【体験談】カラオケの精密採点で90点以上を出す7つの練習方法

スポンサーリンク

 

▼ この記事はこんな人におすすめ!

 

僕がマイクを持って、歌えばいつも70点代でした。

僕は、カラオケが本当に大っ嫌いでした。

 

シュート
精密採点でのカラオケは、公開処刑。

 

でも、大好きなバンドに出会ったことで、僕は変わりました。

ヒトカラを100回以上したり、家でボイトレをコツコツやっていたらDAMの精密採点で常時85点以上をキープ。

 

シュート
85点以上をキープするのは余裕かな!

 

シュート
90点以上も出せるようになったよ

 

僕の経験から、精密採点で90点以上は出すには以下の6つが重要。

 

 

スポンサーリンク

原曲を聴き込む・鼻歌・歌う/カラオケの精密採点で90点以上出す練習方法

 

正しい音がわからなければ、正しく歌えるわけがない。

まずはひたすら原曲を聴くことに力を入れてください。

 

シュート
何回聴けばいいのー?

 

原曲を聴きながら、鼻歌で歌えるようになるまで聴きましょう。

 

▼ 鼻歌で歌えるようになったら、繰り返し鼻歌で歌う

 

スピーカーで練習したい曲を流して、鼻歌で歌うのがおすすめですよ。

イヤホンも悪くないですが、自分の声が聞き取りづらく、正しく音を出せているのかわかりづらいです。

 

シュート
長時間のイヤホンはストレス・・・。

 

「本気で」うまくなりたいなら、お風呂でも練習しましょう。

 

▼ 僕はソニーの防水スピーカーを持ち込んでいました。

 

シュート
鼻歌の次は、実際に歌いましょう!!!

 

シュート
おっと、ただ注意点が・・・。

 

「一曲を通して、歌わない」

 

▼ このサイクルを繰り返し取り組む

 

このサイクルを繰り返すことで、曲のクオリティが段々と上がっていきます。

 

シュート
最初から100%を目指すのは疲れる。少しずつ「%」をあげていこう。

 

 

アカペラで録音・確認・修正/カラオケの精密採点で90点以上出す練習方法

 

▼ 簡単に説明〜!

  • 録音 → 今の自分を知る
  • 確認 → 原曲と自分の違いを知る
  • 修正 → 自分との違いを修正するように原曲を聴く、歌う

 

▼ 用意するものは、こちら!

  • 曲の歌詞 or ケータイアプリの歌詞
  • ボイスレコーダー or スマホのボイスレコーダー

 

▼ やり方は以下。

 

シュート
ポイントは「区切って録音」

 

フレーズごとに区切ったり、Aメロ・サビで区切ったり。

まとめて録音して修正するよりも、だんだんと修正していくようにしましょう。

 

シュート
イメージは、50%→70%→90%って感じ!

 

僕の経験から、このやり方が1番最速で上達しますね。

 

 

表現力をあげて点数を上げる/カラオケの精密採点で90点以上を出す方法

 

シュート
歌に表現力がない人は成長が止まります

 

表現力がない人は、カラオケの点数でも加点ポイントが低くなるので、損をします。

それに、歌声に表現力がないと、聴いている人を感動させられません

僕の経験上、「点数を上げる」「人を感動させたい」なら歌に表現力は必須。

 

▼ 表現力を上げれば良いことばかり。

  • カラオケの採点で加点ポイント大
  • DAMで90点を出す助けになる
  • 人を感動させる歌声になる
  • 歌を表現できるので楽しさ100倍

 

シュート
歌に表現力がないだけで損害は大きい…

 

音痴だった僕も、音域がせまく歌に表現力がありませんでした。

そんな自分を変えるために、歌に表現力を持たせるトレニーングを継続しました。

 

▼ 表現力アップは抑揚が重要(詳しくは以下の記事で)

  • 歌詞を語りかけるように読む方法
  • 歌詞を語る上での注意点・コツ
  • 実際に歌う時は〇〇を意識するのが必須
  • 抑揚は簡単なようで実は難しいわけ

 

シュート
抑揚に自信がある人は読まなくて大丈夫ですよ

 

 

歌詞を覚える/カラオケの精密採点で90点以上出す練習方法

 

シュート
歌詞を覚えると音程を取るのに集中できるよ!

