カラオケで音痴な人の特徴4つと具体的な改善方法

 

  • まったく音程がとれない
  • 声量が小さすぎる…
  • リズム感がまったくない
  • 高音がでない
  • 音痴すぎて人とカラオケに行きたくない

 

突然ですが、あなたはこのような歌の悩みを抱えていないでしょうか?

 

音痴だと、カラオケは地獄ですよね。

あれ、ほんと公開処刑だと思いますよ。

 

ボクは、あまりにも音痴すぎて友達とのカラオケをよくドタキャンしていました…。

 

だって、それぐらい人と行きたくなかったんですもん。

 

しかし、そんなボクでも、今ではDAMの精密採点で85点以上を連発。

 

▼1ヶ月ぶりのヒトカラで撮影したもの。

 

大っ嫌いだったカラオケが、大好きになり一時期週4でカラオケに行っていたときもありました…!

 

ここまで、上達できたのは、これから紹介する「音痴改善方法」のおかげだと思っています。

 

音痴なあなたも、「音痴改善方法」をしっかりと取り組めば間違いなくうまくなりますよ。

 

では、紹介していきましょー!

 

 

音程が取れていない/音痴な人の特徴と改善方法①

 

音痴だと思われてしまう人は、音程が取れていない人が多いですね。

当たり前ですが…。

 

音程がずれていると、いくら感情を込めて歌ってもうまく聞こえません。

 

原曲を聴きまくる/音程が取れていない人の改善策

 

音程がとれない人は「正しい音がわかっていない」ケースが多いです。

 

正しい音がわからないのに正しく歌えるわけがない。

だから、まずはひたすら原曲を聴くことに力を入れてください。

 

原曲を聴き込んだら、ひたすら歌う。この繰り返し「だけ」です。

 

▼具体的な手順を説明していきます。

  1. ひたすら原曲を聴き込む
  2. 鼻歌で歌う
  3. 声に出して歌う

 

注意点として、「聴き込む」のと「鼻歌で歌う」は一緒に取り組まないでください。

 

まずは、正しい音程をしっかり聴き取る。

正しい音程を聞き取れていない状態で歌うと、ズレている音程が体に染みつくんですよね。

 

スポーツで例えると、すでに固まっているフォームを修正するのって難しいじゃないですか?

それと一緒で、ズレている音程が体に染み付くと、修正するのに苦労するんですよね。

 

だから、まずは「聴くこと」に力を入れましょう!

 

原曲を聴きながら鼻歌で歌う/音程が取れていない人の改善策

 

おすすめは、スピーカーで原曲を流して鼻歌で歌うのがいいです。

イヤホンをすると自分の声が聞こえずらくなりますしね…。

 

あと、お風呂に防水スピーカーを持ち込んで、聞きまくるのもかなり良い!!

 

▼ボクの愛用防水スピーカー

 

本気でうまくなりたいなら、お風呂でも練習した方がいいですよ〜。

環境的にカラオケボックスとお風呂って似てるんで、練習場所には、もってこいなんです…!

 

お風呂に持ち込むスピーカーは、「防水スピーカー」が良いです。

前に防水じゃないスピーカーを持ち込んだら、ぶっこわれたんですよね〜。

まぁ安物だったんで、いいんですけど。

 

普通のスピーカーだと、簡単に壊れますね( ˘ω˘ )

 

 

▼ さらに詳しい音程向上練習方法は以下の記事で!

 

 

リズムがガタガタ/音痴な人の特徴と改善方法②

 

リズムが正確じゃないと、音程もずれますし…。

いくら音程が取れていても、リズムがガタガタだと音痴に聞こえます。

これ、すごくもったいないですよね?

 

体全体でリズムを取るように意識/リズムがガタガタな人の改善策

 

  • 足でリズムをとる
  • 太ももの上で手を叩きながら歌う
  • 無理にビブラート、しゃくりをかけようとしない
  • メロディに声を乗せるイメージで歌う
  • 指でリズムをとる

 

リズムがハチャメチャだと、聞いている側はなかなかツライですね…。

 

リズムを正確にきざむことは、音程を正確にとるのと同じくらい大切です。

 

メロディをしっかりと聴き取り、体にリズムをきざむ意識をしてください。

 

 

声が小さい・高音が出ない/音痴な人の特徴と改善方法③

 

もしかしたら、この改善方法が1番大切かもしれません。

 

せっかく、音程も完璧・リズムも正確なのに「声が小さい」「高音がでない」だけで全て台無しです。

めちゃくちゃ、損してますよ。

 

腹式呼吸を身につける/声が小さい・高音がでない人の改善方法

 

ボク、本当に声量もなくて、高音も出なかったんです。

 

バンプオブチキンの「天体観測」を歌うのがやっとで、2時間のカラオケを「天体観測」だけを歌って乗り切ったこともありました。

 

そのとき一緒にいた友達には申し訳ない気持ちでいっぱい…。

 

シュート
どうしたら高い声が出るようになるんだろう?

