 綿棒が飛び出ないように息を吐く

 

▼ この練習のコツは。

  • 息を少しづつ吐く
  • 息を吸いすぎない
  • 腹式呼吸を意識する

 

お腹を膨らませながら息を吸うことで、腹式呼吸の練習にもなります。

この練習は、腹式呼吸の強さをコントロールする練習にもなるのが良い点。

毎日5〜10分やるだけでも、息をコントロールする力はつくので継続しましょう。

 

▼ この練習で感じた効果は以下。

  • 息が続くようになった
  • 息の吸いすぎが改善
  • 息の吐きすぎも改善
  • 喉に負担のかからないようになった
  • 苦しみながら歌うのは間違い

 

息をコントロールする力を身につけたい人は、実践して効果を実感してください。

当たり前ですが、ちょっと継続したくらいでは、大きな変化は出ません。

少しづつでもいいので、この練習に触れる時間を作りましょう。

気持ちよく歌いたい人に息をコントロールする練習方法では、この練習を応用した練習を書いています。

詳しく知りたい人は、ぜひ読んでください。

 

 

滑舌が悪い・発音が悪い/歌声が気持ち悪い改善方法

 

シュート
歌声が気持ち悪い人は滑舌・発音が悪い

 

これは僕自身がそうだったので、痛いほどわかります。

発音が悪かった僕は、「何を言っているのかわかんないww」と言われたこともありました。

もちろん、冗談まじりで言われているのはわかりましたが、当時は結構ショックでしたね。

あまりにも滑舌や発音が悪いと、カラオケの採点にも悪影響が出ます。

 

シュート
必ず見返したいと思っていました

 

たくさんのボイトレ本を読み、滑舌の改善方法をググりまくって実践。

その結果、友達の態度も変わって、たくさんのメリットもありました。

 

▼ 滑舌トレーニングを継続した僕。

  • ほとんど噛まずに歌えるようになった
  • 発声がスムーズになった
  • 舌、喉、アゴから余分な力が消えた
  • 発声が楽になった

 

シュート
僕がおすすめする方法は以下です
  • 50音をはっきり発音練習
  • 早口言葉で舌の動きを良くする
  • 割り箸で舌を鍛える
  • リップロールで発声の力みをとる

 

「50音発声」や「早口言葉」は、昔から言われているように滑舌改善にはおすすめ。

滑舌に難がある人は、つまずく練習でもあるので甘く見てはいけません。

個人的には、割り箸で舌を鍛える練習リップロールも滑舌改善には、欠かせない練習だと思っています。

それぞれの詳しいやり方は、カラオケで滑舌が悪いあなたに6つの改善方法で書きました。

 

シュート
画像付きで注意点やコツも書いてあります

 

 

声が震える/歌声が気持ち悪い改善方法

 

シュート
声が震える人は気持ち悪い歌声と思われているかもしれません

 

▼ 声が震える原因はさまざま

  • 緊張しちゃう
  • 吸う息の量が少ない
  • 喉だけで発声している
  • 呼吸が不安定
  • アゴに力が入っている

 

歌下手だった僕は、上に書いてある原因のせいで、声を震わせながら歌っていました。

その中でも、呼吸が不安定だったので、ロングトーンは必ず声が震えていましたね…。

歌う回数を重ねれば改善できる原因もありますが、中には正しい改善練習をやらなければ治らない原因もあります。

 

▼ 原因を解決する改善練習は以下。

  • 緊張は場数で乗り越える
  • リップロールで適量の呼吸をする
  • 腹式呼吸で発声を安定させる
  • 息をコントロールする力をつける
  • アゴの力を脱力させる

 

僕自身も緊張で声が震えていましたが、これは歌う回数をこなして自信をつければ改善できます。

そのための手段として、ヒトカラを実践したり、毎日の練習の積み重ねが大切です。

正しい練習を継続すれば必ず上達するので、嫌でも自信はつきます。

 

シュート
問題はそれ以外の原因です

 

それ以外の原因については、正しい改善練習を継続しなければ克服は難しいかもしれません。

「数をこなせば上達するはず!」と思っていた過去の僕は、まったく声の震えは改善しませんでした。

それどころか、モチベーションが下がって、歌うのがつまらなくなってきたんです。

歌の上達にモチベーションの維持は欠かせないので、効率よく効果のある改善練習をやるのが良いです。

声が震えたままでは、気持ち悪い歌声のままなので、正しい改善練習をやりましょう。

 

▼ 声が震えるディメリット

  • 発声が不安定になる
  • 音程も不安定になる
  • 声量が小さくなる
  • 音域がせまくなる
  • 歌うまキャラにはなれない

 

声が増えてしまう人は、カラオケで声が震える人の原因と改善方法をまとめてみたで、それぞれの改善方法を解説しているので、ご覧ください。

 

 

真似するだけで効果絶大のボイトレ本/歌声が気持ち悪い改善方法

 

僕は、この本に書かれている練習方法を継続したことで、カラオケの精密採点で70点台から90点を出せるまでに成長しました。

 

シュート
半年で20点UPしたのは、自分でもびっくり。

 

小学生でもできる練習を毎日15分続けただけで、90点を出せるようになったのは今でも信じられません。

 

▼ あなたに必読の一冊を紹介。

  • 5秒で効果を実感できる練習方法
  • 小学生でもできる簡単なボイトレ
  • 真似するだけで歌がうまくなる
  • テレビや雑誌など、多数のメディアで取り上げられた

 

 

この本では、詳しい理論は書かれていませんが、効果を感じられる58の目的別テクニックが紹介されています。

愛読している僕から言わせてもらうと、「真似するだけ」で爆速で上手くなります。

書かれている練習内容はどれも簡単で、かなり継続しやすい…!

 

シュート
こんな人は読むべき!
  • 理論ばかりのボイトレ本に疲れた人
  • 簡単なボイトレで効果を実感したい人
  • ボイトレを毎日継続させたい人
  • 独学で歌を上達させたい人
  • 僕のように精密採点で70点から90点までアップさせたい人

 

 

▼ 読まれている人気記事

カラオケで喉が締まる人に4つの改善方法

カラオケで発音が悪いあなたに4つの改善方法

声が低いあなたが音域を広げる4つの練習方法

スポンサーリンク

関連記事

ABOUTこの記事をかいた人

音痴、リズム感0、高い声が出なかった会社員。

カラオケが嫌いすぎて仮病を使ってドタキャンは日常茶飯事。

しかし、数々のボイトレを実践したことにより、今では精密採点で常時85点以上をキープ。

音痴を克服し誰からも「うまい」と言われるように。

大っ嫌いだった歌は、今では大好きになりました。

ツイッターやってます!フォローしてください( ˘ω˘ )