 

歌詞を紙に書いて、カラオケでモニターを見ずに歌う!

シンプルに、これのみ!

 

▼ 歌詞を覚えるコツ

 

シュート
カラオケで歌うときは、画面を「チラ見」するのもあり!

 

 

 

練習したいフレーズだけを繰り返し歌う/カラオケの精密採点で90点以上出す練習方法

 

シュート
まだ、人前で歌うには早い曲をヒトカラで練習!

 

▼ 具体的なやり方は、こちら。

 

  • 喉の無駄な消耗がなくなる
  • 曲を入れる時間、手間をなくす
  • ヒトカラの時間を効率よく、濃い時間に!

 

 

簡単なボイトレで発声を安定/カラオケの精密採点で90点以上出す練習方法

 

シュート
苦しいし、声もすぐ枯れる…。声も不安定…。

 

▼ あなたは悩んでいませんか?

  • 最後まで1曲を歌い終えることができない
  • 曲の途中で、息切れしてしまう
  • 声が震えて安定しない

 

声を安定に出し続けるためには、吐く息をコントロールしなければいけません。

吸った空気を一気に吐き出すのではなく、一定に出し続けることで息切れも防ぎます。

そこで、重要になってくるのがお腹を活用した呼吸(腹式呼吸)です。

 

▼ 「腹式呼吸」は、以下の4つを支える大切な役割があります。

  • のど
  • あご

 

「綿棒」と「ストロー」を使った練習を積み重ねていけば、安定した発声を続けることができます。

 

▼ この練習で僕は…。

  • 力をいれて歌うのは間違いだと実感
  • ロングトーンが倍以上伸びるようになった
  • ビブラードでかなり上達
  • 採点で加点がつきまくり

 

シュート
息をコントールしたい人は以下の記事で全て明かします

 

 

体でリズムをとるクセを身につける/カラオケの精密採点で90点以上出す練習方法

 

  • 足でリズムをとる
  • 手を叩きながら歌う
  • ビブラート、しゃくりをかけようとしない
  • メロディに声を乗せるイメージで歌う
  • 指でリズムをとる

 

リズムがハチャメチャだと、なかなかツライですね…。

リズム感があるのは、音程を正確にとるのと同じくらい大切

メロディをしっかりと聴き取り、体にリズムをきざむ意識をしてください。

 

▼ リズムが取れない人に簡単な改善練習

  1. リズムが取れない曲を聴く
  2. 曲に合わせて4拍子「1・2・3・4」と心の中で数える

 

この練習は、どこでもできるので継続しやすいです。

音が出せる環境なら、手を叩いたり、足でリズムを取るのも効果的です。

 

▼ 練習ポイントは。

  • 曲につられて数えるスピードが変わらないようにする
  • 曲に流れている一定の「音」をみつける

 

曲につられて数を数えるスピードが変わらないように注意してください。

そのために、曲の中で一定のリズムを刻んでいる「楽器の音」を見つけましょう。

その音に合わせるように数えると、うまくリズムがとれます。

 

シュート
例えばドラムのキックの音やベースの音とか!

 

リズム感0の人は、いきなり100%を目指すのではなく、少しづつリズム感を向上させていきましょう!

 

 

ペットボトルで腹式呼吸を身につける/カラオケの精密採点で90点以上出す練習方法

 

▼ 腹式呼吸を身につけた僕は。

  • 喉を締めて高音を出さなくなった
  • 3時間歌っても喉が枯れなくなった
  • 息が苦しくなくなった
  • 音域が格段に上がった
  • 声量がグーンと上がった

 

シュート
お腹を使って呼吸するのが腹式呼吸!

 

喉で歌っていた僕は、喉を締めて高音を出したり、怒鳴るように無理やり声を出していました。

カラオケの精密採点では70点台が当たり前で、友達からは「高い声出すと声が気持ち悪くなるよねw」と言われていました。

チカラで発声をコントロールしても、悪いことばかりです。

 

シュート
腹式呼吸を身につければ全部解決!