 

そう思って調べてみたところ、「腹式呼吸」を身につけた方が良いということがわかりました。

 

▼ 腹式呼吸とは?

腹式呼吸(ふくしきこきゅう)とは、一般的には胸郭(助骨などからなる骨格)をなるべく動かさずに行う呼吸のことを言う。声楽においては、を良く出すために呼吸を工夫することを、腹式呼吸という言葉で示すことが多い。

引用:腹式呼吸 – Wikipedia

 

ウィキペディアには書いてなかったんですが、人間は寝ているとき自然と腹式呼吸になります。

 

要は、寝ている時の呼吸を歌っている時もできるようにすればいいだけ。

 

カラオケ好きマン
んー、言葉で説明されただけじゃ、よくわからないや。

 

そんなあなたに、「ペットボトル呼吸」の紹介をしましょう( ˘ω˘ )

 

▼ 用意するものは2リットルのペットボトル。

f:id:koikesuitors:20170306213048j:image

 

▼やり方はとても簡単ですよ!

  1. ペットボトルを口にくわえてください。
  2. 「ポコッ」と音がするまで、息を一気に吸い込みます。

 

▼ この時、お腹が膨らむように息を吸いましょう(腹式呼吸)。

f:id:koikesuitors:20170306204355j:plain

 

▼ 「ぽこっ」と音がしたら、一気に息を吐きましょう。

f:id:koikesuitors:20170306204405j:plain

 

ここまでが、一連の流れ。

 

▼ 腹式呼吸のメリットはこんな感じ。

  • 高い声が出るようになる
  • 声量が圧倒的に上がる
  • 楽に呼吸ができるようになる

 

「ペットボトル呼吸法」を積み重ねていけば、確実に腹式呼吸が身につきます。

 

ちなみにボクは、1回3セットで取り組んでいます。

 

▼ まだある腹式呼吸の練習方法はこちらから。

 

 

なぜ音痴なのか?原因がわかってない/音痴な人の特徴と改善方法④

 

音痴な人が、音痴な理由を把握するのは、無理なんですよ。

だって、音痴な理由がわかってたら、すでに改善済みじゃないですか?

 

音痴な理由がわからなくて、かつ改善できないから、悩んでるんですよね?

 

これを解決するのは、ひとつしかないです。

 

無料で歌のプロに発声を見てもらう

 

やっぱり、これに敵う改善方法はないんですよね〜。

 

今の時代、ググれば練習方法なんて、いくらでも出てきます。

 

でも、ググって出てきた練習方法が、本当に正しいかもわかりませんよね。

 

ましてや、このような練習方法で発声しても、「誰が」正しい発声だと判断するんでしょうか?

 

 

おそらく、ボイスレコーダーなどを使って、たくさんの人が自分自身で判断していると思います。

 

でもね、それじゃマズイんですよ。

 

だって、正しい発声ができていないのに、正しい発声ができている状態がわかるわけがないんです。

もちろん、正しい発声ができている状態がわかればいいですよ。

 

間違ってる発声を繰り返しても、絶対に上達しません。

むしろ、さらに悪い発声になるかも…。

 

でも、歌のプロにみてもらえば、ソッコーで正しい発声ができているかどうか、わかりますよ。

 

実際、体験レッスンに行ったとき、ボクが腹式呼吸ができていないのをプロの講師は3分で見極めていました。

いや、もっと短かったっけ?1分かなぁ。

 

音楽教室にいる講師は、プロの歌手に匹敵するくらいの歌唱力をもった人がたくさんいます。

自分に合った講師に指導してもらうことで、専門的な知識と技術を得ることができます。

 

ボイトレは1人でもできますが、それが「正しい練習方法・発声なのか」はわかりませんよね。

 

それと、あと、もう1つ。

 

 

▼ あなたは、上達しない根本的な原因を理解していますか?

  • 何が原因で高音が出せていないのか…
  • 音程が安定しない根本的な原因は?
  • リズムがとれない原因は?

 

もちろん、原因もググればたくさん出てきます。

でも、「あなたの」原因はググっても出てきませんよね。

 

腹式呼吸が身についていないから高音が出ないのか、それとも口が狭いから高音が出ないのか。

「正しい音感」がないから音程がとれないのか、それともただ単に聴き込めていないのか。

 

色々考えられますね〜。

そして、この原因を追求するには、やっぱりプロの力が必要です。

 

プロに指導してもらえば、すぐに原因はわかりますし、最適で効率の良い練習方法を提案してくれますよ。

 

 

 

▼ カラオケ好きな人に読まれている人気記事

ABOUTこの記事をかいた人

DAMの精密採点で70点前半だったボクは、歌うことがコンプレックスでした。

猛特訓の末、今では常時85点以上まで成長。

ドタキャンするほど大嫌いだったカラオケだけど、今は大好き٩( ᐛ )و

ツイッターやってます!フォローしてください( ˘ω˘ )