カラオケで低い声が出ない人に低い声を出す方法

スポンサーリンク

 

▼ この記事を読むべき人

  • 低い声が出ない人
  • 低い声を出す練習を知りたい人
  • シンプルな練習で継続したい人
  • 低い声を出せるようになりたい人

 

低い声がでない人で、低い声を無理やり出そうとして喉を締める人が多いです。

過去の僕もそうでしたが、無理やり低い声を出そうとすると、喉まわりが固まりがち。

 

シュート
「無理やり」だと力が入っちゃうんだよね〜〜

 

無駄な力で発声しても悪いことばかりなので、どんな状態でも「脱力して発声」は維持しましょう。

喉をリラックスした状態で、低い声を出すのが大事です。

 

▼ 低い声を出す上での注意点!

  • 喉だけで低い声を出そうとしない
  • 息を吸いすぎない
  • 喉を締めない
  • アゴに力を入れない

 

これらの注意点に「1つでも」当てはまる人は、最後まで読まないと損しますよ

この記事では、上記の改善方法をすべて書いていきます。

 

シュート
意外と知らない人も多いので必見ですよ〜〜

 

スポンサーリンク

安定した低い声を出す基本/カラオケで低い声がでない

 

不安定な発声をしている人は、無駄な力も入りやすく、安定した低い声を出すのは難しいです。

無理やり低い声を出そうとするのは、喉やアゴに力が入ってしまうのでやめましょう。

 

シュート
まずは発声を安定させるのが重要!

 

安定した発声をするには、腹式呼吸をスムーズにできるようにするのが大切。

腹式呼吸をスムーズにやるために、「ドキーブレス」が効果的です。

 

シュート
ドキーブレスとは犬のような呼吸!

 

▼ ドキーブレスを継続することで。

  • 一定した呼吸で発声できるようになる
  • 自然なビブラートができるようになる
  • 呼吸が安定して無駄な力がなくなる

 

ドキーブレスを継続すると、一定した呼吸ができるようになります。

一定した呼吸ができると無駄な力が入りにくくなり、脱力した発声がしやすくなります。

 

シュート
脱力すれば喉締めもなくなって安定した発声に繋がるよ!

 

▼ ドキーブレスの簡単なやり方

  1. 口をあける
  2. 舌の力を抜く
  3. 舌先を舌の歯のウラにつける
  4. 暑い日に犬が「ハッハッハッハ・・・」と呼吸するマネをする
  5. これを休まずに20秒間つづける

 

意識するポイントとしては、手をお腹において一定の動きをしているのかを確認してください。

極端にヘコんだり、全然ヘコまなかったりと、お腹の動きが不安定にならないようにしましょう。

 

シュート
お腹の動きで一定に呼吸ができているかチェック!

 

もうひとつのポイントは、吸う息・吐く息が同じ量になるよう呼吸すること。

息の量がバラバラだと呼吸が不安定になる大きな原因になります。

 

シュート
以上の注意点に気をつけて安定した発声を身につけましょう!

 

オペラ声で喉をあける癖を身につける/カラオケで低い声が出ない

 

シュート
低い声を無理やり出すのはダメ〜〜

 

低い声がでない人で、無理やり喉仏を下げようとする人が多いです。

喉仏を下げる意識は良いと思いますが、やり過ぎはダメです。

無理やり喉仏を下げようとすれば、喉周辺の筋肉が固まって無駄な力が入りやすいです。

 

シュート
無理やり喉仏を下げるのはやめよう!

 

低くて太い声を出すために、オペラ声で発声練習をしましょう。

オペラ声とは、オペラ歌手が出しているような低くて太い声です。

イメージ的には、秋川雅史さんの「千の風になって」が近いですかね。

 

シュート
オペラ声で「ば」「ぶ」「ぼ」を発声し、スケール練習!

※スケール練習とは、ピアノの「ドレミファソラシド」を使った音階練習

 

「ば」「ぶ」「ぼ」は、喉が開きやすい単語なので、発声練習にはおすすめです〜〜。

まずは、スマホで「ピアノのアプリ」をダウンロードしましょう。

やり方は簡単で、ドレミファソラシドの音に合わせて、オペラ声で「ば」「ぶ」「ぼ」を発声するだけです。

これを「高い音⇄低い音」を繰り返してください。

 

▼ スケール練習の良い点

  • 聴いた音を正確に発声できるようになる
  • 正しい音が体に染み込む
  • 音程の基礎固め
  • 音痴改善にもつながる

 

シュート
オペラ声で低くて太い声を出す感覚をつかみましょう!

 

▼ 以下の記事でもオペラ声の練習メニューを解説!

 

呪怨の声で脱力感をつかむ/カラオケで低い声が出ない

 

シュート
呪怨の声=エッジヴォイス!

※低い声で「ぁぁぁぁ〜〜」という声。

 

低い声が出ない人は、脱力して低い声を出す感覚をつかみましょう。

苦しそうに聴こえるエッジヴォイスですが、力はまったく入っていません。

 

▼ エッジヴォイスがわからない人は、解説動画の1:13を見てください!

 

▼ 注意点は。

  • 力で発声しない
  • 喉を開けて力をゼロに
  • 息だけで声を震わせる

 

安定して低い声が出ない人は、エッジヴォイスから地声に切り替える練習を繰り返してください。

 

▼まだあるエッジヴォイスの練習方法は以下で!

 

 

▼ 読まれている人気記事

アゴの力を抜いて気持ちよく歌う1つの改善方法

音域を広げる簡単な1つの高音トレーニング

腹式呼吸ができない人に超絶簡単な練習方法

スポンサーリンク

関連記事

ABOUTこの記事をかいた人

音痴、リズム感0、高い声が出なかった会社員。

カラオケが嫌いすぎて仮病を使ってドタキャンは日常茶飯事。

しかし、数々のボイトレを実践したことにより、今では精密採点で常時85点以上をキープ。

音痴を克服し誰からも「うまい」と言われるように。

大っ嫌いだった歌は、今では大好きになりました。

ツイッターやってます!フォローしてください( ˘ω˘ )