カラオケで高い声も低い声も出ない人に4つの対策方法

スポンサーリンク

▼ 読まれている人気記事

音痴で声が低い大学生だった僕が90点を出すまでにやった練習方法

カラオケの一曲目で声が出ない人に3つの対策方法

カラオケで滑舌が悪いあなたに6つの改善方法

 

シュート
高い声も低い声も出なくて何も歌えない。

 

▼ 音域が狭いと最悪。

  • キーの高いサビは苦しい
  • 音痴キャラへ
  • 表現力がゼロ

 

僕自身、高い声も低い声も出ず、音痴キャラでした。

僕が歌い始めると友達は携帯をイジり出すし、カラオケ恐怖症でしたよ…。

音痴だった僕も数々のボイトレを経験して音域を広げるのに成功。

カラオケの精密採点で90点以上を出せるようになった僕が伝えたいのは、大切なのは脱力して発声。

 

シュート
この記事では、脱力を手助けする練習方法を紹介。

 

スポンサーリンク

腹式呼吸を身につける/高い声も低い声も出ない①

 

シュート
まずは音域を広げるために必須な腹式呼吸!

 

▼ 腹式呼吸を身につけないと…。

  • 息が苦しくなる、息切れ
  • 高い声がでない、喉がすぐ枯れる
  • 安定して発声できない

 

シュート
もう悪いことばっかりやん

 

▼ それじゃまずいので、ペットボトル腹式呼吸をやりましょう!

f:id:koikesuitors:20170306204326j:image

 

ぼくはこの練習を継続したことでカラオケの精密採点では常時85%をキープできるようになりましたね。

 

▼ 腹式呼吸を身につけた「だけ」でたくさん良いことがありましたね〜。

 

シュート
ペットボトル腹式呼吸のやり方を解説!

 

▼ まずは、ペットボトルをくわえ、ペットボトルが「ポコッ」と音がするまで一気に息を吸います。

f:id:koikesuitors:20170306204355j:image

 

▼ 「ポコッ」と音がしたら、一気に息を吐きます。

f:id:koikesuitors:20170306204405j:image

 

大きい声を出せない人は、お腹で空気を出し入れする力をつけましょう。

お腹で呼吸する力と感覚が身に付けば、声量アップ間違いなし。

 

▼ 意識するポイントは2点。

  • 呼吸する時は、ゆっくりではなく一気に呼吸する
  • 適度に休憩

 

 

正しい口の開け方を習得/高い声も低い声も出ない②

 

シュート
高い声を出そうとすると喉が苦しくなる

 

▼ 正しい口の開け方を身につけないと・・・

  • 息が苦しくてつらい
  • 喉がしまる
  • 無駄に力んでしまう
  • 高い声がでない

 

シュート
正しい口の開け方を身につけないと悪いことばかり

 

シュート
「割り箸2本」で正しい口の開け方を身につけましょう

 

▼ この練習で僕が感じた成長

  • 気持ちよく高い声が出るようになった。
  • 早いフレーズでも、はっきり発声できるようになった。
  • ビブラートがかかりやすくなった

 

シュート
以下、練習方法!!

 

▼ 2本のわりばしをそれぞれ縦にして、太い方を奥歯で挟みます。

f:id:koikesuitors:20170301140656p:image

 

▼ グラグラする場合は両手で支えてあげましょう。

f:id:koikesuitors:20170301140716p:image

 

この状態で、歌いたい曲を聴きながらやるんですが、すべて「か」「ら」「な」のみで歌ってください。

 

▼ 舌の筋肉も鍛えられて、滑舌も良くなります

  • よく使う舌の場所を鍛える「な」
  • 舌の先を鍛える「ら」
  • 舌の奥を鍛える「か」

 

▼ 意識するポイント3点。

  • 舌の動きを感じながら発声
  • 口は動かさず、舌のみ動かす
  • お腹が膨らむように息を吸う(腹式呼吸の練習)

 

シュート
この練習を1ヶ月継続しただけ楽に高い声が出るようになったよ

 

リップロールで発声をコントロール/高い声も低い声も出ない③

 

▼ リップロールとは、口で息を吐きながら唇をプルプルさせること

 

シュート
はじめは、1秒間続けるだけでも難しいです

 

リップロールができないということは、力んでしまっている証拠。

 

シュート
最初は唇を脱力した上で小さく息を吐く意識が大切です!

 

また、息を一気に出すのではなく、少しずつ吐くのがポイント。

最初はうまくプルプルさせられないので、一瞬だけ唇を揺らす意識で取り組んでみるのがいいでしょう。

 

▼ 意識する順番として・・・。

  1. 唇を脱力させる
  2. 一瞬だけ唇を揺らす
  3. 10秒間、唇をプルプルさせる
  4. 少しずつ息を吐きだす

 

これら4つを無意識でできるようになったら、声を出しながらプルプルさせてみましょう。

声の出し方も、高い声・低い声を交互に出しながらプルプルさせてください。

 

シュート
応用編はは、好きな曲にあわせてリップロールをやる!

 

僕はこの練習で音程正解率が90%以上になり、全国最下位も脱出

 

タングトリルで舌をリラックス/高い声も低い声も出ない④

 

シュート
高音も低音も安定しない…。もうどうしよう。

 

▼そんなあなたはタングトリル。

  • 舌、のどをリラックスさせる
  • 滑舌が良くなる
  • 息のコントロールができるようになる
  • 喉が開き、高い声が楽に出せる

 

▼タングトリルとは…。

シュート
息で舌を震わせて「ルゥルゥルゥルゥ」とさせるやつ

 

プロのアーティストや女優・俳優、アナウンサーも取り組んでいる有名な練習方法ですよ。

僕はタングトリルを継続しただけで滑舌がよくなりましたね〜〜。

友達からは「そんなに滑舌よかったっけ?笑」と言われました。

 

▼やり方を解説。

  1. 口を少し開ける
  2. 舌をリラックス
  3. 「ルゥルゥルゥルゥ」と舌を震わす

 

息が弱すぎても強すぎても一定時間出せないので、息の量を一定に出すのがコツ。

力を抜いて息の量を一定に出すように。

 

シュート
応用編として、好きな曲でリズムに合わせて舌を震わせてください。

 

これは音程をとる練習にもなるので一石二鳥。

ここまでできるようになったらあなたの発声は確実に変わっているでしょう。

 

▼ 読まれている人気記事

音痴で声が低い大学生だった僕が90点を出すまでにやった練習方法

カラオケの一曲目で声が出ない人に3つの対策方法

カラオケで滑舌が悪いあなたに6つの改善方法

スポンサーリンク

関連記事

ABOUTこの記事をかいた人

カラオケが大っ嫌いだった会社員。

カラオケが嫌いすぎて仮病を使ってドタキャンは日常茶飯事。

しかし、数々のボイトレを実践したことにより、今では精密採点で常時85点以上をキープ。

大っ嫌いだったカラオケが、今では大好きに。

ツイッターやってます!フォローしてください( ˘ω˘ )