 

▼ 今回紹介したボイトレで僕は…。

  • DAMの採点で70点台から90点を出すまでに成長
  • 全国最下位から常時85点をキープ
  • 音痴キャラから声高いキャラに変化
  • カラオケでドヤ顔できるようになりました

 

カラオケの採点で全国最下位から、精密採点で90点以上を出せるようになったのは、間違いなく腹式呼吸のおかげ。

 

シュート
僕がやっていた腹式呼吸の練習方法を以下で紹介

 

 

自分の声域にあった曲を選ぶ/カラオケの精密採点で90点以上出す練習方法

 

シュート
選曲はノウハウよりも重要!

 

出せる音域は人によってさまざま。

高音が出るようにボイトレを継続すれば、ある程度まで伸びますが、限界はあります。

つまり、男100人いて全員がミスチルの「tomorrow never knows」やワンオクの「完全感覚ドリーマー」を原曲キーで歌いこなすのは無理だと言うことです。

 

▼ 声域にあった選曲をしないと。

  • 無理やり高音を出そうとする
  • 舌に力が入りやすくなる
  • 呼吸が不安定になる
  • 喉が痛くなる
  • 声が枯れやすくなる

 

声域にあわない曲を歌っても悪いことばかり。

過去の僕も、自分の限界を超えたキーの高い曲を歌い込んでいました。

2〜3曲目で声が枯れて、喉が痛くなったり、苦しみながら歌ってましたね〜〜。

 

シュート
僕みたいに苦しむ必要はありません!

 

▼ 僕がおすすめする選曲ポイントは。

  • 無理なく発声できている
  • 喉がしまる感覚がない
  • 息が苦しくならない
  • 高い声を張り上げて出していない

 

これら4つのポイントをおさえるだけでも、あなたに合った選曲ができると思います。

あとは、ボイトレを通して歌える曲をコツコツ増やしていきましょう。

 

▼ ボイトレで自分を成長させるのも大切ですよ。

  • 腹式呼吸ができているか?
  • 喉を締めて高音を出していないか?
  • 地声が安定しているか?
  • 間違ったボイトレをしていないか?

 

シュート
正しい練習を継続すれば、今よりも上達するはずです!

 

 

Amazonで在庫切れのボイトレ本/カラオケの精密採点で90点以上を出す練習方法

 

DAMの精密採点で70点台だった僕は、この本に出会ったことで爆速に成長。

音程正解率85%を楽々キープ、点数では常に85点以上を出せるようになりました。

 

シュート
半年後には90点以上も難なく出せるようになったよ

 

▼ あなたに必読の一冊を紹介。

  • 過去にAmazonで在庫切れの大ヒット
  • 15年以上も歌の講師をやってた方の実体験ノウハウ
  • 「普通」の練習方法じゃない
  • サイレントでボイトレ

 

 

▼ この本を読んだ人のレビュー(アマゾンレビューより引用)

本に載っているトレーニングを数分しただけで、声が良くなりました。即効性があります。
人体力学的な理にかなったトレーニングだと思います。普通の筋トレとかとは違います。
まず、ボイトレの本買うならこれだと思います。

 

とにかく読むよりも内容を試してみればわかります。私の場合は評価の星は5で収まりきらないです。

 

息が続かない人は104Pもオススメです。これも即効性あり。息が続かなかった曲を克服することが出来ました。104Pだけでも1000円以上の価値があると思います。

 

シュート
こんな人におすすめ!!
  • カラオケの点数を爆上げしたい人
  • 家でも効果的なボイトレをやりたい
  • ボイトレを毎日継続させたい
  • 家で声が出せなくて苦しんでる人
  • ボイトレが続かない人

 

 

▼ 読まれている人気記事

スポンサーリンク

関連記事

ABOUTこの記事をかいた人

音痴、リズム感0、高い声が出なかった会社員。

カラオケが嫌いすぎて仮病を使ってドタキャンは日常茶飯事。

しかし、数々のボイトレを実践したことにより、今では精密採点で常時85点以上をキープ。

音痴を克服し誰からも「うまい」と言われるように。

大っ嫌いだった歌は、今では大好きになりました。

ツイッターやってます!フォローしてください( ˘ω˘ )